HOME
医局紹介
外来・病棟のご案内
研究室紹介
病診連携について
入局案内
入局案内
HOME > 研究室紹介 > 研究内容の紹介 > 致死性不整脈の治療と予防
医局紹介

致死性不整脈の治療と予防

グループ名 不整脈 責任者 上嶋 亨

致死性不整脈とは、脈拍が速すぎるため心臓がけいれんを起こしてしまい、血液の循環が保てなくなることによっておこります。現在、全世界では約100万人、日本でも年間4~5万人の心臓突然死(心疾患の死亡者数は約17万人。)の患者さんがいるといわれております。そのうちの大部分が致死性不整脈によるといわれており、これに対する最も有効な治療としては植込み型除細動器(ICD)があげられます。我々は、致死性不整脈に対する治療としての植込み型除細動器(ICD)の植込みはもちろんのこと、致死性不整脈の予防や早期発見を目標に致死性不整脈のメカニズムの解明にむけて臨床や研究に取り組んでおります。

 

 

ページトップ