2000年度2001年度2002年度2003年度2004年度2005年度2006年度2007年度2008年度2009年度2010年度2011年度2012年度2013年度2014年度2015年度,2016年度を掲載いたしております.

2016年 1月~ 12月


「原著」

  1. Okamura M, Takekawa H, Okabe R, Suzuki K, Hirata K : Vertebral artery Doppler waveform patterns for exclusive diagnosis of basilar artery stenosis and occlusion. J Med Ultrason 43(1):83-89, 2016
  2. Suzuki K, Miyamoto T, Miyamoto M, Maeda H, Nokura K, Tohyama J, Hirata K, Shimizu T, Kanbayashi T:Hypocretin-1 levels in the cerebrospinal fluid of patients with Percheron artery infarction with or without midbrain involvement: A case series. Medicine (Baltimore) 95(29):e4281, 2016
  3. Suzuki K, Miyamoto M, Miyamoto T, Suzuki S, Inoue Y, Murata M, Matsui K, Nishida S, Hayashida K, Usui A, Ueki Y, Nakamura M, Hirata K : The effect of comorbidity of restless legs syndrome and migraine on sleep and mood: an integration of multicenter data. Sleep Biol Rhythms 14(2): 187-191, 2016
  4. Sakuta H, Suzuki K, Miyamoto T, Miyamoto M, Numao A, Fujita H, Watanabe Y, Hirata K : Serum uric acid levels in Parkinson's disease and related disorders. Brain and Behavior 7(1): e00598, 2016
  5. Fujita H, Suzuki K, Numao A, Watanabe Y, Uchiyama T, Miyamoto T, Miyamoto M, Hirata K : Usefulness of cardiac MIBG scintigraphy, olfactory testing and substantia nigra hyperechogenicity as additional diagnostic markers for distinguishing between Parkinson's disease and atypical Parkinsonian syndromes. PLoS ONE 11(11): e0165869, 2016
  6. Kubo S, Hamada S, Maeda T, Uchiyama T, Hashimoto M, Nomoto N, Kano O, Takahashi T, Terashi H, Takahashi T, Hatano T, Hasegawa T, Baba Y, Sengoku R, Watanabe H, Kadowaki T, Inoue M, Kaneko S, Shimura H, Nagayama H:A Japanese multicenter survey characterizing pain in Parkinson's disease. J Neurol Sci 365:162-166, 2016
  7. Notturno F, Kokubun N, Sekiguki Y, Nagashima T, De Lauretis A, Yuki N, Kuwabara S, Uncini A:Demyelinating Guillain-Barré syndrome recurs more frequently than axonal subtypes. J Neurol Sci 365:132-136, 2016
  8. Yamamoto T, Tateno F, Sakakibara R1, Furukawa S, Asahina M, Uchiyama T, Hirano S, Yamanaka Y, Fuse M, Koga Y, Yanagisawa M, Kuwabara S:Urinary Dysfunction in Progressive Supranuclear Palsy Compared with Other Parkinsonian Disorders. PLoS One 11(2):e0149278, 2016
  9. Devaux JJ, Miura Y, Fukami Y, Inoue T, Manso C, Belghazi M, Sekiguchi K, Kokubun N, Ichikawa H, Wong AH, Yuki N:Neurofascin-155 IgG4 in chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy. Neurology 86(9): 800-807, 2016
  10. Muntean ML, Benes H, Sixel-Döring F, Chaudhuri KR, Suzuki K, Hirata K, Zimmermann J, Trenkwalder C: Clinically relevant cut-off values for the Parkinson's Disease Sleep Scale-2 (PDSS-2): a validation study. Sleep Medicine 24: 87–92, 2016
  11. Wakerley BR, Kokubun N, Funakoshi K, Nagashima T, Hirata K, Yuki N:Clinical classification of 103 Japanese patients with Guillain-Barré syndrome. J Neurol Sci 369: 43-47, 2016
  12. Fukami Y, Wong AH, Funakoshi K, Safri AY, Shahrizaila N, Yuki N : Anti-GQ1b antibody syndrome: anti-ganglioside complex reactivity determines clinical spectrum.  Eur J Neurol 23: 320-326, 2016
  13. Sone J, Mori K, Inagaki T, Katsumata R, Takagi S, Yokoi S, Araki K, Kato T, Nakamura T, Koike H, Takashima H, Hashiguchi A, Kohno Y, Kurashige T, Kuriyama M, Takiyama Y, Tsuchiya M, Kitagawa N, Kawamoto M, Yoshimura H, Suto Y, Nakayasu H, Uehara N, Sugiyama H, Takahashi M, Kokubun N, Konno T, Katsuno M, Tanaka F, Iwasaki Y, Yoshida M, Sobue G : Clinicopathological features of adult-onset neuronal intranuclear inclusion disease. Brain 139(Pt 12): 3170-3186, 2016
  14. 平田幸一,井上雄一,佐久間貴,山口進,山口祐介,高田祥世,平田忠義:中等度腎機能障害を有するレストレスレッグス症候群患者におけるガバペンチン エナカルビルの有効性,安全性および薬物動態の検討‐製造販売後臨床試験の成績‐.Therapeutic Res 37(12): 1133-1143, 2016
  15. 駒ヶ嶺朋子,國分則人,平田幸一:Lewy小体病における幻覚とザシキワラシとの類似点‐民俗学史料への病跡学的分析の試み‐ 神経内科 84(5): 513-519, 2016
  16. 岩崎晶夫,高嶋良太郎,鈴木圭輔,竹川英宏,鈴木綾乃,鈴木紫布,平田幸一:当院における片頭痛患者の卵円孔開存の頻度に関する検討.Neurosonology 29(1): 8-12, 2016
  17. 西平崇人,竹川英宏,岡村穏,岡部龍太,鈴木圭輔,岩崎晶夫,鈴木綾乃,塚原由佳,平田幸一:急性期脳卒中患者における深部静脈血栓症の危険因子に関する検討.Neurosonology 29(1): 28-33, 2016
  18. 渡邉悠児,鈴木圭輔,宮本雅之,宮本智之,平田幸一:持続陽圧呼吸療法中の閉塞性睡眠呼吸症候群における一次性頭痛の合併頻度とその治療効果.神経治療学 33(4):560-565, 2016
  19. 福永真哉,服部文忠,中村光,中谷謙,平田幸一:失語症患者の言語・認知機能障害とコミュニケーション活動制限の経時的変化‐WAB失語症検査と短縮版CADL検査を用いた検討‐ 認知神経科学 18(1): 30-37, 2016

「症例報告」

  1. Kokubun N, Komagamine T, Hirata K : Pregnancy and delivery in anti-NMDA receptor encephalitis survivors. Neurology: Clinical Practice 6 (5): e40-e43, 2016
  2. Suzuki K, Miyamoto M, Uchiyama T, Miyamoto T, Matsubara T, Hirata K : Restless Bladder in an Elderly Woman: An Unusual Feature or a Variant of Restless Legs Syndrome? Intern Med 55(18): 2713-2716, 2016
  3. Suzuki K, Kawasaki A, Nagashima T, Hirata K : Diffusion-weighted MRI abnormalities antedate the onset of sporadic Creutzfeldt-Jakob disease. Neurology 87(8): 843-845, 2016
  4. Aoki R, Suzuki K, Shiina T, Okamura M, Suzuki A, Sakuramoto H, Hirata K : Bilateral hippocampal hyperintensities on diffusion-weighted images in transient global amnesia. Neurology and Clin Neuroscience 4(5): 197, 2016
  5. 鈴木圭輔,岡村穏,椎名智彦,青木怜佳,岩崎晶夫,松原健朗,櫻本浩隆,平田幸一:神経内科における不眠患者.ねむりとマネージメント 3(2): 80-82, 2016
  6. 塚原由佳,鈴木圭輔,國分則人,中村利生,竹川英宏,平田幸一:浮動性めまいを主訴に受診し oculopalatal tremor をみとめた progressive ataxia and palatal tremor の高齢男性.臨床神経 56(8): 560-564, 2016

