HOME
医局紹介
外来・病棟のご案内
研究室紹介
病診連携について
入局案内
入局案内
HOME > 外来・病棟のご案内 > 主な検査とその説明
医局紹介

主な検査とその説明

心臓超音波検査(心エコー)

心臓の形態、動き、血流を直接その場で観察できる。最新鋭機では立体的に心臓の動きが観察、診断できる。時間は20分くらいである。日本超音波学会の専門医研修認定施設である。

心臓核医学検査(心筋シンチグラム)

RI技術を用い心臓の動き、血流、心筋代謝を確認できる。年間約300件の検査を行っている。

心臓カテーテル検査

大腿や上腕の動・静脈から心臓に直接カテーテルを挿入し、心臓疾患の心機能の評価や心臓、肺の造影検査、冠動脈造影検査を行う。狭心症の検査は短期(3日)の入院が基本である。年間800例の検査を行っている。

心臓電気生理検査

大腿や上腕の動・静脈から心臓に直接カテーテルを挿入し詳しい不整脈の診断を行う。検査も短期の入院(3 - 4日)でできる、年間約150例の検査を行っている。最新の診断装置であるCARTO systemを導入し診断精度を上げている。

ページトップ