受付時間:月~土曜日 午前8時~11時
休診日:日・祝・第三土曜日
ホーム > 診療実績
2014年 獨協医科大学 心臓・血管外科 Annual Report
2014年手術統計(獨協医科大学病院及び日光医療センターの総計)
  2015年 2014年 2013年
全手術症例数 697例 661例 606例

心臓・胸部大血管手術

開心術+OPCAB+胸部大動脈瘤の経皮的ステントグラフト内挿術(TEVAR)

248例

256例 290例
先天性心疾患 20例 18例 10例
虚血性心疾患 73例 92例 104例
心臓弁膜症 98例 83例 103例
胸部大動脈瘤 63例 62例 71例
うち経皮的ステントグラフト 18例 23例 30例
その他の開心術 9例 13例 8例
腹部大動脈瘤 68例 65例 75例
うち経皮的ステントグラフト 35例 38例 53例
末梢血管疾患 287例 256例 171例
その他 79例 74例 68例
緊急不応需症例 49例 38例 43例
総手術数 450例

心臓・胸部大血管領域

(MCVS:PDAを除いた248例)

263例
先天性
開心術 5例 PDA 15例
20例

冠動脈

単独 on pump 63例 複合(CABG±弁±大動脈) 24例

on beating 4例 MI合併症 5例

OPCAB 1例            

97例

心臓弁膜症

A弁 32例 M弁 8例 複合 32例

基部置換または弁+上行 5例 MAZE 8例

77例

胸部大動脈瘤

解離 31例 (オープンステントグラフト法 5例含む)

TAA 10例(オープンステントグラフト法 4例含む)

59例

その他の開心術

(VAD 5例含む)

16例
その他 49例
獨協医科大学病院日光医療センター
総手術数 247例

AAA

(開腹 17例、EVAR 11例)

28例
ASO
(開腹2例,AK 5例, distal bypass 7例, 血栓内膜摘除 5例, Ax-biF 1 )
20例

血管内治療

5例

内シャント関連

(初回 40例, 2回目以降 11例, シャントPTA 5例)
56例

下肢静脈瘤

(ストリッピング46例、レーザー57例,硬化療法5例
108例
CEA 2例
その他 28例
  • 手術統計の詳細は前記の通りで、手術総数、心臓・胸部大血管手術、AAAを含む末梢血管領域手術は697例、248例、350例でした。主な疾患では虚血性心疾患73例、心臓弁膜症98例、胸部大動脈瘤63例、腹部大動脈瘤68例、末梢血管疾患287例などです。

  • 末梢血管疾患が287例と前年から増加ましたが,心臓・胸部大血管手術は248例と前年より減少しました。予定手術枠(週4枠)は同じですので物理的に手術症例数の増加は限界に来ています。

  • 心臓弁膜症では僧帽弁の弁形成手術は予定手術では当然ですが、僧帽弁位の感染性心内膜炎でも積極的に弁形成術を行いほぼ全例形成術が可能で再発もなく元気に退院されました。また、引き続き大動脈弁領域でも若年者では弁形成手術および自己弁温存大動脈基部置換術を積極的に取り入れています.今までに9例行い良好な経過です。


  • 46歳男性,二尖弁による大動脈弁閉鎖不全症に対する大動脈弁形成術



  • 最重症心不全を呈した6例に対し左室補助人工心臓を装着。うち2例は植込型補助人工心臓を装着し、現在自宅退院し間もなく職場復帰し心臓移植まで待機する予定です。現在まで4例の植え込み型補助人工心臓を移植し、全員自宅で移植待機しています。
  • Valsalva-David reimplantation 植え込んだ補助人工心臓 Heart Mate II

  • 血管外科手術のスペシャリスト、緒方孝治講師、松下 恭講師のチームへの参加でこの領域の守備範囲が広がり昨年に引き続き末梢血管領域の手術は大幅に増加しました。 
特に頸動脈狭窄症に対する内膜摘除術も2例に行い合併症なく退院されました。下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術も日光医療センターで最新の1470nmの波長のレーザーを導入し昨年は57例に施行いたしました。


  • 日光医療センターでは一昨年7月より下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術を開始し、昨年は33例に施行いたしました 。
  • 血管内レーザー焼灼術