「著 書」

  1. Tatsumoto M: Scintillating scotoma. edited by Ronnier Luo. Encyclopedia of Color Science and Technology, Springer Science and Business Media New York, DOI 10.1007/978-3-642-27851-8_216-1, pp1146-1148, 2016
  2. 平田幸一:めまい.山口徹、北原光夫監修,福井次矢、高木誠、小室一成総編集,今日の診断指針2016,医学書院,東京,pp1000-1002, 2016
  3. 平田幸一,辰元宗人:片頭痛治療薬.高久史麿監,堀正二、菅野健太郎、門脇孝、乾賢一、林昌洋編,治療薬ハンドブック2016,じほう,東京,pp190-195, 2016
  4. 平田幸一,鈴木綾乃,齋木美佳,塚原由佳:女性(妊娠)への対応.荒木信夫総編集,てんかん外来,MEDICAL VIEW,東京,pp106-113, 2016
  5. 平田幸一:神経疾患による睡眠障害.樋口輝彦、市川宏伸、神庭重信、朝田隆、中込和幸編集,今日の精神疾患治療指針第2版,医学書院,東京,pp545-549, 2016
  6. 永島隆秀,平田幸一:誘発電位(SEP・MEP・ABR・VEP).阿部康二編著,神経内科検査・処置マニュアル,新興医学出版社,東京,pp58-64, 2016
  7. 渡邉由佳,平田幸一,五十嵐久佳:片頭痛の予防方法はどうしたらいいのでしょうか? 鈴木則宏監修・清水利彦編集,神経内科Clinical Questions&Pearls 頭痛,中外医学社,東京,pp69-77, 2016
  8. 辰元宗人:緊張型頭痛の治療はどのようにしたらよいでしょうか? case approach 緊張型頭痛症例.鈴木則宏監修・清水利彦編集,神経内科Clinical Questions&Pearls 頭痛,中外医学社,東京,pp133-141, 2016
  9. 浅川洋平,竹川英宏,平田幸一:左室緻密化障害による心原性脳塞栓症を呈した1例.田川皓一・橋本洋一郎・稲富雄一郎編集,脳卒中症候学 症例編 診療の深みを理解する,西村書店,東京,pp155-157, 2016
  10. 浅川洋平,鈴木圭輔,平田幸一:体幹のlateropulsionのみを呈した橋梗塞1例.田川皓一・橋本洋一郎・稲富雄一郎編集,脳卒中症候学 症例編 診療の深みを理解する,西村書店,東京,pp240-241, 2016
  11. 福永真哉,服部文忠,平田幸一:右半球損傷による失文法の1例‐失文法の病態と発現機序について‐.田川皓一・橋本洋一郎・稲富雄一郎編集,脳卒中症候学 症例編 診療の深みを理解する,西村書店,東京,pp492-494, 2016

「教 科 書」

  1. 平田幸一(執筆):医師国家試験問題解説書編集委員会編,国試110‐第110回医師国家試験問題解説書,医学評論社,東京,2016
  2. 平田幸一(解説監修・執筆):岡庭豊編,クエスチョン・バンク医師国家試験問題解説2017 vol.3-J 神経・精神・運動器疾患 第26版,メディックメディア,東京,2016
  3. 平田幸一(監修):J.神経・精神・運動器疾患.岡庭豊、荒瀬康司、三角和雄編,イヤーノート2017内科・外科編,メディックメディア,東京,2016
  4. 平田幸一(編著):看護学生のための神経内科学,中外医学社,東京,2016
  5. 舩越慶:神経免疫学の基本.平田幸一編著,看護学生のための神経内科学,中外医学社,東京,pp41-45, 2016
  6. 辰元宗人:頭痛.平田幸一編著,看護学生のための神経内科学,中外医学社,東京,pp72-79, 2016
  7. 辰元宗人,平田幸一:第15章 頭痛.日本疼痛学会痛みの教育コアカリキュラム編集委員会編集,痛みの集学的診療:痛みの教育コアカリキュラム,真興交易,東京,pp206-215, 2016
  8. 渡邉由佳,星野雄哉,田中秀明:認知症.平田幸一編著,看護学生のための神経内科学,中外医学社,東京,pp89-99, 2016
  9. 永島隆秀:運動機能障害 けいれん.平田幸一編著,看護学生のための神経内科学,中外医学社,東京,pp126-131, 2016
  10. 宮本智之,宮本雅之:睡眠障害.平田幸一編著,看護学生のための神経内科学,中外医学社,東京,pp187-192, 2016
  11. 竹川英宏,塚原由佳,平田幸一:脳血管障害.平田幸一編著,看護学生のための神経内科学,中外医学社,東京,pp219-228, 2016
  12. 國分則人:末梢神経の疾患.平田幸一編著,看護学生のための神経内科学,中外医学社,東京,pp268-274, 2016
  13. 鈴木圭輔,齋木美佳,平田幸一:一般内科疾患に伴う脳・神経障害.平田幸一編著,看護学生のための神経内科学,中外医学社,東京,pp311-317, 2016
  14. 宮本雅之:主な症状に対する看護.平田幸一編著,看護学生のための神経内科学,中外医学社,東京,pp331-338, 2016
  15. 宮本雅之:主な検査・治療に伴う看護.平田幸一編著,看護学生のための神経内科学,中外医学社,東京,pp339-346, 2016

「総 説」

  1. 平田幸一:難治性頭痛の診断と治療.神経治療 33(3): 357-361, 2016
  2. 平田幸一:小児の慢性痛‐特に頭痛について‐.子どもの心とからだ 24(4): 414-415, 2016
  3. 平田幸一,辰元宗人:慢性頭痛.高齢者の感覚障害: 慢性疼痛を中心に Advanced in Aging and Health Research 2015, p117-129, 2016
  4. 平田幸一,鈴木綾乃,岩崎晶夫,西平崇仁,藤田裕明:レストレスレッグス症候群.自律神経 53(1): 6-9, 2016
  5. 平田幸一,渡邉由佳,西平崇人:緊張型頭痛.診断と治療 104(7): 841-845, 2016
  6. 平田幸一,渡邉由佳,西平崇人,五十嵐久佳:薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛).臨牀と研究 93(10): 1363-1368, 2016
  7. 宮本雅之:レストレスレッグス症候群.睡眠医療 10(1): 121-126, 2016
  8. 宮本雅之,宮本智之:REM睡眠行動障害と認知機能.睡眠医療 10(2): 225-233, 2016
  9. 宮本雅之:パーキンソン病と睡眠.自律神経 53(2): 133-137, 2016
  10. 辰元宗人:光と片頭痛.日本頭痛学会誌 43(1): 47-49, 2016
  11. 辰元宗人,星山栄成,平田幸一:頭痛とてんかん.Mebio 33(11): 34-40, 2016
  12. 國分則人:ギラン・バレー症候群の治療 免疫療法・予後予測モデルなど.日本医事新報 4834号 : 42-49, 2016辰元宗人:片頭痛と光波長、照明 光のサーカディアンリズムへの影響を考慮した夜間屋内照明.照明学会誌 99(1): 25-27, 2015
  13. 國分則人:末梢神経 伝導ブロックの診断.Clin Neurosci 34(1): 54-57, 2016
  14. 竹川英宏,鈴木綾乃,平田幸一:脳卒中をいかに疑うべきか.medicina 53(2): 240-244, 2016
  15. 永島隆秀,平田幸一:てんかんの診断.医学と薬学 73(5): 537-546, 2016
  16. 渡邉由佳,山本真也,平田幸一:女性の片頭痛.日本薬剤師会雑誌 68(4): 489-492, 2016
  17. 渡邉由佳,五十嵐久佳:薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛).診断と治療 104(7): 863-868, 2016
  18. 渡邉由佳,五十嵐久佳:女性の痛み 片頭痛.White 4(2): 123-128, 2016
  19. 鈴木圭輔,平田幸一:臀部・下肢の異常感覚‐レストレスレッグス症候群を含む‐.高齢者の感覚障害: 慢性疼痛を中心に Advanced in Aging and Health Research 2015, p143-154, 2016
  20. 鈴木圭輔,渡邉悠児,藤田裕明,平田幸一:Parkinson病の睡眠と自律神経障害.神経内科 84(1): 1-8, 2016
  21. 鈴木圭輔,松原健朗,椎名智彦,平田幸一:視床下部病変と体温調節障害.神経内科 84(1): 36-42, 2016
  22. 鈴木圭輔,平田幸一:RBDとParkinson病.神経内科 84(5): 471-479, 2016
  23. 鈴木圭輔,宮本雅之,松原健朗,堀江淳一,平田幸一:頭痛と睡眠.ねむりとマネージメント 3(1): 20-26, 2016
  24. 鈴木圭輔,沼尾文香,藤田裕明,渡邉悠児,松原健朗,平田幸一:パーキンソン病における睡眠障害.睡眠医療 10(2): 175-185, 2016
  25. 鈴木圭輔,鈴木紫布,門脇太郎,櫻本浩隆,平田幸一:糖尿病性ニューロパチーと睡眠障害.月刊糖尿病 8(11): 26-31, 2016
  26. 鈴木圭輔,鈴木紫布,椎名智彦,松原健朗,平田幸一:レストレスレッグス症候群と周期性四肢運動障害.MB Med Reha 203: 81-88, 2016
  27. 鈴木圭輔,宮本雅之,松原健朗,櫻本浩隆,平田幸一:睡眠障害.日本臨床 75(1): 126-135, 2016
  28. 門脇太郎,鈴木圭輔,沼尾文香,中村新,平田幸一:変性疾患・パーキンソン病のリハビリテーション.Dokkyo J Med Sci 43(3):181-186, 2016
  29. 鈴木紫布,鈴木圭輔,平田幸一:部位からみた慢性痛の診断と治療 2.頭部の痛み.田口敏彦企画,慢性疼痛疾患,最新医学社,東京,p139-150, 2016
  30. 星山栄成,鈴木圭輔,平田幸一:てんかんと鑑別すべき疾患.日内会誌 105(8): 1358-1365, 2016
  31. 渡邉悠児,竹川英宏,平田幸一:睡眠時無呼吸症候群と脳血管障害との関連について.睡眠医療 10(2): 303-305, 2016
  32. 塚原由佳,竹川英宏,平田幸一:睡眠関連呼吸障害群と脳卒中.MB Med Reha 203: 137-142, 2016
  33. 内山智之,山本達也,加賀勘家,山西友典,榊原隆次,桑原聡,平田幸一:下部尿路機能障害から見た多系統萎縮症とパーキンソン病の鑑別.自律神経 53(3): 222-226, 2016
  34. 吉田敦,平田幸一:新しい抗菌薬の適切な選択.Mebio 33(3):70-79, 2016

