教室の概要

診療・研究活動

 診療面では消化器一般(消化管、肝胆膵)を対象としており、消化管領域では消化管癌の内視鏡治療、H. pylori の診断・除菌をはじめ、炎症性腸疾患、大腸ポリープ、大腸癌の診断・治療、それに加えてこれまで未知の領域であった小腸疾患の診断と治療に先進の機器を用 いて診療を行っている。また肝胆膵領域では肝炎の診断・治療(特にIFN療法)の他、肝癌(特に肝細胞癌)、膵・胆道疾患の診断・治療に重点を置いた診療を行っている。研究面では活性酸素窒素代謝物・サイトカインと消化管粘膜傷害との関連、消化管上皮細胞に対する増殖因子の作用の分子メカニズム、アポトーシス調節のメカニズムなどについて解析を行っている。またH. pylori についてはその病原因子遺伝子の多様性と疾患の病態との関連やサイトカイン類の動態についても解析している。

 肝臓病学関連では、肝細胞癌の生物学的悪性度と増殖活性に対する免疫組織化学的検討、C型慢性肝炎に対するIFN療法の長期予後、肝細胞癌の早期診断と内科的治療、食道・胃静脈瘤に対する内視鏡的およびIVR治療などについて詳細な検討を行っている。これらの診療および臨床に則した研究は臨床的意義に重点が置かれており、その結果が現在および将来において患者自身の利益として反映されることを大前提として取り組んでいる。

PAGE TOP