臨床研修及び医師育成の基本理念

 当院における臨床研修は、医師が医師としての人格を涵養し、将来専門とする分野に関わらず医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁に負傷又は疾病に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身に付けることを基本理念としています。

 初期研修了後は、レジデントとして後期研修に続きますが、目標は専門分野での充実した研修と高度で良質な医療を提供できる専門医の育成です。レジデントプログラムはこれらの点を考慮して専門医研修が効果的に行われるように、診療各科の特徴を生かした個別的な教育プログラムとして作成されています。専門研修とは、専門性の高い医療の実践はもちろんのこと、専門医・認定医等の資格取得を目指すものであり、当院はそのための研修・指導施設として数多くの学会から認定を受けています。

 

 また、当大学大学院医学研究科では昼夜開講(社会人大学院)による教育も実施しており、当院レジデントとして病院に勤務しながら大学院に入学して専門教育を受講したり研究を行うことが可能であります。そのため、専門医・認定医等の資格と医学博士の学位を取得できるよう充実した指導体制を整えています。 当院では、広範な医学知識を持つというだけでなく、真に人間性豊かな医師並びに医学者の育成を目指しています。

Dokkyo Medical University

臨床研修医募集

医科

基本プログラム
募集定員:55人

産科婦人科重点プログラム
募集定員:2人

小児科重点プログラム
募集定員:2人

歯科

歯科臨床研修プログラム
募集定員:6人

募集要項(医科) 募集要項(歯科) 募集要項(レジデント) 獨協医科大学病院臨床研修センター

応募をご希望の方は、募集要項をご確認ください。