医局員募集

入局希望者の方へ

とちぎ子ども医療センター

 初期研修が終わったあとは小児科医を目指そうか…、などと考え始めている初期研修中の若い先生方。あるいは、すでに小児科医としてのキャリアは中堅であるが新天地での小児医療を目指そうと考えておられる先生方。あるいは、故郷の栃木に戻って小児科医を続けようかと考えている先生方へ。

 獨協医科大学には、平成16年に県の補助を受けて”獨協医科大学とちぎ子ども医療センター(77床)”が開院しました。当センターの使命は、多様な小児疾患に幅広く対応できる体制を維持しつつ、高度専門医療を担っていくことにあります。胎児から成人に至るまでの成育医療を実践するために、総合周産期母子医療センター(39床)や大学病院各部門との緊密な協力体制を築くことにより、総合的、先進的な医療を提供しています。重症疾患に対する三次救急医療機能も、大学救命救急センターと連携することにより対応しています。このように”獨協医科大学とちぎ子ども医療センター”は、これから小児医療を経験し、小児科を学ぼうとしている方々にとって、最適な研修環境であります。

入局・研修に関するお問い合わせは下記まで遠慮なくお寄せ下さい。


お問い合わせ先

〒321-0293
栃木県下都賀郡壬生町北小林880
獨協医科大学病院 小児科
電話:0282-86-1111(代表) 0282-87-2155(直通)  ※直通は平日午後のみ
FAX:0282-86-7521 (小児科医局)
Mail:dokkyomed.pediatrics@gmail.com (医局代表)

獨協医科大学小児科組織図

獨協医科大学小児科組織図 図表

入局後の進路の例

入局後の進路の例 図表

小児科専門研修プログラムの概要

研修風景

応募書類受付について

募集定員:7名
1次募集:平成29年10月10日(火)〜平成29年11月15日(水)
2次募集:平成29年12月16日(土)〜平成30年1月15日(月)
 ※2次募集は募集定員に空席がある場合のみ実施します。
 ※3次募集は原則実施しません。
選考方法:書類選考および面接(必要があれば学科試験)
申請書は、獨協医科大学病院臨床研修センターのウェブサイト(http://www.dokkyomed.ac.jp/hosp-m/bosyu/357.html)よりタウンロードして下さい。
※この専門研修プログラムは、日本専門医機構による二次審査で承認されたものです。

小児科専門研修プログラム(PDF、6.6MB)

レジデント募集

研修風景

 当小児科には、アレルギー、呼吸器、血液・腫瘍、神経、精神、内分泌・代謝、腎、感染症、膠原病、免疫、循環器、新生児の各専門グループがあります。病棟はとちぎ子ども医療センター内に77床、さらに栃木周産期医療センター内に新生児部門(NICU)39床があり、高度な新生児医療を行なっています。また、小児外科を初めとした他科と協力して日々の診療を行っています。

レジデント(後期臨床研修)

医師になって3年目の研修は、小児科に所属し、小児科医としての本格的な診療が始まります。他大学出身の方でも一緒に小児医療に従事してくださる方は大歓迎です。他大学だからといった心配は無用です。また、大学病院以外の関連病院での研修も可能です。また、週一回の定期パート、不定期パート、不定期当直パートなどもあります。少子化の時代であっても、小児医療の期待は大きく多く、さらにはより良い医療が望まれています。皆さんが一人でも多く小児科医になって、小児医療の向上のために一緒に働いていただけることを望んでいます。

レジデント(後期臨床研修)

研修終了後

医師になって、5年目、この頃には自分の小児科医としての目標が決まっているかもしれません。幅広く小児科の知識を深め地域の小児科医療の向上を目指す方、興味ある分野で研究を続け博士号の取得を目指す方、あるいは国内外に留学する方、など様々な方向があると思います。可能な限り、私たちは皆さんの希望がかなうようサポートいたします。さらに、大学では、女性医師再就職支援事業の制度もあります。23年4月には、病院敷地内により充実した保育所も開設されます。

研修終了後

女性医師募集

各医療機関に於いて女性医師の有効な活用は極めて重要なテーマであり、特に小児科においては女性医師が医療現場の第一線から離れていくことを防ぐために何をすればよいかが緊急の課題です。小児科学会が行ったアンケートからは、充実した仕事を続ける上で支障となるものとして、妊娠・出産と育児が大きな比率を占めております。これ等の点につき当科で行っている対応策を紹介して、当科は女性医師にとって働きやすい環境であることをアピールしたいと思います。

