麻酔ついて
ペインクリニックについて
外来担当医

麻酔科診療について

⦿ 麻酔について

 これから手術を受けられる患者様に、麻酔のことを知って頂くことで少しでも病気・手術に立ち向かって行くうえでの不安を減らし、安心・安全に手術を終えて良好な経過をたどって頂けるよう、ここでは麻酔に関して説明させていただきます。

 麻酔とは、手術の際に生じる「痛み」や「不安」といったストレスから患者様を守り、呼吸・循環を含めた全身管理を行うことで、より安全に手術を行って頂くための医療のことを言います。
 その方法には数種類あり、局部麻酔・浸潤麻酔・脊椎麻酔・硬膜外麻酔・全身麻酔など様々な方法があります。
 これらの中から我々麻酔科医が、患者様の全身状態、現在・過去に治療された病気、採血・心電図・レントゲンなどの術前検査を詳しく調べ、今回手術される部位・手術時間など様々な情報を総合的に判断したうえで最良の方法を選択します。

 それでは、何故手術に麻酔が必要なのか?
 それは人間の体は痛みなどの刺激が加わると、「血圧が上がり、脈が速くなり、不整脈が出現し、場合によっては気絶してしまう…」など、その他様々で有害なストレス反応が生じます。
 そのため、手術による極めて侵襲の強い痛みやストレスにはとても耐えられず、状況によっては生命にかかわる反応を引き起こす可能性もあるのです。そこで必要なのが「麻酔」なのです。
 通常、痛み刺激は、末梢神経(皮膚などの体表近くにある神経)から脊髄神経(背骨に沿ってある神経)を通じて中枢神経(脳)へ伝わり、様々な有害な反応を引き起こします。
 そこで、痛み刺激をこれら末梢神経、脊髄神経、中枢神経のどこかで抑えてあげることで、痛みを抑制・緩和し、人体への有害なストレス反応を抑えるのが麻酔なのです。
 先程挙げた各種麻酔方法は「末梢神経であれば局部麻酔や伝達麻酔」、「脊髄神経であれば脊椎麻酔や硬膜外麻酔」、「中枢神経であれば全身麻酔」といった具合に、上記のどの部分に麻酔をかけるかによって名称が異なってきます。

 それではこれら各々の方法について簡単に説明いたします。

1)局部麻酔:

使用薬剤は局所麻酔薬です。
最も簡易的な方法で、外来での切創の縫合処置や歯科麻酔などがこれにあたります。
局部に局所麻酔薬を浸潤させるだけなので、適応は極めて局所に限られます。

2)伝達麻酔:

使用薬剤は局所麻酔薬です。
末梢から脊髄へと伝わる神経の近くに局所麻酔薬を注入することで、局部麻酔に比べてその神経に支配される比較的広範囲に対し選択的に麻酔をかけることが可能です。

3)脊椎麻酔:

使用薬剤は局所麻酔薬です。
いわゆる下半身麻酔と呼ばれるもので、下腹部以下の広範囲な手術に適応があります。

4)硬膜外麻酔:

使用薬剤は局所麻酔薬です。
この麻酔は、単独で行うよりむしろ、脊椎麻酔や全身麻酔と併用することが多く、細いカテーテルという管を留置することにより手術中だけでなく術後の痛み止めとしても使用することが可能であり、頭・頚部以外の手術に対し広い適応があります。

 ここまでの麻酔方法は、全身状態や手術内容などにより異なりますが、基本的には意識のある状態、あるいは鎮静剤併用による寝ている状態での手術が可能であり、全身麻酔に比べて比較的呼吸への影響が少ないといえます。ただし、麻酔の際、神経の近くに針を刺しますので合併症として出血・血腫・感染・神経損傷などに注意が必要となるため、前述のごとくその適応には十分考慮して麻酔方法を選択しています。

5)全身麻酔:

使用薬剤は静脈麻酔・吸入麻酔・筋弛緩薬・麻薬等
非常に多種の薬剤が用いられます。

 最も適応範囲が広く、頭から足まで全ての部位に対して選択可能な方法です。ただし1)~4)の麻酔方法に比べて完全に意識のない状態となるため、厳重な呼吸管理が必要となります。
 実際には気管挿管という方法で口または鼻から細い管を入れ、その管と人工呼吸器をつなぐことにより呼吸の管理を行いますので呼吸器系の御病気の患者様では、手術後の経過への影響を考慮し特に慎重にその適応を判断する必要があります。
 気管挿管による合併症としては「のどが痛い、声がかすれて出にくい、歯が折れる」などが生じる可能性もあります。
 全身麻酔自体は前述のごとく手術のストレスから患者様を守るための医療であることに間違いはないのですが、手術の麻酔中、一時的に人体の様々な機能を少しずつ抑制してしまうのも事実です。
 そのため、合併症として薬剤のアレルギー、血圧低下をはじめとし、その他各種重要臓器(脳・心臓・肺・腎臓・肝臓など)の障害といったより重篤な合併症の可能性も非常に稀ではありますが、残念ながら皆無ではありません。
 だからこそ、リスクの高い患者様(重度の心疾患・呼吸器疾患・肝腎疾患など)の場合には生命の安全を考慮して、時には手術の延期・中止も御検討頂くこともあります。
 ただし、手術という極めて侵襲の高い特殊な状況下での合併症という意味も含めており、純粋に麻酔薬による合併症だけで考えれば、これらの重篤な合併症の可能性はさらに低くなることも事実です。
 そういったことを熟知している専門の麻酔科医だからこそ、患者様の状態を十分に把握し、最良の麻酔方法を選択することで、手術・術後を通じて良好な経過がたどれるように手術中の麻酔・全身管理をさせて頂いているのです。
 我々医師には説明する義務があり、患者様には知る権利があります。そのため、このような恐い事も説明させて頂きましたが、麻酔に対する不安や恐怖が、これから頑張って手術を受けられる患者様に悪影響を及ぼすよりはむしろ、冒頭で説明させて頂いた「手術というストレスから患者様を守り、安全に手術を受けて頂くための医療が麻酔なんだ」ということを御理解頂いて、安心して手術に臨んで下さいますよう望んでおります。

 尚、当院麻酔科では手術を受けられる患者様に、問診票・各種麻酔の手順・合併症等の記載されたパンフレットを御用意し、口頭での説明以外に書面での再確認が頂けるようにしております。


トップに戻る