研究 of Hematology

RUNX1/EVI1の機能解析

RUNX1/EVI1はt(3;21)の結果形成されるキメラ遺伝子である(Fig.1)。

Fig1.jpg

同転座が、慢性骨髄性白血病急性転化例あるいは骨髄異形成症候群白血化例で観察されることから、RUNX1/EVI1は、造血幹細胞腫瘍の病期の進展に関与する遺伝子であると考えられる。RUNX1/EVI1はキメラ型の転写因子であり、RUNX1のRunt相同領域までのN末領域にEVI1の全長が結合している。このキメラ遺伝子産物には、野生型RUNX1に対するドミナント・ネガティブ効果(分化抑制)、TGFβシグナルの抑制効果(増殖抑制の回避)、CEBPAの抑制効果(分化抑制)、AP1活性の刺激効果(増殖の促進)等の多彩な分子生物学的機能がある(Fig.2)。

Fig2.jpg

RUNX1/EVI1のノックインへテロマウスは、野生型RUNX1のノックアウトマウスと同様に、胎生中期に中枢神経系の出血と胎仔肝造血の廃絶により致死となる(Fig.3)。

Fig3.jpg

しかしながら、RUNX1/EVI1のノックインへテロマウスの胎仔肝には、コロニー・アッセイの結果、自己複製能の亢進した造血幹細胞が存在することが明らかになった(Fig.4)。

Fig4.jpg

この幹細胞は、赤芽球への分化能がなく、骨髄球および巨核球の異形成を示した。RUNX1/EVI1のノックインキメラマウスは、生後半年で急性巨核芽球性白血病を発症した(Fig.5)。

Fig5.jpg

milk_btn_pagetop.png

TEL/ETV6の機能解析

TEL/ETV6は12p13転座型白血病の標的遺伝子であり、ETSファミリーの転写因子をコードする。分化型急性骨髄性白血病で観察されたinv(12)(p13q13)より、TEL-PTPRR遺伝子をクローニングした(Fig.6)。

Fig6.jpg

TEL-PTPRRは、野生型TELに対してドミナント・ネガティブに作用するとともに、ホスファターゼ活性を保有していた(Fig.7)。

Fig7.jpg

STAT3活性を維持することにより、白血病細胞株UT7/GM細胞をGM-CSF非依存性に形質転換した。
TEL/ETV6は転写抑制因子であり、その機能はMAPキナーゼ(ERKおよびp38)によるリン酸化によって負に制御される。TEL/ETV6はMEL細胞の赤芽球分化を促進する。GATA1プロモーター下にTEL/ETV6を発現するトランスジェニックマウス及びES細胞においては、赤芽球系前駆細胞の増幅が観察された。


milk_btn_pagetop.png

MIR9の機能解析

MIR9はRUNX1 mRNAの3’UTRに結合配列を有するmicroRNAである。レポーター・アッセイにより、RUNX1 mRNAの3’UTRを介する蛋白合成を負に制御することを証明した。急性骨髄性白血病の約2割の症例でMIR9が過剰発現しており、MIR9発現例は非発現例に比べて、全生存および非再発生存が不良である。

milk_btn_pagetop.png