「短 報」

  1. 西山緑,川合覚,小橋元,渡邉由佳,山下真幸,荒木修,堀端康博,金子堅太郎,前原稜,金澤紀徳:医学生の考える理想の医師像と学生医としての「誓いの言葉」‐第20回医学教育ワークショップ第4グループ「プロフェッショナリズム教育に求められるロールモデルとその育成」‐ Dokkyo J Med Sci 43(1): 85-90, 2016

「Protocol」

  1. Yamaguchi N, Misawa S, Sato Y, Nagashima K, Katayama K, Sekiguchi Y, Iwai Y, Amino H, Suichi T, Yokota T, Nishida Y, Kohara N, Hirata K, Nishiyama K, Yabe I, Kaida K, Suzuki N, Nodera H, Tsuji S, Koike H, Kira J, Hanaoka H, Kusunoki S, Kuwabara S : A prospective, multi-center, randomized phase II study to evaluate the efficacy and safety of eculizumab in patients with Guillain-Barré syndrome (GBS): Japanese Eculizumab Trial for GBS (JET-GBS). JMIR Res Protoc 5(4):e210, 2016

「学位論文」

  1. 岩崎晶夫 : Prevalence of right to left shunts in Japanese patients with migraine: a single-center study. Internal Medicine 2017, in press
  2. Fujita H, Suzuki K, Numao A, Watanabe Y, Uchiyama T, Miyamoto T, Miyamoto M, Hirata K : Usefulness of cardiac MIBG scintigraphy, olfactory testing and substantia nigra hyperechogenicity as additional diagnostic markers for distinguishing between Parkinson's disease and atypical Parkinsonian syndromes. PLoS ONE 11(11): e0165869, 2016
  3. 渡邉悠児,鈴木圭輔,宮本雅之,宮本智之,平田幸一:持続陽圧呼吸療法中の閉塞性睡眠呼吸症候群における一次性頭痛の合併頻度とその治療効果.神経治療学 33(4):560-565, 2016

「その他」

  1. 平田幸一:頭痛専門医の役割とその育成.日本頭痛学会誌 43(1): 88-91, 2016
  2. 平田幸一:第2章耳のトラブルをなくす生活術 17.片頭痛の治療薬の効果で、症状のタイプによっては、耳鳴りや難聴が完全されるケースがある,18.片頭痛の治療に役立つ5つのポイント,19.「頭痛ダイアリー」をつけて、生活習慣を見直せば、いつどんなときに頭痛が起こりやすいかがわかる.耳鳴り・難聴・めまいが自分で治せる101のワザ,主婦の友社,東京,pp50-54, 2016
  3. 平田幸一(巻頭言・編集):特集:神経疾患と睡眠.睡眠医療 10巻2号, 2016
  4. 平田幸一:睡眠力を高める生活術.遠山病院だより No.72, 2016冬号
  5. 平田幸一:アルツハイマー型認知症の検査法、と診断~薬物治療.Dear Pharmacist p3, 2016夏号
  6. 辰元宗人:光と片頭痛,フォーラムレポート,Headache Clin Sci 7(1): 73, 2016
  7. 高橋一司,鈴木圭輔,仙石錬平,西尾慶之:座 談 会「パーキンソン病診断における Clinical Nonmotor Markers」東京,2016.4.8
  8. 渡邉由佳:パーキンソン病の非運動症状 便秘とうまく付き合い元気に過ごすためには 定期講演会質問未回答分.全国パーキンソン病友の会埼玉県友の会 患者と家族の交流誌 彩 No.39, p 3-10, 2016.3.20発行
  9. 藤本健一,渡邉由佳,大塚千久美,頼高朝子:座談会 早期パーキンソン病治療を再考する.Pharma Medica 34(2): 81-88, 2016
  10. 鈴木則宏,永田栄一郎,飯塚高浩,渡邉由佳:座談会 皮質拡延性抑制(CSD)を考える.Headache Clin Sci 7(1): 5-13, 2016
  11. 鈴木圭輔:注目の論文2 日本人ナルコレプシー患者および特発性過眠症患者における一次性頭痛の有病率・特徴と夢の行動化:多施設横断研究.Headache Clin Sci 7(1): 16-17, 2016
  12. 鈴木圭輔,宮本雅之,内山智之,宮本智之,松原健朗,平田幸一:抄録 Restless Bladderにより不眠を呈した83歳女性例.不眠研究2016, p52
  13. 岩波久威,辰元宗人,福島明子,平田幸一:頭痛に対するアロマテラピーの有用性,アロマテラピー最新研究Vol.7,公益社団法人日本アロマ環境協会 プレスリリース,2016.2.8
  14. 辰元宗人,平田幸一:OLED照明環境が片頭痛患者にもたらす影響 予備調査報告,講師,次世代化学材料評価技術研究組合(CEREBA),東京,2016.2.19
  15. 辰元宗人:片頭痛患者における照明環境による影響の検討,講師,次世代化学材料評価技術研究組合(CEREBA),東京2016.10.14

