このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

心臓・血管外科は、体全体に血液を送るポンプの役割を持つ心臓とその心臓から送り出された血液を全身に運ぶ管の役割を持つ血管を手術によって治療する科です。当科では、呼吸器・胸部疾患、心臓・大血管疾患に対する外科療法を基本としています。特定機能病院の性格上、他院からの紹介患者さんが全体の90%以上を占めますが、一般外来患者さんも受け付けています。
心臓の病気とはどんな病気でしょうか。我々が手術を行う心臓病には大きく分けて2種類あります。ひとつは心筋梗塞、狭心症に代表される冠動脈疾患です。これは日本人に最近増えてきた動脈硬化により、心臓の血管が詰まり心臓が動かなくなる病気で、多くは胸の痛みを伴い救急車で搬送されます。症例により内科的治療を行う場合もありますが、外科的治療としては冠動脈バイパス手術(オフポンプ・オンポンプとも可)を受けていただく事になります。
もう一種類は心臓のポンプ機能を維持するために必要な逆流防止弁が上手く働かなくなる心臓弁膜症です。「このごろ階段を登ると苦しくなってしまう」などの症状で発症します。この病気には弁形成術、弁置換術(生体弁・機械弁とも使用)と呼ばれる手術を行うことになります。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

獨協医科大学
住所
お問い合わせ先
[高速道路を利用する場合]
東北自動車道から栃木都賀JCT経由
北関東自動車道「壬生IC」から5分

[電車を利用する場合]
東武宇都宮線「おもちゃのまち駅」下車
駅西口よりバスにて3分 徒歩10分
平   日:午前9時00分~16時30分
土曜日:午前9時00分~12時30分 (第三土曜日は休診)
診療時間