女性医師

産休制度
産前6週間、産後8週間の休暇が保証されております。この間は8割の給与が保証されております。
産休後の制度
産休後直ちに職場に復帰する場合は給与が全額保証され、当直等の業務は本人の事情が考慮されて免除となることもあります。他に「子を養育する医師の勤務の特例措置」として、1週間20時間の勤務で給与が5割保証される制度もあります。なお、育児休暇は1年間で、この間は3割の給与が保証されております。
託児所
平成23年4月から長時間の延長保育可能なステラ獨協前保育園が開園します。午後9時~午前7時までの長時間延長保育も可能です。
勤務時間
平日は午前9時~午後5時、土曜日は午前9時~午後3時で、その後の仕事は当直医に引き継ぐために、時間外の勤務はありません。
また、当直明けは基本的に午前中で勤務終了となります。

託児所

当科では医局員35名中11名が女性医師で、この内4名が子育て中です。
このような環境のもとで、小児科をより深く研鑽しようという意欲のある女性医師の参加を期待します。

先輩の声

  • 子育てに理解のある先輩方、同期に囲まれ無理なく続けられています。 子育てに理解のある先輩方、同期に囲まれ無理なく続けられています。

    山口 綾  先生

    山口 綾先生
    (2009年 獨協医科大学卒)

    2011年 入局

    子育てをしながら臨床経験が積めるのかという不安があるまま入局しましたが、当直を減らす代わりに午後の予約外外来を担当するなど配慮していただき、common diseaseから稀な疾患まで様々な症例を経験させていただいています。
    3人目出産後は時短勤務で復帰し、子育てに理解のある先輩方、同期に囲まれ無理なく続けられています。専門医試験を控えており、不安はありますが頑張りたいと思います。

    略歴

    2011年
    獨協医科大学小児科 入局
    2014年6月
    ~2015年1月
    産休・育休
    2015年2月~
    女性医師支援体制(時短勤務)で復帰
  • 小児科医を目指す皆さんに、ぜひこの素晴らしい環境を見に来ていただけたらと思っています。 小児科医を目指す皆さんに、ぜひこの素晴らしい環境を見に来ていただけたらと思っています。

    梶谷 さゆり  先生

    梶谷 さゆり先生
    (2015年 獨協医科大学卒)

    2017年 入局

    小児科を選んだのはなぜですか?

    もともと学生時代に子供が好きで小児科は魅力的な科だと思っていましたが、好きなだけでなれるものなのか不安や疑問はありました。2年間の初期研修を経て、未来ある子供達の笑顔と命を守る小児科医という仕事がどれだけ尊いものかという事、そして自分の医師としての人生をかけるだけのやりがいのある仕事だと改めて実感し小児科を選択しました。

    職場の環境はどうですか?

    各分野にスペシャリストがおり、直接熱心な指導を受けることができます。また、高度医療を行う特定機能病院でありながら地域医療を担う中核病院でもあるため、頻度の高い疾患から稀な疾患まで様々な症例を経験でき、レジデントとして確実に力をつける事ができる、バランスのとれた環境であると感じます。
    仕事と家庭の両立については、主治医制でありますが、同時にチームも編成しており、お互いに助け合う環境にあります。子育て支援制度も充実しており、実際に何人もの女性医師が子育てをしながらキャリアを積まれています。

    小児科医を目指す方へ一言お願いします

    私が安心して入局を決められたのは、初期研修医として働き、キャリアを積みながら安心して働ける環境だと実感したからです。小児科医を目指す皆さんに、ぜひこの素晴らしい環境を見に来ていただけたらと思っています。

  • ぜひ一か月間だけでもよいので研修して、小児科の雰囲気を味わってください。 ぜひ一か月間だけでもよいので研修して、小児科の雰囲気を味わってください。

    鷹木 雄飛  先生

    鷹木 雄飛先生
    (2015年 獨協医科大学卒)

    2017年 入局

    獨協医科大学小児科を選んだのはなぜですか?

    獨協小児科の特徴として、専門にとらわれず様々な疾患をバランスよく受け持つことができます。もちろん、各分野のスペシャリストもそろっており、勉強するのには最適な環境だと思い、母校でもある獨協医科大学小児科を選択しました。

    職場の環境はどうですか?

    病棟は若い先生方が多いのでアットホームな雰囲気で仕事がしやすい環境です。質問もしやすく、小児科の先生はみな優しい人ばかりですね!

    やりがいを感じるときはどんな時ですか?

