専門別紹介

小児循環器疾患

当院ではお子様および成人なった患者様の心臓病を迅速,正確かつ非侵襲的に早期診断したいと考えております.外来では井上および坪井を中心に初期診断をしております。

乳幼児期に多い疾患は川崎病です.川崎病に関しては夜間救急診療を積極におこなっており4日以上の発熱がある乳幼児の方を診察し早期診断・加療しております.適切な治療をして副作用も最小限にとどめるよう日々務めておりますが,冠動脈拡張病変を合併する可能性が高い症例はインフリキシマブ,シクロスポリン持続静注療法を施行しております。

新生児においては、当院産科医師宮下先生が胎児心臓超音波検査をしており,診断後は治療計画をカンファレンスで検討し,御両親と相談して出産の計画を立てております.出生後診断された先天性心疾患の方は心室中隔欠損症,心房中隔欠損症,動脈管開存症の頻度が多く経過観察となりますが,長期的には血行動態の評価が必要なため放射線被爆のない心臓核磁気共鳴画像(MRI)を用いて評価しております.いくつかの非侵襲的な検査を踏まえて治療適応がある場合は検査のリスクを説明して心臓CT検査,心臓カテーテル検査を実施しております.新生児期に手術適応がある場合は自治医科大学病院や希望の病院へ紹介して,就学以降まで待てる方は待機的に当院心臓血管外科で福田先生,小川先生に相談し手術を検討しております。

病棟業務などは宮本,有賀,石井,國分が担当し,小児の不整脈に対して薬物療法でコントロールできない方,治療の希望がある方は内科不整脈専門医師とともに宮本がカテーテル治療をしております.また動悸,胸痛,失神などの学童期にてんかんや不定愁訴ととらわれがちな数ヶ月に数回の発作が継続して認められる学童には体外式ループレコーダーや植込み式ループレコーダ―を施行して積極的に不整脈疾患を否定するように努めております。

成人の方は,当院ハートセンターのカンファレンスに提示し内科へ紹介しておりますが,ご希望の方は成人以降も小児科で主に宮本が経過観察しております。

至らない点も多くあると思いますが,患児および御両親へ最善の心臓疾患,不整脈疾患,川崎病の早期診断・適切な治療方法の提示をしていきたいと思っております。

外来担当

予約外
外来
(宮本)
坪井(龍)
先生
心臓外来
心エコー図
検査
宮本外来
トレッド
ミル
外来
(宮本,
有賀,
石井)
EPS
カテーテル
アブレーション
心臓外来
(井上,
宮本,
有賀)
心臓
カテーテル
検査

ページトップへもどる