受付時間:月~土曜日 午前8時~11時
休診日:日・祝・第三土曜日
ホーム > 虚血性疾患

虚血性心疾患には狭心症と心筋梗塞があります。狭心症は動脈硬化が原因で心臓に酸素を運ぶ血管(冠動脈)が狭くなり、心臓の筋肉に十分酸素が運べなくなることにより胸痛発作をおこす病気です。心筋梗塞は冠動脈の狭いところが完全に閉塞して心臓の筋肉が壊死する病気です。
冠動脈は左右それぞれ1本あり、左は2本に分かれていて、左前下行枝左回旋枝右冠動脈の計3本があります。

冠動脈を拡げる薬を飲んでも、狭窄があるために血液の流れを良くするには限界があります。そのため、手術によって冠動脈に血液を流れやすくすることが最適最善です。現在流れている血管は細くても、血栓を予防する薬や冠動脈を拡げる薬を飲んでいるので簡単にはつまりませんが、もし完全につまると心臓がうまく動かなくなったり、止まったりする危険があります。

冠動脈バイパス術とは、冠動脈のつまったところや細くなったりしているところの先に新しい血管(バイパス)をつなぐ手術です。そこから血液がたくさん流れるようにして、心臓に流れる血液を増やし、狭心症発作や心筋梗塞、心不全がおこらないようにすることが目的です。


この新しい血管をバイパスグラフトと言います。これに何を使うかと言いますと、人工血管ではまだ細くて良いものがないので、自分の身体の中にある血管を利用します。不要な血管は1本もありませんが、使っても大丈夫な血管がわかっています。次に代表的なバイパスグラフトを示します。


胸の真ん中を縦に切開(胸骨正中切開)し、心臓のまわりをとりまく心膜という膜を切り開くと心臓と大動脈が見えます。大動脈と心臓の右心房というところに太い管をさしこみます。
この管を人工心肺装置という大きな器械に接続し、このポンプを作動させて全身の循環とガス交換を行い、心臓と肺の働きを代行します。そして大動脈を鉗子で遮断して心臓側に心筋保護液という特殊な薬を注入すると心臓は止まります。もしこの薬がなければ心臓は数分で心筋梗塞となってしまいますが、この薬のおかげで3~4時間は心臓を傷めずに停止させることができます。

人工心肺装置という器械で全身の循環を行なうため、全身の臓器および血液が影響をうけます。血液の流れ方も普段と違うため、たとえば脳動脈硬化の強い方は脳の循環が悪くなって脳梗塞ができてしまう危険もあります。また手術中は血液が薄まることもあって、全身の臓器は浮腫状態になり肺の機能が悪くなることがあります。
なかには腎臓の血流が不十分となり腎不全をおこし、透析が必要になったりすることもあります。
最大の特殊性は心臓を停止させるということで、心筋保護液がうまく心臓全体にいきわたらず大きな心筋梗塞を起こし、それによって全く心筋が回復しないという心配が少しあります。ただし、この危険性は最近では少なくなり、0.5%以下になっています。

通常の人工心肺装置を用い、心停止をしてバイパス手術を行なうと脳梗塞を起こす危険が高いと判断した際には、別の方法でバイパス手術を行ないます。別の方法とは人工心肺装置を使わず、心臓を止めないで、つまり心臓を動かしたままでバイパス術を行う方法です。上行大動脈には操作が加わりません。これは技術的には難易度が高く、場合によっては手術中に血圧が下がったりして困難なことがありますが、いろいろな新しい器械の開発・発達により、最近できるようになりました。この心拍動下手術では、より生理的な状態が保て、人工心肺に起因する合併症を起こさず、また最大な合併症である脳梗塞を起こす危険が格段に少なくなるということが最大の利点です。

(①必ず生じるという訳ではありませんが、生じる可能性があるという事です。②ここに記してある事が全てではありません。その他にも起こりうる合併症があります。)
1.心臓の合併症として心筋梗塞、致死性不整脈、心不全、ペースメーカーなど
2.血栓塞栓症(けっせんそくせんしょう):脳梗塞(のうこうそく)、腸管壊死(ちょうかんえし)、四肢の塞栓(そくせん)、腎不全
3.出血、貧血、出血傾向、血液凝固因子欠乏 
4.感染症:創部感染、肺炎、縦隔炎(じゅうかくえん)、胸骨骨髄炎(きょうこつこつずいえん)血液感染、全身感染、人工弁感染、人工血管感染
感染症は細菌によって生じる事がほとんどです。手術中より、抗生物質を使い、消毒等を行い感染予防に努めていますが、それでも発症することがあります。それは、空気中、口腔内、鼻腔内、皮膚、気道、腸管 等には正常でも細菌が常在し、それらの菌が何らかの機転で体の中に入る為です。
(注:特に①糖尿病の方及び②緊急手術を受けられる方は、細菌に対する抵抗力が落ちているので、感染症を生じやすくなっています)
5.呼吸不全、長期人工呼吸管理、気管切開
6.胃潰瘍、十二指腸潰瘍 
7.薬剤アレルギー、ショック 
8.輸血による合併症[肝炎、感染症、GVHD(特殊な拒絶反応)] 
9.口腔内損傷(口唇、舌損傷、歯損傷)
などがあります。
そして心臓が停止しているあいだに、冠動脈の細くなっているところの先に新しい血管(バイパス)をつなぎます。血管の太さは1.5mm位と大変細く、これを細い針糸で縫い合わせます。
すべてのバイパスグラフトがつなぎ終わった後、心臓に再び血液を流し始めると心臓は自然に動き始めます(心拍動再開)。動き出さない時でも、薬や電気ショック、さらに補助心臓や人工心臓を用いることにより、ほとんどの心臓で動き始めます。
その後人工心肺装置を止めて心臓に差し込んだ管を抜きます。止血を確認した後、心臓の周囲にドレーンを留置し、胸骨をワイヤーで固定し、皮下皮膚を縫い合わせて手術を終了します。