    採血等をするときに大泣きされて暴れられるとだいぶ困りますが、終わった後に患者さんの口から「ありがとう」と言われたり、ぐったりしていた赤ちゃんが笑顔を見せられるまで元気になった時は、この仕事を選んでよかったなと感じます。

    小児科医を目指す方へ一言お願いします

    どの科へ行っても子どもとは出会うと思うので、小児科を考えていない人もぜひ一か月間だけでもよいので研修して、小児科の雰囲気を味わってください。小児科だからこそ学べる事がたくさんあると思います。

  • 困難な疾患と向き合っている親子に寄り添う時ほど、医師として努力をしたいと感じられます。 困難な疾患と向き合っている親子に寄り添う時ほど、医師として努力をしたいと感じられます。

    中山 幸量  先生

    中山 幸量先生
    (2015年 獨協医科大学卒)

    2017年 入局

    小児科を選んだのはなぜですか?

    小さいときに喘息でお世話になった小児科の先生に憧れを持ち、医学部に入ってからも興味がありました。他の科とも迷いましたが、職場の環境や小児科医としてのやりがいを考え入局を決めました。

    職場の環境はどうですか?

    学生の実習で見た時は、他科に比べてカンファレンスがアカデミックで様々な専門分野の先生同士で活発な議論をする様子にとても緊張しました。小児科は総合診療と各専門分野の知識、急性期と慢性期どちらも包含した視点を持つことが求められる「子どもの為の医者」だと思っております。当科に来院する患者さんの中には診断と治療が難しい方もいます。
    その中で責任を持って診療にあたる先生が多いことを感じました。また、グループ内の先生同士お互いの患者に気を配り、当直翌日の午後は安心して休みを取れるようになっています。
    学会発表も積極的に行っており、実習中の学生に教える機会があることも大学病院ならではです。

    やりがいを感じるときはどんな時ですか?

    辛そうにしていた子どもと不安に感じていた親御さんが、元気に笑顔で帰宅していく時が一番嬉しく思います。また、困難な疾患と向き合っている親子に寄り添う時ほど、医師として努力をしたいと感じられます。

    小児科医を目指す方へ一言お願いします

    小児科に興味のある学生の方、研修医の方はぜひ一度見に来て下さい。諸手を挙げて歓迎いたします!

  • 子供と接することが嫌いではない方は、個人的にはそれだけでも素晴らしい小児科医としてのアビリティかと思います。 子供と接することが嫌いではない方は、個人的にはそれだけでも素晴らしい小児科医としてのアビリティかと思います。

    高岩 由哉  先生

    高岩 由哉先生
    (2015年 獨協医科大学卒)

    2017年 入局

    小児科を選んだのはなぜですか?

    小児科の良い所として、子どもの総合医と言われながらも、サブスペシャルティをもつことで将来のビジョンが無限に広がることがあります。また、経過を追うことで長く患者さんと付き合っていけることなども挙げられます。侵襲的な検査や治療を受ける子供の姿は痛ましいと思いますが、子供がかわいいからこそ選んだ道だと思います。また、栃木県は小児科医が不足傾向であり、地域医療に貢献したいという思いもあって小児科を選択しました。

    職場の環境はどうですか?

    先生方からは、カンファレンスや日常診療に際して的確な指摘を頂けますし、こちらから質問しやすい雰囲気だと思います。看護師や保育士、臨床心理士の方々との情報共有を密にできていることも、重要かと思います。

    やりがいを感じるときはどんな時ですか?

    小児科医への想いをさらに強めたのは、研修医で小児科をローテーション中に、心肺停止で低体温療法を行った患児が回復したのを目の当たりにしたことでした。今でもその親子から笑顔と感謝の言葉を頂いたことは忘れられません。バイバイしながら退院していく子どもを見れば、気苦労が無くなってしまうような気がします。

    小児科医を目指す方へ一言お願いします

    子供と接することが嫌いではない方は、個人的にはそれだけでも素晴らしい小児科医としてのアビリティかと思います。
    少子化を食い止める一助となるべく、小児科の道を選んでもらえたら嬉しいです。

認定施設一覧

  • 日本小児科学会 小児科専門医研修支援施設
  • 日本アレルギー学会 認定教育施設
  • 日本小児血液・がん 専門医研修施設
  • 日本内分泌学会 認定教育施設
  • 日本肥満学会認定 肥満症専門病院
  • 小児神経専門医 研修認定施設
  • 日本てんかん学会 認定臨床研修施設
  • 日本感染症学会 研修認定施設
  • 日本小児感染症学会 教育研修プログラム施設
  • 日本周産期・新生児医学会 暫定研修施設(基幹研修施設)
  • 臨床遺伝専門医 研修認定施設
  • 造血幹細胞移植 認定施設
  • 日本循環器学会認定 循環器専門医研修施設

Facebookもぜひご覧ください。

ページトップへもどる