教室員募集

レジデント(後期研修医)募集

獨協医科大学病院では卒後2年間の初期臨床研修を終了した医師を対象に、レジデント制度を行っています。これは、2年間のプログラムで病院に雇用され、各医局で臨床の修練を積む制度です。

具体的には臨床研修を終了した後、消化器内科配属となり大学病院内で2年間の後期研修を行います。内科医、消化器病専門医として充分な知識・技能を備えた指導医によるマンツーマンの指導とともに、グループ単位で入院患者の診療に携わります。患者および家族、コメディカルスタッフとのコミュニケーションを良好に保ち、モラルの高い診療が行えるよう研修し、代表的な消化器疾患の病態生理を理解し、適切なアプローチと治療選択ができるよう研修します。主要な検査手技を見学・習得し、その結果に対する適切な判断を学び後期研修終了時には内科認定の資格をえます。

消化器病学会専門医コース

2年の後期研修が終了した後は2年間連携施設でより多くの症例を指導医とともに担当し、地域医療に根ざした診療を経験、体得します。この間に消化器病専門医として必要なすべの疾患、体得すべき手技、経験すべき手技を習得し、合計4年間(後期研修2年、専門医コース2年)のコース終了時には消化器病学会認定専門医試験の受験が可能となります。

消化器病学会認定専門医資格を得た後はさらに上位資格である消化器内視鏡認定専門医、肝臓学会専門医資格を得るための研修を行います。

獨協医科大学病院消化器病学会専門医コース (募集人数5名)
獨協医科大学病院消化器病学会専門医コース

PAGE TOP