HOME
医局紹介
外来・病棟のご案内
研究室紹介
病診連携について
入局案内
入局案内
HOME > 医局紹介 > ごあいさつ 
医局紹介

ごあいさつ

獨協医科大学心臓・血管内科では心臓・血管疾患全般にわたり、幅広く診療・教育・研究活動を行っています。診療体制としては、虚血性心疾患班、心不全班、不整脈班、そしてCCU班の4つの診療班から成り立っています。

虚血性心疾患班は、虚血性心疾患の診断からカテーテルを用いた冠動脈インターベンション治療を中心とした診療活動を行っています。

心不全班は、最新鋭の機器・手法を用いた心エコー(経胸壁・経食道)法を駆使して、心不全の原因疾患の診断と最新の治療に携わっています。また肺血栓塞栓症や肺高血圧症などの肺循環疾患や、睡眠時無呼吸症候群の診療にも携わっています。

不整脈班は、心臓電気生理学的検査をはじめ不整脈に対するカテーテルアブレーションやペースメーカ植え込み、植え込み型除細動器などの最新鋭の不整脈治療、さらには心不全の際の両心室再同期療法を行っています。

CCU班は救命救急センターにて、急性心筋梗塞・急性心不全・急性大動脈解離などの超急性疾患の急性期治療を24時間体制で行っています。

心臓・血管内科では、365日24時間、ご紹介頂いた全ての患者様をお受けする体制でおります。たとえ、全くベッドが空いてなくとも、まずお受けして、初期治療をしながら、その後の搬送先も含めて対応させて頂く様、心がけております。どんな患者様でも責任を持って診療させていただきます。ですから御紹介くださる先生方には、心臓・血管病の疑いを少しでもお持ちになった患者様がおいででしたら、何の気兼ねもなくご相談頂きたいと思っております。

研究面では私はこれまで日常診療の現場で感じた疑問を、基礎的、あるいは臨床的手法を用いて解明するいわゆる「Bedside to Bench」の研究を行ってきました。「Translational Research」と言ってもいいかも知れません。また佐賀大学循環器・腎臓内科の野出孝一教授とともに動脈硬化の発症、進展から、プラーク破綻といったイベント発症までの転機にいたる様々な病態を統合した「血管不全」という概念を提唱して、全国にあるいは世界に向けて発信してきました。私自身は今後この血管不全の病態に関する研究や、臨床的診断法、治療法の確立を目指した研究を行っていきたいと考えていますが、教室としては各診療班がそれぞれ研究グループを結成し、それぞれのテーマでオリジナリティの高い基礎研究・臨床研究を推進中です。

すぐれた医師というものは、常に高度な医療技術、知識が要求されることは当然ですが、私はそれ以上に患者様やその御家族に「幸せになってもらう」ということを医療の最大の目的とし、その幸せを患者様や御家族と共有できる医師のことだと思っています。そのため心臓・血管内科では常に同じ目線で患者様と接することのできる医師を育成しています。

僻地の医療過疎化から「地域医療の再生」が国家的規模で叫ばれていますが、ご多分に漏れず、本県もまだまだ医師不足の地域をかかえています。疲弊した地域医療を底上げしていかない限りこの県の「医療の発展はない」と考えています。我々は大学人としてこうした地域医療へ貢献できる道を探索してまいります。

皆様方には獨協医科大学心臓・血管内科に対しご支援のほどお願いいたします。

診療部長 井上 晃男

業績のご紹介

ページトップ