研究テーマ・実績

当科の基本理念の通り、患者様に有益性の高い臨床研究を世界に向けて発信することを目標としています。それぞれの専門分野での臨床的研究に加え、臨床的な意義付けを加味した基礎的研究を行い、これらの研究成果を国内外の学会・研究会で積極的に発表しています。

消化管領域

消化管領域では特に逆流性食道炎、H.pylori 感染症、消化管出血、消化性潰瘍、カプセル内視鏡およびダブルバルーン内視鏡による小腸疾患の診断および治療、高画素内視鏡を用いた消化管疾患の精密診断、炎症性腸疾患に対する血球成分除去療法(GCAP、LCAP)や栄養療法を基礎とした先進的治療の開発、また消化管悪性腫瘍に対する内視鏡治療(EMR、ESD)や光線力学的療法(PDT)など多岐にわたる臨床研究を行っています。

基礎研究では、培養細胞を用いた胃粘膜防御機構や粘膜傷害、炎症性腸疾患の発癌機序など、消化管の炎症の病態、組織修復、発癌機序などを解明する目的で、分子生物学的および病理学的アプローチを中心として、先端的な研究が進められています。その他ヘリコバクター・ピロリの発癌機構の解明など分子生物学的最新検査法を用いて行っています。

肝臓領域

肝臓領域では主に臨床研究を行い、慢性肝炎・肝疾患の診断における組織学的検討や、肝硬度測定による非侵襲的診断、インターフェロン療法の臨床的検討などに実績を上げています。生活習慣病の一つとして最近注目を集めているNASH(Non-alcoholic steatohepatitis; 非アルコール性脂肪性肝炎)にも当教室はいち早く注目し、検討を重ねた成果は欧米の一流ジャーナルに発表され、国際的に高い評価を受けています。また、肝癌に対する IVR 、PEIT、RFA 等の集学的治療において、臨床的検討に加え予後を推測するための免疫組織学的研究を精力的に行っています。

胆膵領域

胆膵領域においては、総胆管結石に対する内視鏡治療成績の検討や超音波内視鏡を用いた胆道疾患の診断、また胆汁及び膵液中の腫瘍マーカー分析など、豊富な症例経験を生かしたテーマで臨床研究を積極的に行っています。

PAGE TOP