受付時間:月~土曜日 午前8時~11時
休診日:日・祝・第三土曜日
ホーム末梢血管疾患 > 閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症(Arteriosclerosis obliterans:ASO)

動脈硬化によって下肢への血液の流れが悪くなり、初期症状として冷感・しびれ、歩行障害などが起こる病気です。症状によっては加齢が原因と考えられていたり、整形外科の病気と勘違いされて治療を受けている場合もあります。

症状によって4段階に分けられます。
Fontaine分類
Ⅰ・・・冷感、しびれ
Ⅱ・・・歩行障害(間歇性跛行)
Ⅲ・・・安静時疼痛
Ⅳ・・・潰瘍、壊死

患者様の症状に応じて、また手術前の基礎疾患や手術リスクを考慮して、患者様に納得して頂いた上で、 以下の当科で行なっている治療の中から最善と考えれるものを選択することになります。

①基礎疾患(高血圧、糖尿病、高脂血症など)の治療:食事療法、運動療法、内服治療などの強化を行い、動脈硬化の進行の予防を行います。

②ライフスタイルの指導:手足の保温、清潔に保つ、外傷を防ぐなど

③薬物療法:血管を広げる薬(血管拡張薬)や血液をサラサラにする薬(抗凝固薬)などを内服し、血管がそれ以上狭くならないようにしたり、閉塞しないようにする治療法です。

④運動療法:運動することで、下肢への血液の流れを増やし、症状の改善を期待する治療方法。側副血行路という、血液の回り道の発達を促します。

⑤血管内治療:血管の狭い部位や閉塞している部位をカテーテルを用いて広げる方法。対象となる部位によってはできないこともあります。


両側総腸骨動脈(お腹の中にある足のつけねの動脈)と両側大腿動脈(太ももの動脈)に閉塞、狭窄部位があり、運動障害(間歇性跛行)や皮膚障害(壊死)を引き起こし、車椅子に乗られての入院となりました。
右の鎖骨下〜腋窩動脈(鎖骨の下から脇の下にかけての動脈)から両側大腿動脈、さらにそこから両側膝窩動脈(膝の裏の動脈)にバイパス手術を施行しました。
運動障害、皮膚障害も改善し、歩いて退院されました。

⑥手術:病態に合わせて術式を選択します。以下は例となります。
血管形成術:血管内の狭い部位や閉塞している部位の原因となる血管のゴミ(壁在血栓)を除去し、修復します。
バイパス手術:血管の狭い部位や閉塞してる部位を迂回するように人工血管を使って新しい血液の流れる道を作ります。

⑦下肢切断:上記の治療でも治療不可能と考えられる場合は下肢切断も考慮する必要があります。当院では形成外科や整形外科と協力して行なっております。

 

閉塞性動脈硬化症の症状がひどい(Fontaine分類3度、4度)の場合
放置すると下肢切断となる危険性が非常に高い状態であり、早期の血流増加が必要なため、積極的に血行再建術(血管内治療や手術)を行います。下肢切断を回避するためには、下腿部への動脈へバイパスを要することが少なくありません。