医学部・大学院教育

医学部教育:

当講座では、主に以下の講義実習を担当しています。

  1. リベラルスタディー(1年生)
    医学研究の入り口として、がん細胞の培養、遺伝子抽出、遺伝子増幅を体験します。
  2. 病理学総論講義・実習(2年生)
    疾患の体系的な理解には病理学総論の学習が不可欠です。疾患は「細胞障害」、「循環障害」、「代謝障害」、「炎症・感染症・免疫」、「腫瘍」、「先天異常」のいずれかに分類されます。このような病態をマスターしていれば、同一の病態であっても臓器毎に疾患名が異なることもあることに気づくでしょう。
  3. 医学研究室配属(1年生~6年生)
    全学年を対象に開講されており、学会に参加したり実際に研究に従事することにより、リサーチマインドが醸成されていきます。このような学生時代の経験は、卒後のリサーチマインド維持、向上に繋がることでしょう。
  4. 症例演習(4年生)
    CBTを控えた座学の総まとめの時期でもあり、国家試験に出題された疾患についての理解を深めます。

大学院教育:

病理学講座に入学した大学院生は、全大学院生を対象とした講義を受ける他に、病理学講座独自の講義を受講して必要な単位を取得します。また当講座に所属する教員から研究指導を受け、学位論文を作成します。

[基礎研究医育成活性化プログラム(病理専門医資格を担保した基礎研究医育成プログラム)]について

平成29年度から5年間にわたり、本学病理学部門(病理学、病理診断学)は文部科学省基礎研究医育成活性化プログラムに採択されました。このプログラムは「病理専門医資格を担保した基礎研究医育成プログラム」となっており、本学病理学講座、病理診断学講座のみならず、病理系以外の基礎医学講座、及び他大学(筑波大学、自治医科大学)の基礎医学講座が連携して基礎研究医を養成することを目的としており、研究を行う場所として病理系講座あるいは3大学の基礎医学講座を選択することが可能です。[ご挨拶]の項でも述べましたが、質の高い病理学研究の遂行には病理診断トレーニングが必要不可欠であり、また病理診断に携わる医師は全国的に極度に不足しているため、病理学のエキスパートを目指す大学院生は、後期研修先に病理診断科を選択し後期研修医と大学院生を兼ねることにより、最短で病理専門医と医学博士号を取得されることが望まれます。

本学病理学部門では、大学院生用に病理学講座と今井康雄主任教授の主宰する病理診断学講座が連携した形での大学院カリキュラムを新たに作成しましたので、詳しくは大学院入試要項をご覧いただき、お気軽にご相談ください。