血管撮影

概要

血管撮影検査ではカテーテル(細く長い管)を手足の血管より挿入し、エックス線透視下で目的の血管まで進めます。造影剤(血管を描出する薬)をカテーテルより注入することで血管や臓器の診断・治療を行います。

バイプレーン心臓カテーテル専用装置

主に心臓カテーテル検査に使用します。

心臓にカテーテルを進め冠動脈や心臓内の診断を行い、必要に応じて治療(バルーン拡張術・ステント留置術など)を行っています。

 

シングルプレーン多目的撮影装置

主に腹部カテーテル検査に使用します。

肝臓などの腹部に対し診断を行い、必要に応じて治療(化学療法・塞栓術など)を行っています。

他には、緊急の出血に対しての塞栓術やシャント狭窄に対する形成術などを行っています。

バイプレーン多目的撮影装置

主に頭部カテーテル検査と心臓の不整脈治療に使用します。

脳血管に対し診断を行い、必要に応じて治療を行っています。

不整脈治療はペースメーカの植え込みやカテーテルアブレーションなどを行っています。