「学会・研究会」

  1. Kagimoto A, Okuda S, Okajima K, Tatsumoto M, Hirata K: 一般演題Influence of LED lighting condition on impression of a room aims to relax. 15th International Symposium on the Science and Technology of Lighting, Kyoto, Japan, May 22-27, 2016
  2. Suzuki K, Numao A, Kadowaki T, Suzuki S, Watanabe Y, Miyamoto M, Miyamoto T, Uchiyama T, Hashimoto K, Fujita H, Watanabe Y, Matsubara T, Hirata K : ポスターRelationship between fatigue and sleep disturbances in patients with Parkinson’s disease: A study using Parkinson’s disease sleep scale-2. 20th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Berlin, Germany, June 19-23, 2016
  3. Uchiyama T, Yamamoto T, Suzuki K, Kadowaki T, Watanabe Y, Hashimoto K, Shingo T, Kaga K, Shibata-Yamaguchi C, Yamanishi T, Sakakibara R, Kuwabara S, Hirata K : ポスター Detrusor overactivity is associated with frontal dysfunction in patients with Parkinson’s disease? 20th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Berlin, Germany, June 19-23, 2016
  4. Kaji Y, Ouchi K, Hirata K : ポスター Depression and apathy in restless legs syndrome. 20th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Berlin, Germany, June 19-23, 2016
  5. Kadowaki T, Lassmann H, Ueda S, Schuh C, Hirata K : ポスター Glial cells and iron accumulation in the brain of the Zitter rat. 20th International Congress of Parkinson's Disease and Movement Disorders, Berlin, Germany, June 19-23, 2016
  6. Hirata K(General Chair), Takekawa H(General Co-Chair):The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2016), Tochigi, Japan, August 4-6, 2016
  7. Suzuki K(Chair) : OS4. The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2016), Tochigi, Japan, August 4, 2016
  8. Kadowaki T, Hoshiyama E, Nakamura A, Suzuki K, Hashimoto K, Hirata K : 一般口演 The decreasing of dopamine-transporter uptake on the ipsilateral side of tremor in a patient with Parkinson's disease.The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2016), Tochigi, Japan, August 4, 2016
  9. Numao A, Suzuki K, Watanabe Y, Fujita H, Miyamoto M, Miyamoto T, Kadowaki T, Hirata K : 一般口演 Serum insulin-like growth factor-1 levels in patients with Parkinson’s disease and related disorders.The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2016), Tochigi, Japan, August 4, 2016
  10. Fujita H, Suzuki K, Numao A, Miyamoto M, Miyamoto T, Takekawa H, Watanabe Y, Sakuta H, Uchiyama T, Hirata K : 一般口演 Link between serum insulin-like growth factor 1 levels and motor and non-motor signs in patients with Parkinson’s disease.The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2016), Tochigi, Japan, August 4, 2016
  11. Watanabe Y, Suzuki K, Fujita H, Numao A, Kadowaki T, Miyamoto M, Miyamoto T, Uchiyama T, Hirata K : 一般口演 Olfactory impairment in patients with Parkinson’s disease: a study using open essence. The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2016), Tochigi, Japan, August 4, 2016
  12. Suzuki K, Numao A, Fujita H, Watanabe Y, Takekawa H, Kadowaki T, Matsubara T, Miyamoto T, Miyamoto M, Hirata K : 一般口演 Utility of hyperechogenic changes in the midbrain substantia nigra in the differential diagnosis of Parkinsonian disorders. The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2016), Tochigi, Japan, August 4, 2016
  13. Tatsumoto M, Yamakawa M, Okajima K, Hirata K : 一般口演 Contribution of intrinsically photosensitive retinal ganglion cells in the photophobia of migraine patients. The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2016), Tochigi, Japan, August 5, 2016
  14. Hoshiyama E, Tatsumoto M, Suzuki T, Hirata K : 一般口演 Are blue-light blocking eyeglasses beneficial to migraine patients? The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2016), Tochigi, Japan, August 5, 2016
  15. Uchiyama T, Yamamoto T, Suzuki K, Kadowaki T, Kaga K, Yamanishi T, Sakakibara R, Kuwabara S, Hirata K : 一般口演 Photo-stimulating effects using low reactive level laser can modulate lower urinary tract function in normal rats. The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2016), Tochigi, Japan, August 5, 2016
  16. Nagashima T, Yanaka C, Funakoshi K, Hirata K : ポスター Investigation of the difference between two washer machines in the examination for ELISA. The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2016), Tochigi, Japan, August 5, 2016
  17. Funakoshi K, Funakoshi M, Yanaka C, Hirata K, Yuki N : ポスター A Search for a new target molecule in neuropathy with IgM M protein. The 10th ICME International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2016), Tochigi, Japan, August 5, 2016
  18. Kagimoto A, Okuda S, Okajima K, Tatsumoto M, Hirata K: 一般演題Unfavorable lighting conditions for migraineurs in a relaxing room. The 9th lighting conference of China, Japan, and Korea, Busan, Korea, August 18-19, 2016
  19. Tatsumoto M, Niimi M, Kaneko H, Hirata K, Hiraishi H, Kubota K : ポスター Educational for residents using flow maps visually illustrating the process of medication administration. 5th World Congress of Clinical Safety (5WCCS), Massachusetts, USA, September 23, 2016
  20. Mochizuki E, Tatsumoto M, Murae Y, Ooshima, K, Hirata K: Field survey on seasonal difference of sleep, The Fifth International Conference on Human-Environment System ICHES2016 Nagoya, Japan, October 29 - November 2, 2016
  21. Hirata K (Vice Chair) : Symposium Executive Committee. International Joint Symposium on Neurocritical Care in Tokyo, Tokyo, Japan, November 20, 2016
  22. Hoshiyama E(Instructor) : Hands-on Seminar on Physical examination in Neurocritical Care and EEG and continuous EEG Monitoring. International Joint Symposium on Neurocritical Care in Tokyo, Tokyo, Japan, November 20, 2016
