counter カウンター

=TOP= of Hematology

001.jpg

2016.10.13-15 第78回日本血液学会総会
会長 獨協医科大学 内科学(血液・腫瘍) 三谷絹子教授
主催大学 獨協医科大学 内科学(血液・腫瘍)
当科教授を会長に主催大学として、過去最高の参加人数の活況ある学会となりました。

Oral session
Kinuko Mitani
Presidential lecture
「Leukomogenesis by RUNX1-EVI1 and afterward stories
~message to young doctors and researchers~」

 Yuka Nakamura
「RUNX1/EVI1 fusion gene induces an acute megakaryoblastic leukemia in mice.」

Katsuya Tokita
「Retrospective analysis of PECAM as salvage therapy for malignant lymphoma」

Poster
Honoka Arai
「Non-Hodgkin's lymphoma of breast: a review of 5 cases」

Wataru Takahashi
「Retrospective analysis of therapy-related myeloid neoplasms after chemotherapy
for AML or MDS」

Photoへ
2016.3.3-5 第38回 日本造血幹細胞移植学会総会

  ポスター

Wataru Takahashi
「Evaluation of effectiveness of CHOP or R-CHOP regimen for peripheral
blood stem cell harvest」          

2015.10.16-18 第77回日本血液学会総会
  口頭発表

「Somatic mosaicism in chronic myeloid leukemia in remission」
Kinuko Mitani 1, Yasunobu Nagata 2, Ko Sasaki 1, Kenichi Yoshida 2,
Kenichi Chiba 3 , Hiroko Tanaka 3, Yuichi Shiraishi 3, Satoru Miyano 3,
Yukitsugu Nakamura 1, Yuka Nakamura 1, Motoshi Ichikawa 1,
Seishi Ogawa 2 (Dept. of Hematology and Oncology, Dokkyo Medical Univ.,
     Tochigi, Japan1, Dept. of Pathology and Tumor Biology, Kyoto Univ., Kyoto,
     Japan 2,Human Genome Center , Inst. Medical Science, Tokyo Univ.,
Tokyo, Japan 3 )

  ポスター

Wataru Takahashi
「Retrospective analysis of relapsed or primary refractory AML treated with
gemtuzumab ozogamicin」

2015.5.22    Alessandro M .Vannucchi 先生
         Associate Professor of Hematology Department of Experimental
         and Clinical medicine, University of Florence
        「Current Treatment Strategies for Managing Myelofibrosis in the Era of
         JAK inhibitors」講演

2015.4.6     市川 幹先生が内科学(血液・腫瘍)准教授として御就任されました。

2015.3.5-7    第37回造血幹細胞移植学会総会
   ポスター
   新井ほのか 消化管GVHDに対して結腸亜全摘、回腸人工肛門形成術を施行した一例

2014.10.31-11.2 第76回日本血液学会総会
   口頭発表 

  • 中村幸嗣 Significance of flow cytometry analysis of chronic myeloid leukemia stem cell

    ポスター

  • 新井 ほのか Poorer survival in t-MDS/AML after hematologic malignancy
  • 高橋 渉   Efficacy of azacitidine on survival of MDS patients stratified in very high category with IPSS-R
  • 鴇田勝哉    Fair prognosis in testicular and epididymal malignant lymphoma 

2014.4.25 湘南東部総合病院血液内科 市川 幹先生による講演
      「RUNX1変異とFPD/AML」LinkIconphotoへ

2013.10.11-13 第75回日本血液学会総会

  • 口頭発表 新井ほのか Our experience of vorinostat for mycosis fungicides(MF)     
  • ポスター 高橋 渉 Analysis of efficacy of autologus peripheral blood stem cell transplantation
  • 鴇田勝哉 Retrospective analysis of bortezomib-induced peripheral neuropathy in patients with multiple myeloma
  • 3年後は、獨協医科大学血液腫瘍内科が主幹となることが決定致しました。

2012.11.19   国立国際医療研究センター 三輪哲義先生 骨髄腫診療の落とし穴 講演

2012.10.19-21 日本血液学会 

  • 口頭発表 杉田英子 Aberrant expression of MIR9 indicates poor prognosis in acute leukemia                   ・
  • 高橋渉  Pretransplant serum ferritin level as a predictive marker for allogenic HSCT -2years follow-up    
  • ポスター ・鴇田勝哉 Successful treatment of relapsed/refractory indolent lymphoma with bendamustine in our institute

2012.7.30

  • 血液腫瘍内科納涼会開催

2012.7.2

  • 虎ノ門病院 伊豆津 宏二先生 濾胞性リンパ腫の最新治療講演     LinkIconphotoへ

2011.12.8-12

  • ASH参加(三谷、牧、杉田)

2011.12.10

  • 牧先生ポスター発表

2012.1.23(NEW)

  • 日赤医療センター 鈴木憲史先生 多発性骨髄腫勉強会(@獨協医科大学)LinkIconPhotoへ

小冊子FUTURE
最新・血液内科シリーズFUTUREvol.5
獨協医科大学内科学(血液・腫瘍) 三谷絹子 教授
以下よりダウンロードできます。是非ご覧下さい。