HOME
医局紹介
外来・病棟のご案内
研究室紹介
病診連携について
入局案内
入局案内
HOME > 研究室紹介 > 研究内容の紹介 > 心不全と睡眠呼吸障害
医局紹介

心不全と睡眠呼吸障害

グループ名 心不全 責任者 有川 拓男

近年、高血圧や急性心筋梗塞、心不全などの心血管疾患と睡眠時無呼吸症候群(SAS)との関連が指摘されています。
特に、心不全と睡眠呼吸障害の関連は密接で、古くは1818年にCheyneが心不全患者にチェーン・ストークス呼吸(CSR)が見られることを報告し、最近では慢性心不全患者の約50%に睡眠時無呼吸がみられその予後が悪いとされています。
治療は、CSRを伴う慢性心不全には夜間酸素吸入療法や陽圧換気療法が有効とされています。しかしながら、心不全患者で睡眠呼吸障害が出現する病態やその治療に関し未だ不明な点が多い状態です。

我々は、この心不全に伴う睡眠呼吸障害の病態解明とその治療の有効性などに関して日夜研究に励んでいます。

ページトップ