受付時間:月~土曜日 午前8時~11時
休診日:日・祝・第三土曜日
ホーム > ごあいさつ
心臓・血管外科外科講座について

写真

前身の胸部外科講座は大学病院開院の1974年7月に開講しましたが、開講当初は心臓血管外科領域の診療は行っていませんでした。しかし二代目の嶋田晃一郎教授が慈恵医大や女子医大の協力を得て、岡村吉隆先生(現和歌山医大学長、同第一外科教授)を中心としたチームで1991年10月29日に第1例目の開心術を行いました。その後、症例数は順調に増加し北関東エリアの中核施設へと成長し、2010年4月「心臓・血管外科学講座」として独立しました。この年の6月から獨協医科大学日光医療センターで血管外科領域の手術を開始し、現在では心臓・大血管領域 約300例、末梢血管領域 約300例、合計600例あまりの手術をさせていただいています。
心臓・血管外科の診療について
私達は「心臓外科」と「血管外科」を2本柱として診療を行っています。
診療範囲は以下の通りです。

虚血性心疾患
  急性冠症候群、狭心症、心筋梗塞合併症

心臓弁膜症
  大動脈弁、僧帽弁、三尖弁

不整脈
  心房細動、心室性不整脈

重症心不全
  補助人工心臓

胸部・腹部大動脈瘤
  開胸、開腹手術、経皮的ステントグラフト内挿術

末梢血管疾患(観血的手術、血管内治療)
  急性動脈閉塞症
  慢性動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症、バージャー病など)
  内頸動脈狭窄・閉塞症
  末梢血管動脈瘤(腹部内臓動脈瘤、四肢動脈瘤)
  深部静脈血栓症
  下肢静脈瘤
  リンパ浮腫
  透析患者のアクセス作成  などです。

患者さまの術後QOLを考慮した手術や術後早期の社会復帰を目標に体に優しい低侵襲心臓・血管手術、更にハートセンターを中心としたチーム医療を行ってまいります。その中で世界に通用する高度な心臓・血管外科サービスを提供いたします。
心臓・血管外科医の教育、育成
近年、3K職の一つである外科、特に心臓・血管外科医の減少が小児科、産科などと同様に顕著です。しかし、厚労省のある調査で診療科別医師の意識調査をしたところ、心臓血管外科医では自分の生活より診療を優先する率が圧倒的に多いという調査結果がありました。この仕事バカの医師群に新たに加わり、将来の日本そして世界の心臓・血管外科を牽引する人材を育成することが目標です。早くから執刀機会を与え更に国内、海外への留学を促し広い視野を持った「切れる外科医」であるとともに将来の心臓血管外科を創造する創意あふれたacademismを併せ持った外科医を育成したいと考えています。キーワードは熱意、誠意、創意、技術そして和です。
研究について
大学のもう一つの重要な使命は研究です。当科では院内他科や基礎教室、院外施設との共同研究を積極的に進めています。今後も臨床面における問題点を克服するための臨床にFeedbackできる研究を行い、心臓血管外科の進歩に微力ながら貢献できるよう努力してまいります。

今後もご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

また心臓・血管外科に興味のある医学生、心臓・血管外科を専攻しようと考えている先生方の参加をお待ちしております。

獨協医科大学 心臓・血管外科学 福田 宏嗣