臨床研究 of Hematology

CAG-GO療法

 再発・初回寛解導入不応CD33陽性急性骨髄性白血病に対するCAG-GOレジメン(ゲムツズマブ3mg/m2をday5に1回投与)を考案し, 不応4例と再発5例の合計9例の患者を治療した。9例中4例(44%)がCRあるいは血小板数の回復を伴わないCR(CRp)に到達した。CAG-GO療法後の全生存の中央値は10ヶ月である。CRあるいはCRpに到達した4例の無再発生存及び全生存の中央値は, それぞれ5.5ヶ月及び16ヶ月であった。全例にgrade 4の血液毒性が認められ, grade 3の肝毒性(22%)及び発熱性好中球減少症(44%)も観察された。肝中心静脈閉塞症/類洞閉塞症候群の発症及び治療関連死亡はなかった。44%の症例にCRあるいはCRpが得られたことは評価できるものの, 症例数が少なく, CAG療法に対するGOの上乗せ効果の有無の評価は今後の課題である。