  23. Hoshiyama E: ENLS(Emergency Neurological Life Support) Course; Acute Weakness. International Joint Symposium on Neurocritical Care in Tokyo, Tokyo, Japan, November 20, 2016
  24. 渡邉悠児,鈴木圭輔,宮本雅之,宮本智之,鈴木紫布,松原健朗,平田幸一:閉塞性睡眠時無呼吸症候群における頭痛の合併頻度と持続陽圧呼吸療法の効果に関する検討.第53回睡眠呼吸障害研究会,東京,2016.2.13
  25. 竹川英宏(司会):栃木県脳卒中医療連携クリティカルパス会議,壬生,2016.2.188
  26. 斎藤正武,吉田敦,福島篤仁,早川千亜紀,岡本友紀,田中由美子,蘇原由貴,藤澤隆一,奥住捷子,平田幸一:ポスター ICT患者リストに基づく病院の感染症疫学解析ならびに解析ツールの開発.第31回日本環境感染学会,京都,2016.2.19
  27. 平田幸一(司会):パネルディスカッション かかりつけ医として、患者にどう寄り添うか.日医生涯教育協力講座セミナー 認知症に寄り添う~地域生活継続可能な社会に向けて~,宇都宮,2016.2.24
  28. 渡邉由佳(パネリスト):薬物療法と身体合併症.日医生涯教育協力講座セミナー 認知症に寄り添う~地域生活継続可能な社会に向けて~,宇都宮,2016.2.24
  29. 星野雄哉(パネリスト):患者およびご家族への心理・社会的アプローチ.日医生涯教育協力講座セミナー 認知症に寄り添う~地域生活継続可能な社会に向けて~,宇都宮,2016.2.24
  30. 平田幸一(座長):頭痛フォーラム2016,東京,2016.2.28
  31. 平田幸一(座長):Tochigi Insomnia研究会,宇都宮,2016.3.10
  32. 平田幸一(座長):ニュープロ発売3周年講演会,宇都宮,2016.3.110
  33. 平田幸一(座長):神経1.第622回日本内科学会関東地方会,東京,2016.3.12
  34. 平田幸一(座長):一般口演18.第41回日本脳卒中学会,札幌,2016.4.14
  35. 西平崇人,竹川英宏,鈴木圭輔,岡部龍太,岡村穏,浅川洋平,沼尾文香,鈴木綾乃,岩崎晶夫,平田幸一:一般口演 急性期脳卒中における深部静脈血栓症.第41回日本脳卒中学会,札幌,2016.4.14
  36. 浅川洋平,竹川英宏,鈴木綾乃,岩崎晶夫,西平崇人,岡村穏,平田幸一:ポスター 心房細動性心原性脳塞栓症と塞栓源不明脳塞栓症との背景因子についての検討.第41回日本脳卒中学会,札幌,2016.4.14
  37. 岩崎晶夫,竹川英宏,鈴木圭輔,岡村穏,西平崇人,平田幸一:ポスター 脳卒中後嚥下障害患者におけるスタチンの肺炎予防効果についての考察.第41回日本脳卒中学会,札幌,2016.4.14
  38. 鈴木圭輔,竹川英宏,齋木美佳,岡村穏,岩崎晶夫,定翼,平田幸一:ポスター 内包膝部梗塞3症例の臨床的検討.第41回日本脳卒中学会,札幌,2016.4.14
  39. 塚原由佳,竹川英宏,鈴木圭輔,岩崎晶夫,西平崇人,鈴木綾乃,沼尾文香,岡村穏,浅川洋平,平田幸一:一般口演 発作性心房細動の診断に対する胸部レントゲンの有用性.第41回日本脳卒中学会,札幌,2016.4.15
  40. 竹川英宏(座長):ポスターセッション42.第41回日本脳卒中学会,札幌,2016.4.15
  41. 鈴木綾乃,竹川英宏,塚原由佳,岡村穏,西平崇人,岩崎晶夫,沼尾文香,鈴木圭輔,平田幸一:ポスター 発作性心房細動による心原性脳塞栓症の特徴.第41回日本脳卒中学会,札幌,2016.4.15
  42. 竹川英宏,浅川洋平,岡村穏,岩崎晶夫,西平崇人,鈴木綾乃,塚原由佳,鈴木圭輔,平田幸一:ポスター 心原性脳塞栓症におけるD-dimer値に影響を及ぼす因子の検討.第41回日本脳卒中学会,札幌,2016.4.15
  43. 岡村穏,竹川英宏,岡部龍太,岩崎晶夫,西平崇人,浅川洋平,大門康寿,鈴木圭輔,平田幸一:ポスター 椎骨動脈超音波検査を用いた脳底動脈狭窄除外診断.第41回日本脳卒中学会,札幌,2016.4.15
  44. 竹川英宏(座長):一般口演110.第41回日本脳卒中学会,札幌,2016.4.16
  45. 平田幸一(座長):第23回関東パーキンソン病勉強会,東京,2016.4.16
  46. 平田幸一(座長):特別講演.第11回とちぎ認知症研究会,宇都宮,2016.4.18
  47. 伊藤雅史(コメンテーター):症例検討.第11回とちぎ認知症研究会,宇都宮,2016.4.18
  48. 渡邉由佳(講演司会)伊藤雅史(ディスカッションナビゲーター),横田徳継(閉会の挨拶):第3回とちぎ認知症の連携を考える会,宇都宮,2016.4.21
  49. 渡邉由佳:薬物療法について.第3回とちぎ認知症の連携を考える会,宇都宮,2016.4.21
  50. 伊澤直樹:足利赤十字病院における取り組み.第3回とちぎ認知症の連携を考える会,宇都宮,2016.4.21
  51. 平田幸一(座長):なおる神経内科01.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.18
  52. 國分則人(講師):教育コース07 急性に発症した四肢の脱力.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.18
  53. 岩崎晶夫,竹川英宏,岡部龍太,岡村穏,西平崇人,浅川洋平,大門康寿,鈴木圭輔,平田幸一:ポスター 栃木県民における総頸動脈最大内中膜複合体厚の検討.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.18
  54. 岡村穏,岡部龍太,竹川英宏,鈴木綾乃,西平崇人,岩崎晶夫,鈴木圭輔,平田幸一:ポスター 頸動脈パルスドプラ波形を用いた内頚動脈狭窄診断における角度補正の影響.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.18
  55. 渡邉悠児,鈴木圭輔,沼尾文香,宮本雅之,宮本智之,藤田裕明,門脇太郎,橋本謙一,平田幸一:ポスター パーキンソン病関連疾患におけるopen essenceを用いた嗅覚障害の検討.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.18
  56. 舩越慶,永島隆秀,國分則人,平田幸一,結城伸泰:ポスター Guillain-Barré症候群とその関連疾患における抗GM1, GD1a, GQ1b抗体の診断感度の検討.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.18
  57. 松原健朗,岩波久威,野田雅行,平田幸一:ポスター 重症筋無力症における入浴法の検討.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.18
  58. 國分則人,永島隆秀,船越慶,駒ヶ嶺朋子,結城伸泰,平田幸一:ポスター ネフローゼ症候群を合併した抗CNTN1抗体陽性のCIDP2症例.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.18
  59. 永島隆秀,國分則人,岡村穏,駒ヶ嶺朋子,船越慶,平田幸一:ポスター 抗neurofascin 155抗体陽性CIDPの臨床像と治療反応性.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.18
  60. 辰元宗人,明石真,山口藍,平田幸一:ポスター 光環境が片頭痛患者の時計遺伝子に及ぼす影響の検討.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.18
  61. 高嶋良太郎,田中秀明,渡邉由佳,平田幸一:ポスター 脳波における光駆動出現の片頭痛病型間での差異.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.18
  62. 宮本雅之(シンポジスト),宮本智之:脳卒中と睡眠関連呼吸障害.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5. 19
  63. 竹川英宏(座長):ポスター(英語)脳血管障害 rt-PA.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5. 19
  64. 鈴木圭輔(コメンテーター):ポスター(英語)睡眠関連疾患.第57回日本神経学会,神戸,2016.5. 19
  65. Suzuki K, Miyamoto M, Miyamoto T, Uchiyama T, Matsubara T, Okamura M, Shiina T, Suzuki S, Hirata K : ポスター(英語)Variants of restless legs syndrome: a case series.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5. 19
  66. 浅川洋平,竹川英宏,西平崇人,塚原由佳,浅原大典,伊澤直樹,五十棲一男,平田幸一:ポスター 心原性脳塞栓症診断における胸部単純レントゲン写真の有用性.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.19
  67. 塚原由佳,竹川英宏,鈴木綾乃,西平崇人,岩崎晶夫,岡村穏,浅川洋平,鈴木圭輔,平田幸一:ポスター 心原性脳塞栓症におけるBNP値に影響を及ぼす因子の検討.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.19
  68. 藤田裕明,鈴木圭輔,沼尾文香,宮本雅之,宮本智之,竹川英宏,門脇太郎,橋本謙一,平田幸一:ポスター パーキンソン病関連疾患におけるMIBG心筋シンチグラフィー,嗅覚検査,黒質高輝度変化.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.19
  69. 椎名智彦,岡村穏,鈴木圭輔,岩崎晶夫,沼尾文香,松原健朗,竹川英宏,宮本雅之,宮本智之,平田幸一:ポスター 急性期脳梗塞患者におけるレストレスレッグス症候群の検討.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.19
  70. 宮本智之,宮本雅之,鈴木圭輔,小川知宏,横田隆子:ポスター レム睡眠行動異常症における光干渉断層法による網膜神経層の検討.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.19
  71. 平田幸一(座長):ランチョンセミナー 36てんかんと認知症 −見過ごされやすい高齢者てんかんー.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5. 20
  72. 平田幸一(オーガナイザー/司会):教育コース 28 (生涯教育)頭痛診療最前線.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5. 20
  73. 渡邉由佳(講師):教育コース 28 (生涯教育)片頭痛;ライフスタイルと女性ホルモン.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5. 20
  74. 鈴木綾乃,竹川英宏,鈴木圭輔,塚原由佳,岩崎晶夫,西平崇人,岡村穏,平田幸一:ポスター 内頸動脈超音波検査を用いた卵円孔開存症の診断.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.20
  75. 内山智之,山本達也,加賀勘家,布施美樹,柴田千晴,橋本謙一,門脇太郎, 渡邉由佳,榊原隆次,山西友典,桑原聡,平田幸一:ポスター 女性の神経因性の排尿障害に対するシロドシンの有用性と安全性に関する検討.第57回 日本神経学会,神戸,2016.5.20
  76. 門脇太郎,Lassmann Hans,上田秀一,Schuh Cornelia,平田幸一: ポスター(英語)Oxidative stress and iron accumulation in the brain of the Zitter rat.第57回日本神経学会,神戸,2016.5.20
