HOME
医局紹介
外来・病棟のご案内
研究室紹介
病診連携について
入局案内
入局案内
HOME > 外来・病棟のご案内 > 得意とする治療
医局紹介

得意とする治療

経皮的冠動脈形成術

狭心症や心筋梗塞の原因である冠動脈の狭窄や閉塞に対し切開することなく大腿や腕の動脈からカテーテルを挿入し冠動脈を再開通させる治療法で、PTCA(経皮的冠動脈形成術)、(バルーン療法)のほかにステント(金属の筒)留置術、DCA、ロータブレータなどがある。
日本心血管インターベンション学会の心臓カテーテルインターベンション研修認定施設に指定されており、指導医2名、認定医2名を中心に年間約300症例の治療を行っております。

高周波カテーテルアブレーション(焼灼術)

WPW症候群や上室性頻脈、心室性期外収縮(VT)などに対し治療を行っている。約100例のカテーテルアブレーション治療を行っております。

植え込み型除細動器(ICD)

難治性の心室性不整脈症例にICD を植え込んでおります。

下大静脈フィルター留置術

深部静脈血栓症をともなう肺血栓塞栓症発生を予防する目的で下大静脈にフィルターを留置しております。

肺血栓塞栓症

救命を目的としてカテーテルによる肺血栓除去術を行っております。

ページトップ