専門別紹介

小児アレルギー・呼吸器・免疫疾患

主に吉原、福島、福田、中山(産休中)、加藤、安藤、宮本らが気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎を中心としたアレルギー・呼吸器・免疫疾患と、低出生体重児に合併する慢性肺疾患などの小児特有の呼吸器疾患の治療を行っています。

気管支喘息や食物アレルギーなどのアレルギー疾患は近年増加の一途を辿っています。当教室は、治療バイブルである『小児気管支喘息治療・管理ガイドライン』および『食物アレルギー診療ガイドライン』の作成にも関与しており、最先端の治療を行う栃木県唯一の小児アレルギー認定施設です。他施設と共同で、アレルギー疾患の病因解明のための遺伝子検索や、食物アレルギーに対する経口免疫療法などの先進的研究を行っており、小児アレルギー疾患の治療と研究のメッカとなっています。また、最近では学会主導の『小児咳嗽診療ガイドライン』の作成にも中心的な役割を果たしており、長引く咳(慢性咳嗽)にお困りの紹介患者様に対し、科学的な根拠に基づいた実践的な治療を行っております。

他にも、アレルギー疾患児の治療の一環として「アレルギーサマーキャンプ(喘息サマーキャンプから名称変更;平成28年で通算27回目)」を、食物アレルギーの患児とそのご家族を対象に「食物アレルギー教室」を毎年開催し、ご好評を頂いております。

これからも栃木県内外全ての紹介患者様に対し最新の科学的根拠に基づいた医療を行い、また、最先端の治療の発信源となれるようグループ一同、精進する所存でおります。

食物アレルギー教室

▲ 食物アレルギー教室

アレルギーサマーキャンプ

▲ アレルギーサマーキャンプ

  • 写真は、個人情報保護のため一部加工しております。

ページトップへもどる