  77. 國分則人(座長):ポスター 臨床神経生理学 その他.第57回日本神経学会,神戸,2016.5.21
  78. 國分則人(セミナー演者):四肢の神経伝導検査.日本神経学会第4回メディカルスタッフ教育セミナー,神戸,2016.5. 21
  79. 国分則人(座長):第221回日本神経学会関東・甲信越地方会,東京,2016.6.3
  80. 永島隆秀,平田幸一:ポスター 大塚の臍痛点があり立効散が有効であった三叉神経痛の一例.第67回日本東洋医学会,高松,2016.6.4
  81. 堀江淳一,鈴木圭輔,渡邉悠児,岩崎晶夫,塚原由佳,岡村穏,竹川英宏,平田幸一:HHV-6髄膜脳炎後に多発性大脳白質病変と脊髄病変を呈した26歳男性例.第217回日本神経学会関東・甲信越地方会,東京,2016.6.4
  82. 福永真哉,須貝友紀,起塚友美,中川小耶加,飯田咲乃,服部文忠:脳血管性認知症患者における認知機能低下と摂食嚥下障害の関連-.第17回日本言語聴覚学会,京都,2016.6.10
  83. 平田幸一(座長):シンポジウム2.第30回日本神経救急学会,東京,2016.6.11
  84. 星山栄成(シンポジスト),竹川英宏,佐久間大智,岩崎晶夫,高野雅嗣,大西俊彦,鈴木圭輔,根本真人,小野一之,平田幸一:潰瘍性大腸炎に脳静脈血栓症を合併した一例.第30回日本神経救急学会,東京,2016.6.11
  85. 竹川英宏:世話人,Opening Remarks.第25回栃木超音波研究会,宇都宮,2016.6.17
  86. 川又美咲,今野佐智代,高瀬直敏,吉原明美,江尻夏樹,豊田茂,竹川英宏,髙田悦雄:総頸動脈波形に影響する因子の検討.第25回栃木超音波研究会,宇都宮,2016.6.17
  87. 高瀬直敏,今野佐智代,川又美咲,吉原明美,江尻夏樹,豊田茂,竹川英宏,髙田悦雄:循環器疾患における深部静脈血栓症とD-dimerの関連.第25回栃木超音波研究会,宇都宮,2016.6.17
  88. 矢澤寛子,春山亜希子,横町淳,和久隆太郎,荻野幸伴,伊波秀,天野裕久,有川拓男,豊田茂,竹川英宏,井上晃男:心不全を契機に診断された左室内血栓を伴う左室緻密化障害の1例.第25回栃木超音波研究会,宇都宮,2016.6.17
  89. 平田幸一(座長):基調講演①.ストップ!NO卒中プロジェクト第9回エリアエキスパート会議,大阪,2016.6.25
  90. 鍵本明里,奥田紫乃,岡嶋克典,辰元宗人,平田幸一:片頭痛を有する在室者のくつろぎに適した照明条件.第57回日本人間工学会,津,2016.6.2513
  91. 平田幸一(座長):シンポジウム19、シンポジウム24.第41回日本睡眠学会,東京,2016.7.8
  92. 宮本雅之(シンポジスト),宮本智之,鈴木圭輔,平田幸一:パーキンソン病関連疾患の睡眠関連呼吸障害.第41回日本睡眠学会,東京,2016.7.8
  93. 鈴木圭輔(シンポジスト),平田幸一:PD関連疾患における睡眠障害と脳画像・臨床特徴との関連.第41回日本睡眠学会,東京,2016.7.8
  94. 鈴木圭輔(シンポジスト),平田幸一:Impact of RLS on neurological disorders.第41回日本睡眠学会,東京,2016.7.8
  95. 有川拓男,宮本雅之,鈴木圭輔,中島逸男,金田宇行,福田怜子,春山亜希子,増山大樹,荻野幸伴,天野裕久,豊田茂,床井聖子,井上晃男:ポスター 閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者の血管内皮機能の検討.第41回日本睡眠学会,東京,2016.7.7
  96. 鈴木圭輔,宮本雅之,宮本智之,内山智之,松原健朗,岡村穏,椎名智彦,鈴木紫布,平田幸一:ポスター Restless legs syndrome variants : 4例報告.第41回日本睡眠学会,東京,2016.7.7
  97. 椎名智彦,岡村穏,鈴木圭輔,岩崎晶夫,沼尾文香,松原健朗,竹川英宏,宮本雅之,宮本智之,平田幸一:ポスター 急性期脳梗塞患者におけるレストレスレッグス症候群の検討.第41回日本睡眠学会,東京,2016.7.7
  98. 藤田裕明,鈴木圭輔,沼尾文香,渡邉悠児,永島隆秀,高嶋良太郎,宮本雅之,宮本智之,作田英樹,神林崇,平田幸一:ポスター 神経ベーチェット病による視床下部病変により髄液オレキシン低値を認めた41歳男性例.第41回日本睡眠学会,東京,2016.7.8
  99. 平田幸一(座長、総括):Headache Master School Japan 2016,盛岡,2016.7.10
  100. 辰元宗人:Special Interest Section めまいと片頭痛.Headache Master School Japan 2016,盛岡,2016.7.10
  101. 平田幸一(座長),永島隆秀(司会):Neurology Conference in Tochigi, 宇都宮,2016.7.13
  102. 大島佳保里,村江行忠,辰元宗人,平田幸一,尾田恵,望月悦子:地域・季節の違いが睡眠に与える影響に関する分析.第49回照明学会全国大会,東京,2016.8.31
  103. 尾田恵,辰元宗人,平田幸一:片頭痛の光過敏に配慮した照明器具の開発.第49回照明学会全国大会,東京,2016.9.1
  104. 福永真哉,宮崎有希,堀井彩加,森本結子,服部文忠:重度吃音者の発話症状と随伴症状分析による心理症状評価の試み-吃音検査法を用いた分析-.第4回日本吃音・流暢性障害学会,所沢,2016.9.2
  105. 平田幸一(座長):Migraine Clinical Speakers Seminar 2016,東京,2016.9.3
  106. 辰元宗人:ワークショップ,リーダー.Migraine Clinical Speakers Seminar 2016,東京,2016.9.3
  107. 渡邉由佳,竹内丙午,鈴木圭輔,鈴木正徳,眞島雄一,小川朋子,平田幸一:抗肝炎治療により薬剤性パーキンソン症候群を呈した1例.第626回日本内科学会関東地方会,東京,2016.9.10
  108. 平田幸一(座長):講演2.Neurology Conference in Tochigi,宇都宮,2016.9.14
  109. 平田幸一(座長):特別講演. Dokkyo General Medicine Forum,宇都宮,2016.9.20
  110. 平田幸一(座長): Dokkyo Medical University STROKE CONFERENCE,壬生,2016.9.28
  111. 門脇太郎(座長),藤田裕明:一般演題 パーキンソン病におけるMIBGと嗅覚の関係.ハッピーフェイスセミナー in 宇都宮,宇都宮,2016.9.29
  112. 鈴木圭輔(座長):特別講演.ハッピーフェイスセミナー in 宇都宮,宇都宮,2016.9.29
  113. 星山栄成,城島輝雄,永島隆秀,菊地研,麻生好正,平田幸一:一般口演 新しい内科専門医プログラムの取り組みについて.平成28年度獨協医科大学教育セミナー,壬生,2016.10.1
  114. 君田祥一,須藤誠,飯塚裕介,鎌田春香,佐藤由佳,田村由馬,安隆則,西平崇人,渡邉由佳:脳血管疾患リハビリテーション部門立ち上げから現在までの取組み.平成28年度獨協医科大学教育セミナー,壬生,2016.10.1
  115. 平田幸一,永島隆秀:指定演題 企画セッション3 てんかんをもつ女性の周産期のケア.第50回日本てんかん学会,静岡,2016.10.7
  116. 永島隆秀,鈴木綾乃,齋木美佳,西平崇人,定翼,門脇太郎,平田幸一:一般口演 てんかん重積から広汎な脳卒中様発作を発症し、水頭症を合併して致命的転帰をたどったMELASの一例.第50回日本てんかん学会,静岡,2016.10.7
  117. 三村悠,浅原大典,浅川洋平,伊澤直樹,五十棲一男,小松本悟:虚血性脳卒中を契機に真性赤血球増多症が診断された1例.第627回日本内科学会関東地方会,東京,2016.10.8
  118. 平田幸一(座長):特別講演.Tochigi Stroke Conference, 宇都宮,2016.10.11
  119. 竹川英宏(座長):シンポジウム3.第19回日本栓子検出と治療学会,神戸,2016.10.14
  120. 西平崇人,竹川英宏,鈴木圭輔,浅川洋平,岩崎晶夫,鈴木綾乃,塚原由佳,日高有司,平田幸一:一般演題 中枢感染症を合併したLemierre症候群の1例.第19回日本栓子検出と治療学会,神戸,2016.10.14
  121. 飯塚賢太郎,鈴木綾乃,竹川英宏,五十嵐晴紀,塚原由佳,岡村穏,西平崇人,岩崎晶夫,鈴木圭輔,平田幸一:ポスター 皮質枝領域を回避した心肺蘇生後内頸動脈閉塞による心原性脳塞栓症の一例.第19回日本栓子検出と治療学会,神戸,2016.10.14
  122. 五十嵐晴紀,岡村穏,鈴木圭輔,竹川英宏,岩崎晶夫,鈴木綾乃,塚原由佳,飯塚賢太郎,平田幸一:ポスター 潰瘍を伴う頸動脈粥腫病変と肺癌を有する脳梗塞の一例.第19回日本栓子検出と治療学会,神戸,2016.10.14
  123. Suzuki K : Pre-Evening Seminar Prevalence and characteristics of primary headache in patients with narcolepsy and idiopathic hypersomnia. 第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.20
  124. 高嶋良太郎,田中秀明,渡邉由佳,平田幸一:一般口演 片頭痛患者における高周波数閃光刺激での脳波光駆動Migraineur's photic driving response at high frequency flash stimulation in EEG.第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.21
  125. 辰元宗人,石川智治,橘篤導,三井実,上田秀一,平田幸一:一般口演 片頭痛患者に対する音刺激による快・不快と脳活動の関連性Relation between pleasant/unpleasant emotions with sound stimulation and the brain activity with migraine patients.第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.21
  126. 渡邉由佳,田中秀明,高嶋良太郎,西平崇人,山本真也,ロベルト パスカルマルキー,平田幸一:一般口演 片頭痛の高次脳機能に与える背景因子の評価-脳波解析を用いた検討- Evaluation of cognitive functions in migraine patients by using sLORETA.第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.21
  127. 岩崎晶夫,竹川英宏,鈴木圭輔,鈴木綾乃,高嶋良太郎,鈴木紫布,平田幸一:一般口演 当院における片頭痛患者の卵円孔開存の頻度と大脳白質病変に関する検討 Prevalence of patent foramen ovale and brain white matter lesions in migraine patients: A single center study.第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.21
  128. 平田幸一(座長):ランチョンセミナー3.第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.21
  129. 平田幸一:イブニングセミナー3 睡眠と頭痛 Sleep and headaches.第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.21
  130. 高木健治,川上俊幸,野島逸,菱田良平,山崎薫:一般口演 感冒を契機に始まった群発期について The characteristics of the cluster period induced by a common cold.第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.21
