HOME
医局紹介
外来・病棟のご案内
研究室紹介
病診連携について
入局案内
入局案内
HOME > 入局案内 > 研修プログラム
医局紹介

研修プログラム

研修施設

獨協医科大学病院

研修期間

1か月~6か月

指導体制

指導責任者: 井上 晃男 教授
主任指導医: 豊田 茂

研修内容

  1. 外  来
    指導医の補助医として外来診療に参加し、幅広い症例を経験しながら急性期および慢性期の基本的な診察・診断法などを修得する。
  2. 病  棟
    指導医の下で入院患者の受け持ちとして診療にあたる。また指導医の指示により当直を行い、緊急時、急変時に対応した経験をする。
  3. カンファレンス等
    医局カンファレンス、抄読会、回診等に参加する。

研修目標

基本的医療技術を指導のもと実施する。
循環器・肺循環疾患に対する病態生理、診断、治療を総合的に理解し修得する。

基本的診断・検査法

一般目標(GIO)
循環器・肺循環系の基本的検査法の適応と結果を理解し修得する

到達目標(SBO)

  • 正確な聴診法と胸壁などの触診を体得する
  • 血液・生化学検査一般、病理学的検査、動脈血ガス分析等の検査の進め方を学び結果を解釈する
  • 心電図(運動負荷試験、Holter心電図)を理解し、判読する
  • 脈波検査、サーモグラフィーを理解し、判読する
  • 心エコー法(経胸壁、経食道)による解剖学的機能的診断を理解する
  • 胸部単純X線、胸部CT(単純、造影)、胸部MRI検査の読影する
  • 核医学検査(心筋、肺換気血流シンチ等)の画像診断を読影する
  • 心・肺血管造影検査、心臓カテーテル検査(右心・左心)の結果を理解する
  • 不整脈、電気生理学的検査の結果を理解する

基本的治療法

一般目標(GIO)
循環器・肺循環系の基本的治療法を理解し修得する

到達目標(SBO)

  • 生活指導、食事指導法を修得する
  • 循環器・肺循環系の薬物療法(緊急薬剤の適応と使用法、抗菌剤、中心静脈栄養法、全身管理)を修得する
  • 吸入療法、酸素療法、人工呼吸器管理(気管内挿管)を修得する
  • 胸腔ドレナージを修得する
  • 在宅酸素療法を理解する
  • 心臓疾患のリハビリテーションを理解する
  • 電気的除細動を修得する
  • スワンガンツカテーテル検査・体外式ペースメーカーを修得する
  • 心臓呼吸器疾患の救急に対する知識と適切で迅速な判断、処置(救命蘇生術)を行うことができる

経験が望まれる症状・疾患

経験が望まれる症状

循環器系:
胸痛、胸部圧迫感、動悸、めまい、心悸亢進、失神、浮腫、呼吸困難、ショック、チアノーゼ

呼吸器系:
咳、血痰、呼吸困難、喘鳴、チアノーゼ、ばち指

経験が望まれる疾患

循環器系:
急性・慢性心不全、狭心症、心筋梗塞、心筋炎、心筋症、心膜炎、感染性心内膜炎、心タンポナーデ、心臓弁膜症、先天性心疾患、不整脈、大動脈解離、大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、高血圧症(本態性、二次性高血圧症)、高脂血症、深部静脈血栓症

呼吸器系:
肺血栓塞栓症、肺性心、肺高血圧症、睡眠時無呼吸症候群、過換気症候群

診療・研修の特徴

  1. マンツーマンの指導体制。
  2. 循環器、肺循環系を総合的にとらえ診断から治療の流れを体得できる。
  3. CCU,ICUでの救急医療に対応できるよう研修できる。
  4. 虚血性心疾患、不整脈、心不全、肺循環、CCU等の各班による最新の医療体制。
  5. 各種心臓カテーテル緊急検査・緊急治療(最先端のPCI、EPS, ablation治療、ペースメーカー、ICD)の整備。
  6. 年間CAG800例、PCI250例、EPS80例、ablation50例、ペースメーカーICD40例。
  7. 心臓外科との合同カンファレンスにて手術の適応を研修できる。
  8. 心疾患の原因となる生活習慣病の指導、治療についての知識と管理を積極的に研修する。

研修に関する週間スケジュール

  午前 午後
心臓カテーテル検査・治療 心エコー検査
運動負荷検査
心カテカンファレンス(毎日)
外科合同カンファレンス
心臓カテーテル検査・治療 心臓カテーテル検査・治療  
電気生理検査 電気生理検査・治療
心エコー検査
 
心臓カテーテル検査・治療
負荷心筋シンチグラム
心エコー検査 チャートラウンド
教授回診 心臓カテーテル検査・治療
肺血管系カテーテル検査
運動負荷検査、心エコー検査
電機生理検査・治療
医局会
抄読会
心エコー検査、運動負荷検査    

基本的に毎日病棟患者の担当医として診療研修にあたる。

ページトップ