  • ハイブリット手術室の完成、経カテーテル的大動脈弁置換術の導入
    ハイブリット手術室(カテーテル室と手術室の機能を併せ持った部屋)が2015年1月に完成し3月から運用開始致しました。2015年8月10日、栃木県内初の経カテーテル的大動脈弁置換術が88歳、女性に対して無事に施行されました。その後2016年3月末までに10症例に施行され全員経過良好です。
      またハイブリッド手術室を利用した大動脈瘤に対する経皮的ステントグラフト内挿術 も開始されました。既存の設備に比べ格段に画像が見やすくなり造影剤使用量の減少、 放射線照射量の低減、手術時間の短縮、手技の確実性向上を認めております。
  • 血管内レーザー焼灼術

  • • 破裂性腹部大動脈瘤治療プロトコール(DRAP)の導入
    破裂性腹部大動脈瘤の全死亡率は85%と言われ、半数以上が病院搬送もしくは手術に至らず亡くなっています。周術期死亡率は約50%と言われ、従来の人工血管置換術に加えステントグラフト内挿術により手術成績は向上したものの満足するものではありませんでした。さらなる治療成績向上のためには、心臓血管外科医だけでなく、救命救急医、麻酔医、手術室スタッフ、放射線科などチームとして迅速な対応が必要と考えられました。各スタッフの役割と行動目標、治療アルゴリズムを示したプロトコールの導入が各施設で始まり、欧米においては死亡率18%、国内においても19%と報告されています。当科においても独自のプロトコールを導入し、昨年は死亡率11%と良好な成績を得ることが出来ました。

  • 血管内レーザー焼灼術

  • • オープンステントグラフト法の導入
      この方法により今まで行われてきた全弓部置換術の末梢側血管吻合を簡略化することで,体外循環時間が短縮され侵襲を減らすことが出来ました。また大動脈解離における二期的,三期的手術を回避する可能性も期待されます.昨年は大動脈解離に対して5例、大動脈瘤に対して4例行い良好な結果を得ています。

  • 血管内レーザー焼灼術

  • 【術前CTA】                                          【術後CTA】
  • 血管内レーザー焼灼術

  • 68歳男性,弓部大動脈瘤に対するオープンステントグラフト法

  • • 大動脈解離用血管内治療デバイスの導入
    急性Stanford B型大動脈解離の治療においては、合併症のない症例では内科療法を選択し、合併症のある症例では外科手術を考慮するのが一般的な選択となっていました。しかしながら、急性期の外科治療の院内死亡率も32.1%と低くないため、外科治療に代わる治療が望まれていました。新たな治療の選択肢となる低侵襲治療法として血管内治療用デバイスが国内でも使用可能となり、当科でも施行致して良好な結果を得ました。

  • 血管内レーザー焼灼術

  • 【術前CTA】                                【術後CTA】
  • 血管内レーザー焼灼術偽腔の消失が得られた
  • 61歳男性、急性Stanford B型大動脈解離に対する血管内治療

今年の取り組み

(1) 継続して、患者に資するQUALITYの高い手術の実践

低侵襲心臓・血管手術
  大動脈瘤に対する血管内治療 → より複雑な病変への対応
                  大動脈解離に対するステントグラフトの適応拡大
  枝付きステントグラフトの導入
  右小開胸による弁手術(MICS)→ 僧帽弁、大動脈弁
  下肢静脈瘤に対するレーザー治療(日光医療センター)
 Qualityの高い手術
  僧帽弁・大動脈弁の弁形成手術
 重症心不全に対する植込型補助人工心臓(在宅プログラム)
  重症虚血肢に対する膝下、足関節レベルへのバイパス手術

(2) 日光医療センターで一昨年から透析患者の受け入れが可能になり、透析患者のブラッドアクセス作成、アクセストラブルへの迅速な対応、および透析患者に多い重症虚血肢への対応も積極的に行っていく予定です。

他に経年的に継続して行っている取り組み

(3)  mortality & morbidityの改善

(4) 患者さん達への啓蒙 -早期発見と早期治療へ向けて-

(5) 緊急対応の充実

最後に今年も引き続きご指導、ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

獨協医科大学 心臓・血管外科
外来TEL: 0282-87-2206
医局TEL: 0282-86-1111 (内線 2636)
医局FAX: 0282-86-2022
E-mail: cvs@dokkyomed.ac.jp
Web: http://www.dokkyomed.ac.jp/dep-m/cvs/

スタッフ:2015年4月~