  131. 平田幸一(シンポジスト):ICHD-3 betaにおける緊張型頭痛(TTH)の診断及び分類への取り組みと今後 Diagnosis for TTH using ICHD-3 beta. Are there many improvements over ICHD-II ? 第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.22
  132. 高嶋良太郎(シンポジスト),竹川英宏,鈴木紫布,鈴木圭輔,星山栄成,辰元宗人,平田幸一:脳静脈洞血栓症の診断と治療 Diagnosis and management of cerebral venous thrombosis. 第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.22
  133. 平田幸一(座長):シンポジウム8.第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.22
  134. 鈴木圭輔(シンポジスト),宮本雅之,宮本智之,平田幸一:睡眠時無呼吸性頭痛の診断と病態 Diagnosis and mechanism of sleep apnoea headache.第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.22
  135. 宮本雅之(シンポジスト):睡眠関連頭痛 Sleep related headache.第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.22
  136. 尾田恵,辰元宗人,平田幸一:一般口演 片頭痛の光過敏に配慮した照明器具の開発 Development of lighting equipment in consideration for migraine headache due photophobia.第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.22
  137. 山川昌彦,橘篤導,辰元宗人,岡嶋克典,上田秀一,平田幸一:一般口演 ipRGCの片頭痛への寄与:fNIRSによる検証 Contribution of ipRGC to the migraine : validation by fNIRS.第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.22
  138. 星山栄成,辰元宗人,竹川英宏,鈴木圭輔,門脇太郎,鈴木紫布,高嶋良太郎,和氣晃司,小野一之,平田幸一:一般口演 ドクターヘリと頭痛 Helicopter emergency medical service and headache.第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.22
  139. 門脇太郎,鈴木綾乃,齋木美佳,西平崇人,定翼,永島隆秀,平田幸一:一般口演 側頭動脈炎が疑われた静脈洞血栓症の66歳男性例 Venous sinus thrombosis in a 66-year-old man who suspected temporal arteritis.第44回日本頭痛学会,京都,2016.10.22
  140. 國分則人:一般演題 AGRN遺伝子変異を伴う先天性筋無力症候群.第15回関東甲信越重症筋無力症研究会,東京,2016.10.22
  141. 平田幸一(座長): Headache Master School Japan (HMSJ) Osaka 2016,大阪,2016.10.23
  142. 竹川英宏:講習会 脳神経 脳血管障害における超音波検査〜頸動脈エコーを中心に〜,日本超音波医学会第28回関東甲信越地方会学術集会,東京,2016.10.23
  143. 鈴木圭輔:Case Presentation 4 Diagnosis and management of sleep apnea headache. Headache Master School Japan (HMSJ) Osaka 2016,大阪,2016.10.23
  144. 国分則人:教育講演 7 GBS/CIDP の電気診断.第46回日本臨床神経生理学会,郡山,2016.10.27
  145. 平田幸一:時実レクチャー 私と臨床神経生理.第46回日本臨床神経生理学会,郡山,2016.10.28
  146. 平田幸一(座長):シンポジウム 13 睡眠関連.第46回日本臨床神経生理学会,郡山,2016.10.28
  147. 国分則人(座長):神経伝導検査 3.第46回日本臨床神経生理学会,郡山,2016.10.28
  148. 国分則人,永島隆秀,舩越慶,駒ヶ嶺朋子,平田幸一,結城伸泰:一般口演CIDP の自己抗体と電気生理学的所見.第46回日本臨床神経生理学会,郡山,2016.10.286
  149. 渡邉由佳(シンポジスト),田中秀明,高嶋良太郎,Robert D Pascual-Marqi,西平崇人,山本真也,定翼,平田幸一:シンポジウム 10 片頭痛の高次脳機能に与える背景因子の評価 -sLORETA を用いた検討 -.第46回日本臨床神経生理学会,郡山,2016.10.28
  150. 竹川英宏:<メディカルスタッフレクチャー 2>脳梗塞の病態と看護.第34回日本神経治療学会,米子,2016.11.3
  151. 竹川英宏:<ランチョンセミナー6>心房細動の現状と評価‐実臨床データを含めた最近の話題‐.第34回日本神経治療学会,米子,2016.11.3
  152. 平田幸一(座長):シンポジウム7 日内リズムによる問題症状とその対応.第34回日本神経治療学会,米子,2016.11.5
  153. 平田幸一:<マラソンレクチャー 11>レストレスレッグス症候群.第34回日本神経治療学会,米子,2016.11.5
  154. 内山智之:<ランチョンセミナー13>パーキンソン病における消化管障害 上部および下部消化管障害について.第34回日本神経治療学会,米子,2016.11.5
  155. 高木健治,川上俊幸,野島逸,菱田良平,山﨑薫:ポスター Perampanelには片頭痛予防効果があるか? 第34回日本神経治療学会,米子,2016.11.3
  156. 辰元宗人,尾田恵,平田幸一:ポスター 片頭痛の光過敏に配慮した照明器具の開発.第34回日本神経治療学会,米子,2016.11.3
  157. 門脇太郎,星山栄成,中村新,鈴木圭輔,平田幸一:ポスター STN-DBS後に性欲亢進が出現し、バルプロ酸で症状が改善したパーキンソン病症例.第34回日本神経治療学会,米子,2016.11.4
  158. 齋木美佳,堀江淳一,門脇太郎,鈴木圭輔,平田幸一:ポスター ステロイドが有効であった眼窩炎症性疾患と肥厚性硬膜炎の合併例.第34回日本神経治療学会,米子,2016.11.4
  159. 堀江淳一,鈴木圭輔,永島隆秀,宮本雅之,宮本智之,神林崇,平田幸一:ポスター 視床下部・下垂体病変により日中の過眠と中枢性尿崩症を呈した全身性エリテマトーデスの1例.第34回日本神経治療学会,米子,2016.11.4
  160. 内山智之,内山達也,鈴木圭輔,門脇太郎,藤田裕明,榊原隆次,桑原聡,平田幸一:一般口演 重症筋無力症の過活動膀胱に対するミラベグロンの効果に関する探索的検討.第34回日本神経治療学会,米子,2016.11.5
  161. 岡村穏,岩崎晶夫,塚原由佳,鈴木圭輔,竹川英宏,平田幸一:ポスター 片側下肢優位の舞踏様運動を呈し、頸動脈ステント留置術で改善した右内頸動脈狭窄症の1例.第34回日本神経治療学会,米子,2016.11.4
  162. 鈴木圭輔,宮本雅之,永島隆秀,駒ヶ嶺朋子,高橋利幸,中島一郎,神林崇,平田幸一:ポスター 両側視床下部病変により急性期に過眠、肥満、低体温を呈したNMO関連疾患患者の経過.第34回日本神経治療学会,米子,2016.11.5
  163. 浅原大典,浅川洋平,伊澤直樹,五十棲一男,小松本悟:ポスター 治療抵抗性抗muscle specific kinase (MusK) 抗体陽性重症筋無力症にRituximab投与が有効であった1例.第34回日本神経治療学会,米子,2016.11.5
  164. 内山智之(座長):シンポジウム8.第69回日本自律神経学会,熊本,2016.11.11
  165. 松原健朗,鈴木圭輔,藤田裕明,沼尾文香,渡邉悠児,内山智之,宮本雅之,宮本智之,門脇太郎,平田幸一:一般口演 パーキンソン病関連疾患の未治療例におけるMIBG心筋シンチグラフィーと嗅覚検査の関連性.第69回日本自律神経学会,熊本,2016.11.11
  166. 内山智之(座長),山本達也,鈴木圭輔,門脇太郎,沼尾文香,藤田裕明,渡邉悠児,宮本雅之,加賀勘家,山西友典,榊原隆次,桑原聡,平田幸一:仙髄神経根磁気刺激による膀胱支配神経遠心路の評価を用いた多系統萎縮症とパーキンソン病の鑑別.第69回日本自律神経学会,熊本,2016.11.11
  167. 伊澤直樹(座長):一般演題 神経.第628回日本内科学会関東地方会,東京,2016.11.12
  168. 高嶋良太郎,田中秀明,渡邉由佳,平田幸一:一般演題 片頭痛患者の高周波数閃光刺激での脳波変化.第19回日本薬物脳波学会,宮古,2016.11.12
  169. 平田幸一(座長):講演②.ビムパット錠新発売講演会in Tochigi,宇都宮,2016.11.14
  170. 平田幸一(座長):特別講演.第11回下野神経疾患研究会,宇都宮,2016.11.17
  171. 国分則人(座長):一般演題.第11回下野神経疾患研究会,宇都宮,2016.11.17
  172. 永島隆秀,國分則人,高嶋良太郎,藤田裕明,駒ヶ嶺朋子,平田幸一:一般演題 反復性のIVIg関連異汗性湿疹に塩化アルミニウム液外用が有用であった多巣性運動ニューロパチーの一例.第11回下野神経疾患研究会,宇都宮,2016.11.17
  173. 平田幸一(座長):特別講演.栃木てんかん学術講演会,宇都宮,2018.11.18
  174. 辰元宗人(シンポジスト):看護師のストレスと癒し~片頭痛患者にアロマセラピー(しょうが芳香蒸留水)を用いて.第14回癒しの環境研究会全国大会,壬生,2016.11.19-20
  175. 辰元宗人,望月悦子,大島佳保里,尾田恵,村江行忠,平田幸一:一般演題 看護師寮における光環境の変更による睡眠の変化.第11回医療の質・安全学会,千葉,2016.11.19-20
  176. 平田幸一(座長):特別講演.栃木てんかん学術講演会,宇都宮,2016.11.18回日本臨床神経生理学会,大阪,2015.11.5
  177. 永島隆秀:一般演題 てんかん重積から全脳浮腫をきたしたMELASの症例報告.栃木てんかん学術講演会,宇都宮,2016.11.18
  178. 飯塚賢太郎:ポスター 頭部MRI拡散強調像において長期間高信号を呈した一例.第56回栃木県総合医学会,宇都宮,2016.11.20
  179. 1平田幸一(座長):ストップNO卒中プロジェクト全国一斉エリア会議,宇都宮,2016.11.29
  180. 竹川英宏(パネリスト):栃木県における脳卒中医療の現状と課題.ストップNO卒中プロジェクト全国一斉エリア会議,宇都宮,2016.11.29
  181. 宮本雅之(座長):一般演題3.第44回獨協医学会,壬生,2016.12.36
  182. 竹川英宏(座長):一般演題5.第44回獨協医学会,壬生,2016.12.3
  183. 宮本雅之,内田幸介,鈴木圭輔,中島逸男,有川拓男,平田幸一,春名眞一,宮本智之:一般演題 レム睡眠行動異常症の1症例における高次脳機能の評価と考察.第44回獨協医学会,壬生,2016.12.3
  184. 宮本智之,小川知宏,横田隆子,赤岩靖久,尾上祐行,滝口義晃,宮本雅之:一般演題 レム睡眠行動異常症におけるパレイドリア反応についての検討.第44回獨協医学会,壬生,2016.12.3
  185. 星山栄成,辰元宗人,大西俊彦,大森達人,神津成紀,鈴木圭輔,竹川英宏,和氣晃司,小野一之,平田幸一:一般演題 ドクターヘリと頭痛.第44回獨協医学会,壬生,2016.12.3
  186. 舩越慶(座長):A-Ⅱ. 第219回日本神経学会関東・甲信越地方会,東京,2016.12.37
  187. 1椎名智彦,松原健朗,沼尾文香,高嶋良太郎,舩越慶,平田幸一:一般演題 HIV治療のみで脳原発悪性リンパ腫の縮小を認めたAIDS患者の43歳男性例.第219回日本神経学会関東・甲信越地方会,東京,2016.12.3
  188. 竹川英宏(座長):特別講演Ⅱ.高齢者のトータルケアを考える会,宇都宮,2016.12.6

