トップページ 獨協医科大学病院外科について(各科教授ご挨拶)

獨協医科大学病院外科について(各科教授ご挨拶)

獨協医科大学第二外科を主催しております窪田敬一です。宜しくお願いします。

さて平成30年度より外科専門医取得のためのカリキュラムが新たに発足します。
そこで外科専門医取得のため獨協医科大学外科学分野(第一外科、第二外科、心臓血管外科、呼吸器外科)で協力して外科専門医取得専攻コースを作成したので説明したいと思います。

専門医取得条件は従来と変更ありません。経験手術症例数350例、執刀症例数120例を3年間の間に経験しなくてはなりません。
将来どの分野に進みたいかにもよりますが、基本的には2年間は大学で研修し、最後の1年間は関連病院で修練を積むという構成です。
大学での2年間で上記4科を回って頂きますが、各個人の希望により期間、順番を決められるように柔軟性を持たせてあります。
もちろん乳腺センターを回ることも可能です。

獨協医科大学第二外科の特徴について説明したいと思います。
当科では、肝胆膵疾患に対する手術を積極的に施行しており(肝切除120~140例、膵切除40~60例)、さらに、生体肝移植、脳死膵腎移植も施行し良好な成績を収めております。
消化管手術症例も豊富であり、大腸癌に対する手術は年間120~130例施行しております。
特に、肝部分切除、外側区域切除、膵体尾部切除、胃切除、結腸切除に、腹腔鏡下手術を積極的に導入し、低侵襲手術を心がけております。
また、透析のためのシャント増設例も多く(年間約140例)、様々なブラッドアクセスを学ぶことができます。
得られた臨床データは、国内・国際学会で発表する機会があり、さらに英文論文にするチャンスもあります。
必ずや先生方の有意義な研修に貢献できると確信しております。

是非獨協医科大学外科専門医専攻コースに参加して頂き、外科専門医取得を目指して頂きたいと思います。

第二外科教授
(獨協医科大学外科専門研修プログラム統括責任者)
窪田 敬一
外科専門医を目指す皆さま、獨協医科大学第一外科の加藤と申します。

当教室および関連施設では外科専門医プログラムにおいて、消化器一般外科や小児外科の研修が可能となります。
当教室の診療として特筆すべきことは、消化器癌の領域で、根治性を損なわずQOLの向上を目指した治療を実践していることがあげられます。

その主な内容は、
① 臓器温存治療のひとつとして内視鏡的治療の普及および適応拡大、機器の開発
② 外科治療における鏡視下手術の充実、低侵襲治療の応用
③ 手術前後の化学・放射線療法の強化
④ 再発癌に対する早期発見とその集学的治療の強化
などで、治療成績向上に全力で傾注しています。

教育面では、日々の症例から学ぶon the job trainingはもちろんですが、動物を用いた内視鏡手術のトレーニングや、模擬腸管や皮膚を用いた外科手技トレーニングを定期的に行い、教育効果が高まるよう積極的に取り組んでおります。
専門医の教育においては社会人として高貴な人格を備え、高いprideとmotivationを有した人材を育成することが肝要と考えております。

さらに豊かな知識と高いスキルを備えた専門医を育てるためにはリサーチマインドの醸成も大事であります。
この点は新専門医制度のポイントの一つであり、国際的な基礎臨床研究に基づいて、臨床応用を常に視野に入れた研究に精進できる専門医を育成したいと考えております。
教室員一同、次世代を担う若手医師の皆様に外科学の魅力を伝えることにより、わが国の外科学の発展に貢献したいと考えています。
ぜひ我々と一緒に外科の診療・研究に取り組みませんか。

第一外科教授
加藤 広行
新しい外科専門医制度は最初の3年で消化器・一般外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科の4部門を回り外科全般を広く研修するものです。

一般的な外科専門医を取得した後、2階建てのsub-specialityである4科へそれぞれ進み3年でsub-specialityの専門医を取得します。
最初の3年の外科の基本を学ぶ獨協医科大学プログラムでは4分野を効率良くローテートする中で、それぞれの分野の知識や技術を習得することは当然、外科医としてあるいは医師として必須の素養であるProfessionalism、Scholar/Teacher、Health Advocacy、Management and Leadership、Collaboration、Medical Expertise、Judgment – Clinical Decision Making、Technical Expertiseを身に付けてもらいたいと思います。

外科を目指す人の中でも3年広く浅くローテートした後にsubspecialityを決める人や既にsubspecialityを決めて外科プログラムを回る人など個々人の希望に沿ってsubspeciality重点コースや満遍なく回る一般コースなど柔軟性のあるプログラムです。
更に栃木県を中心に多くの連携病院と提携しており、これも個人の希望に沿って研修連携病院を決めたいと思います。

外科は3K職の一つと言われ敬遠される向きもありますが、外科治療でしか救命できない疾患は多々あります。
高度な知識と技術を持って困難な手術に臨み生還した患者さんの笑顔、これほどやり甲斐があり医者冥利につきる診療科はありません。
是非、熱意ある皆様のお越しをお待ちしております。

最後に適塾の緒方洪庵先生の訳書「扶氏医戒の略」から次の言葉を贈ります。

医の世に生活するは人の為のみ、おのれがためにあらずということを其業の本旨とす。
安逸を思はず、名利を顧みず、唯おのれをすてて人を救はんことを希ふべし。
人の生命を保全し、人の疾病を復治し、人の患苦を寛解するの外他事あるものにあらず。

心臓・血管外科教授
福田 宏嗣
獨協医科大学・呼吸器外科学講座は、肺・縦隔・胸壁疾患の外科治療を中心として診療しています。
すなわち、心臓・大血管以外の胸部全般を取り扱い、当講座の英語名はGeneral Thoracic Surgery(一般胸部外科)となっています。

また当院は、全国で9施設のみ認定されている脳死肺移植実施施設であり、関東で初の脳死肺移植や生体肺移植を実施してまいりました。
これら呼吸器外科領域の疾患は診断・治療が困難な病気も多く、一般病院での治療が難しい疾患ですが、この領域の専門医が多数いる私たちの科は呼吸器領域のセンター的診療科として、北関東一円から症例が集まっています。
特に肺癌・胸腺腫瘍の手術数および手術成績は関東でも有数であり、さらなる治療成績の向上のため日夜努力しています。また、手術だけを行なうのではなく、診断から手術、術後補助化学療法まで一貫して行ない、万が一の再発に対しても癌化学療法・放射線療法・緩和治療などを組み合わせた集学的治療を行なっています。

一方では、気胸・肺抗酸菌症・膿胸・肺アスペルギルス症などの良性疾患も数多く経験しています。
肺移植では、進行性の呼吸器疾患で余命に限りある症例を対象に、脳死片肺移植、脳死両肺移植、生体肺移植手術を実施しております。関東の施設の中では最も多い肺移植を実施しております。

呼吸器外科領域は大手術が多いため、患者との間に厚い信頼関係を築き上げることが大変重要と考えています。
単に手術が上手になりたい専攻医を当科は必要としていません。患者を良くすることが目的であり、手術はその方法に過ぎないからです。
ですから、患者を良く診る医師を募集します。その上で、手段としての外科手技をとことん磨くことを専攻医に切望します。

呼吸器外科教授
千田 雅之