先輩医師からのメッセージ

先輩医師からのメッセージ

髙橋 鉄平 (川崎医科大学卒 1年次研修医)

髙橋 鉄平 学生として10年間住んでいた岡山から栃木に今年から移り住み、当初は右も左もわからぬ場所で、環境に慣れるのが精一杯でしたが、自然豊かな獨協医科大学病院の環境に癒されています。
 獨協医科大学病院の各科をローテートさせていただき、それぞれの科で指導医の先生方にご指導頂きながら、医学知識・医学実技を学ばせていただいています。
 指導医の先生方が、自分のような外部の大学の卒業生にも、分け隔てなく、指導してくださるのが本当に嬉しく、また、研修医寮が完備されており、研修医専用の研究室が充実していることなど、獨協医科大学病院を研修先として選んで本当によかったな、と実感しています。
 まだまだ未熟ですが、一層理想の医師像に近づける様、精進していきます。 
 みなさんもぜひ一度病院見学にお越しください。お待ちしております。

岡安 彬彦 (岩手医科大学卒  レジデント)

岡安 彬彦 当院の特徴として、やはりまず大きな前提として挙げられるのは、「大学病院」であり、かつ「特定機能病院」であるということだと思います。幅広い診療科を擁し、いずれの科でも高度な医療を提供しているため、初期研修の中で様々な分野の現場を濃密に体験することができ、自身の進路を考える上で大きなきっかけを掴めるはずです。また、特に2年目は自由度の高いプログラムとなっており、将来を見据えて自分自身がやりたいこと、学びたいことをより深く追求できるようになっています。
一方で、大学病院と聞くと「市中病院ほどcommon diseaseを診る機会がない」「手技等を体験できる機会が少ない」などといったイメージをお持ちになる方もいらっしゃるかと思いますが、当院は栃木県という地域の特性もあって広く県内全域の地域医療を担う存在であり、common diseaseから難症例、珍しい症例まで幅広く経験することができます。症例数も多いため、適切な症例であれば処置や手技を任されることも多々あり、早期から手技を学ぶ機会も十二分。もちろん指導医から丁寧なレクチャーを受けることができ、バックアップ体制もしっかりしているので安心です。また、指導医が多いため、カンファレンス等で治療方針等について様々な考え方に触れる機会があり、医師としての多面的で柔軟な物事の考え方を養っていくのにも非常に好適な環境であると言えます。
研修医としての日常生活も充実したものです。給与は大学病院としてはトップクラスですし、院内の設備・施設も充実していて快適に過ごすことができ、更に今後新たな施設の建設も予定されています。研修医の人数も多いため、仲間が多いという心強さもあります。また、そうした仲間とのやりとりの中で自分に足りないものに気づかされることも少なくなく、互いにレベルを高めあっていける環境でもあります。

最後に、大学病院ということで他大学出身者は入りにくいのではないかと懸念を抱く方もいらっしゃるかも知れませんが、その心配も無用です。実は私も他大学出身であり、周囲はほとんど獨協医大出身者のため最初は不安でしたが、指導医も含めて皆暖かく迎え入れてくれました。そういった雰囲気の良さ、懐の深さを持ち合わせているのも当院の大きな特徴の一つだと思います。栃木県で研修をお考えの方は、他大学からでも臆することなく、是非一度見学にお越しください。

Dokkyo Medical University

臨床研修医募集

医科

基本プログラム
募集定員:55人

産科婦人科重点プログラム
募集定員:2人

小児科重点プログラム
募集定員:2人

歯科

歯科臨床研修プログラム
募集定員:6人

募集要項(医科) 募集要項(歯科) 募集要項(レジデント) 獨協医科大学病院臨床研修センター

応募をご希望の方は、募集要項をご確認ください。