「講 演」

  1. 鈴木圭輔:不眠症の診断と治療‐オレキシン受容体拮抗薬の可能性‐.上都賀郡市医師会北部医師団学術講演会,日光,2016.1.12
  2. 竹川英宏:脳卒中治療ガイドライン2015踏まえた脳梗塞治療(ガイドラインとその先へ).下都賀郡市医師会 脳卒中・急性心筋梗塞対策専門研修会,栃木,2016.2.12
  3. 竹川英宏:脳卒中の薬物療法.明治薬科大学同窓会栃木県支部共催セミナー,宇都宮,2016.2.14
  4. 伊藤雅史:超高齢社会における認知症診療に寄り添う.日医生涯教育協力講座セミナー 認知症に寄り添う~地域生活継続可能な社会に向けて~,宇都宮,2016.2.24
  5. 平田幸一:不眠症の診断と最新治療‐オレキシン受容体拮抗薬を含めて‐ 草加八潮医師会学術講演会,草加,2016.4.8
  6. 平田幸一:脳卒中後うつの診断と治療.小松市・加賀市・能美市医師会学術講演会,小松,2016.4.21
  7. 平田幸一:第19回MCNN,東京,2016.4.25
  8. 平田幸一:不眠の診断と治療.芳賀郡市医師会市民公開講座,真岡,2016.6.12
  9. 竹川英宏:頸動脈超音波検査の基礎と実践.第25回栃木超音波研究会,宇都宮,2016.6.17
  10. 竹川英宏:脳卒中治療ガイドライン2015踏まえた脳梗塞治療.第3回両毛地域医療ミーティング,足利,2016.6.23
  11. 国分則人:電気診断から見たGuillain-Barré症候群の病態.臨床神経軽井沢カンファレンス,軽井沢,2016.6.25
  12. 竹川英宏:講演③ 脳卒中の併存疾患と合併症を考える.ストップ!NO卒中プロジェクト第9回エリアエキスパート会議,大阪,2016.6.25
  13. 国分則人:肩甲帯・体幹筋電図,針筋電図検査.第13回神経筋電気診断セミナー,2016. 7. 2-3
  14. 竹川英宏:頸動脈超音波検査の基礎と実践.第51回栃木県獨協医会,宇都宮,2016.7.216
  15. 渡邉由佳:女性の片頭痛.第2回台東・荒川 神経内科疾患懇話会,東京,2016.7.6
  16. 竹川英宏:二次予防における抗凝固薬の役割.エリキュースインターネット講演会,2016.7.11
  17. 平田幸一:神経疾患における睡眠障害.東葛地区神経疾患を考える会,松戸,2016.7.14
  18. 竹川英宏:虚血性脳血管障害の治療~脳卒中ガイドライン2015から~ 佐野市医師会学術講演会,佐野,2016.7.14
  19. 辰元宗人:片頭痛における過敏症(光・音・におい)と対処法 ~アロマセラピーを中心に~ 特定非営利活動法人国際アロマコラージュ療法協会第1回年次大会,宇都宮,2016.7.31.9
  20. 鈴木圭輔:パーキンソン病の睡眠障害‐アデノシン受容体の役割を含めて‐.Neurology Conference in Tochigi,宇都宮,2016.9.14
  21. 平田幸一:神経疾患と脳波検査.第27回日本神経生理検査研究会関東甲信越支部勉強会,東京,2016.9.25
  22. 竹川英宏:脳卒中の二次予防を考える.栃木市医師会例会学術講演会,栃木, 2016.9.27
  23. 平田幸一:不眠症の臨床‐治療の最前線‐.不眠診療セミナー in 足利,足利,2016.9.295
  24. 國分則人:電気診断から見たギラン・バレー症候群.第8回Metropolitan Neuroimmune Network (Menuet) 学術講演会,東京,2016.10.1
  25. 竹川英宏:頸動脈エコーで何を評価するか‐血流波形も重要な評価項目‐.第3回新潟脳神経血管超音波研究会,新潟,2016.10.1
  26. 竹川英宏:脳卒中の二次予防を考える.第94回地域連携学術講演会,前橋,2016.10.5
  27. 舩越慶:CIDPの診断と治療.新上三川病院医療連携懇親会, 上三川,2016.10.13
  28. 竹川英宏:脳血管障害における超音波検査~頸動脈エコーを中心に.第15回日本超音波医学会関東甲信越地方会講習会【脳神経】,東京,2016.10.23
  29. 渡邉由佳:臨床に活かせる認知症診察~心理検査・法律・薬剤~ 上都賀郡市北部医師団学術講演会,日光,2016.11.81
  30. 竹川英宏:虚血性脳卒中の治療‐最近の報告から考えてみる- Advancing Anticoagulation Care Conference in Makuhari,千葉,2016.11.9.21
  31. 竹川英宏:脳卒中診療における原因検索の重要性と合併症について.第4回新潟県エリアセミナー,新潟,2016.11.11
  32. 渡邉由佳:不眠症の最新治療.第5回多施設でつながる地域医療を考える会,日光,2016.11.174
  33. 平田幸一:めまいと片頭痛はどのように関連するのか.第12回栃木県めまい・難聴研究会,宇都宮,2016.11.24
  34. 渡邉由佳:抗認知症薬の使い方のコツ.第2回塩谷郡市病診連携講演会,矢板,2016.11.26
  35. 平田幸一:第3回Chiba Post-Stroke Depression 研究会,千葉,2016.11.30
  36. 竹川英宏:栃木県における脳卒中啓発・医療連携の現状.岩手県エリアセミナー~岩手県の脳卒中予防のために~,盛岡,2016.11.303
  37. 国分則人:神経筋電気診断.平成28年度日本神経学会関東・甲信越地区生涯教育講演,東京,2016.12.4

「報 告」

  1. 平田幸一:頭痛、生活習慣に関する疫学調査.厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 指定難病特発性基底核石灰化症(IBGC)(旧ファール病)研究班班会議,岐阜,2016.2.6
  2. 平田幸一(分担研究者):厚生労働科学研究費補助金 新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業「子宮頸がんワクチンの有効性と安全性の評価に関する疫学研究」平成27年度総括・分担研究報告書,2016年3月

「社会活動・市民公開講座」

  1. 渡邉由佳:地域で見守る認知症~レビー小体型認知症ってなんだろう?~.市民公開講座 地域で見守る認知症,日光,2016.1.9
  2. 永島隆秀:対象疾患; 神経・筋疾患.とちぎ難病相談支援センター医療相談,宇都宮,2016.5.19
  3. 渡邉由佳:認知症を知って予防しよう! 上都賀郡市医師会 市民公開講座2016 もっと知りたい認知症,日光,2016.12.3
  4. 竹川英宏:頸動脈超音波の基礎知識と事例報告.大田原市平成28年度二次健診学習会,大田原,2016.12.9
  5. 渡邉由佳:認知症に寄り添うコツ~地域で見守る、支えること~ 日光市世界アルツハイマーデー2016,日光,2016.12.10

「教育関連」

  1. 星山栄成:獨協医科大学教育セミナー(演者),2016.2.13
  2. 星山栄成:JMECC金沢医大(インストラクター),2016.3.6
  3. 星山栄成:JMECC日内会館(インストラクター),2016.3.21
  4. 星山栄成:函館ISLS(インストラクター),2016.4.23
  5. 星山栄成:JMECC福井済生会(インストラクター),2016.5.22
  6. 星山栄成:看護部主催蘇生講習会(指導者),2016.6.22
  7. 星山栄成: JMECC富山大学(インストラクター),2016.7.10
  8. 星山栄成: JMECC日内会館(インストラクター),2016.8.21
  9. 星山栄成:日本集中治療学会ハンズオン(インストラクター),2016.9.24
  10. 星山栄成:獨協医科大学教育セミナー(演者),2016.10.1
  11. 星山栄成:JMECC富山大学(インストラクター),2016.11.6
  12. 星山栄成:PCASセミナー(インストラクター),2016.12.11
  13. 星山栄成:院内除細動講習会(指導者),2016.12.14
  14. 星山栄成:院内除細動講習会(指導者),2016.12.21

「商標登録」

  1. 辰元宗人,尾田恵:Active Care Lighting, http://sai-interior.co.jp/

「新聞・雑誌」

  1. 平田幸一:慢性頭痛がスッキリ!医者と薬の正しい選び方.週刊文春 6月16日号,p37-40, 2016

「ビデオ・DVD・テレビ・ラジオ・WEB」

  1. 渡邉由佳:高齢化社会における認知症患者数の増加について.RADIO BERRY「教えてドクター」,2016年1月4日
  2. 渡邉由佳:認知症予防と進行を遅らせるための生活指導について.RADIO BERRY「教えてドクター」,2016年1月11日
  3. 渡邉由佳:認知症高齢者の車の運転について.RADIO BERRY「教えてドクター」,2016年1月18日
  4. 渡邉由佳:認知症サロン(介護者サロン)の活用について.RADIO BERRY「教えてドクター」,2016年1月25日
  5. 平田幸一:頭痛で見つかる危険な病気.主治医が見つかる診療所,テレビ東京,2016年4月25日20:00-21:00
  6. 平田幸一:頭痛.バイキング,フジテレビ,2016年6月8日11:55-13:45
  7. 辰元宗人:栃木放送「教えてドクター」片頭痛について,2016.10. 14, 15

「受賞」

  1. Hirata K : ICME President's Award, 2016.8.4
  2. 平田幸一:第6回日本臨床神経生理学会学会賞,2016.10.27
  3. 藤田裕明,鈴木圭輔,沼尾文香,宮本雅之,宮本智之,渡邉悠二:2015年自律神経誌論文賞(52巻「パーキンソン病における血清インスリン様成長因子1と運動および非運動症候との関連」),2016年11月10日
  4. 椎名智彦:レストレスレッグス症候群と脳血管障害との関連.平成28年度獨協医科大学奨励賞,30万円

「科学研究費」

  1. 平田幸一(分担):厚生労働科学研究費 新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業 子宮頸がんワクチンの有効性と安全性の評価に関する疫学研究
  2. 平田幸一(分担):日本医療研究開発機構(AMED)委託費 早期探索的・国際水準臨床研究事業 ギラン・バレー症候群に対するエクリズマブの安全性と有効性を評価する前向き・多施設共同・第Ⅱ相試験
  3. 平田幸一(分担):日本医療研究開発機構研究費 統合医療に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業 薬物乱用頭痛における抑肝散の有効性の検討
  4. 平田幸一(主任):科学研究費助成事業 基盤研究(C)「重度の支障のある難治性片頭痛患者における脳マッピングを用いた中枢感作の病態解明」
  5. 辰元宗人(分担):科学研究費助成事業 基盤研究(C)「地域・季節に配慮した健康照明環境の実設計に向けた提案」
  6. 鈴木圭輔(主任):科学研究費助成事業 若手研究(B)「神経変性疾患における血清インスリン様成長因子1と臨床症候との関連」
 
栃木県下都賀郡壬生町北小林880番地  外来受付電話 0282-87-2198