ご挨拶 Greeting

下田 和孝

獨協医科大学 精神神経医学講座 主任教授 下田 和孝

科学技術の進歩や、経済のグローバル化に伴う地球環境の破壊社会生活における不安要因の増加などにより、 人々の 精神生活は極めて不安定な状況のもとにおかれています。このような時代であるからこそ人間味あふれ、biopsycho-socialな視点を備えた精神科医の育成を目指し、地域の精神医療に携わる人々と手を組んで、最大限の努力を続けていくことが我々、精神科医に課せられた責務であると考えます。
我々、精神科医が扱う精神疾患は、統合失調症、気分障害、認知症、不安障害、睡眠障害、発達障害など多種多様です。かつ、その原因が未解明で、著しく生活の質(quality of life)を低下させます。我々、精神科医に対するニーズは多様化しており、身体医学との緊密な連携の下に提供することが必要になっています。

精神疾患の発生メカニズムや回復の機序の解明、診断および治療技術を向上させるための研究も我々、精神神経医学講座の重要な使命ですが、精神疾患の根本的原因の解明には至っておらず、治療においても課題が山積しています。つまり、我々、精神科医が日常の精神科臨床で遭遇する問題にこそ、患者さんやご家族に役立つような研究課題があると考えています。ゲノム解析、PET scanやfunctional MRIなどの画像技術を活用した研究が盛んに行われていますが、こういったハイテク技術に振り回されないようにうまく利用しつつ、成果を地道に積み重ねて行くことが当講座のモットーです。

精神医学は社会との密接なつながりの中で医療を実践できる社会的にも大変な重要な領域です。精神科医としての「生きがい」「やりたいこと」は大学精神医学講座の役割の3本柱である「臨床」「研究」「教育」に従事する中で必ずみつかります。

我々、獨協医科大学精神神経医学講座は“Door is always open” です。
気軽にノックしてみてください。


上へ戻る