1. HOME
  2. 教育内容

教育内容

公衆衛生学教育を通じて「人々から信頼される人間」を育成します!

当講座では獨協医科大学の教育基本理念である「広く社会一般の人々から信頼される医師を育成すること」に則り、「公衆衛生学教育を通じて『人々から信頼される人間を育成すること』」を教育基本理念とし、以下の3つの教育目標のもとに教育を行います。

担当している講義・実習

1.予防医学への招待(1年次・自由選択科目・栃木コンソーシアム公開講義)

すべての人々が心身ともに健康で充実した人生を送ることは人類共通の願いである。そのためには、病気になる前、あるいは病気になった後であっても、日常生活の段階から病気を予防し健康を増進するための努力が、立場や世代を問わずに求められる。「予防医学」「健康増進医学」、そしてその基盤となる「疫学研究」の基本を学ぶことは、これから社会人として自分と周囲の人々の健康を考えながら、より良い人生を歩もうとするすべての人々にとって重要である。この講義では、まだ医学を学んでいない学生にも十分に理解できるように、出来るだけわかりやすく解説することで、基本事項の十分な理解と、健康への興味に繋げることを目標とする。

2.臨床疫学(3年次・講義)

人の集団を扱う疫学は、公衆衛生学の基礎科学であると同時に、臨床医学における診断と治療の「根拠(evidence)」を明らかにするための臨床疫学研究の基盤となるものである。疫学は、臨床研究及び公衆衛生分野の研究を目指す場合に、独力で研究の発案、遂行、解析ができるようになるための基本的な素養である一方、臨床疫学の成果を用いるEvidence-Based Medicine(EBM)の技法は、臨床専門医にとってはもちろん、地域医療を担う総合診療医師にとっても必ず身につけておかねばならないものである。本講義で扱う内容は、学生諸君が将来どのような領域に進んでも必要となる貴重な知識と技術である。

3.公衆衛生学(4年次・講義)

公衆衛生学は,患者1人ひとりの病気の診断と治療を課題とする臨床医学とは異なり,組織化された社会的活動により,主に集団レベルで疾病の予防を課題とする。問題を単に個人的な問題としてではなく,個人を取り巻く環境・社会との関連において考え,社会制度としての公衆衛生活動を立案・実践していくので,公衆衛生学は衛生学や法医学などと共に,社会医学の一分野を構成している。保健医療福祉が社会との関わりの中で実践されることから,公衆衛生学では医師の社会的責任についても取り扱う。本講義では,こうした公衆衛生学のこころ,広く暖かく鋭い視野を,臨床医学との関わりにおいても実感してもらいたい。

4.公衆衛生学実習(4年次・実習)

公衆衛生学は人々の健康や医療の基本となる学問であり、実習では社会と医療に関わるさまざまなテーマから1つを選択して体験学習を行う。最終日には各グループに、普段はできない貴重な体験から得た感動・学びをまとめた発表をお願いする。ぜひクラス全員でこの感動を共有してもらいたい。このような実習は学内・学外の多くの施設の協力があって初めて成り立つので,学生諸君はこうした貴重な体験ができることに感謝して,真摯な態度で実習に参加してほしい。

5.症例演習(4年次・講義)

臨床に取り上げられている症例について、その問題点を分析し、解決への方策を学ぶ。また問題解決の基盤となる知識の再確認も行う。

6.地域保健学実習(5年次・実習)

地域で行われている保健医療福祉活動が人々と地域社会の健康増進と疾病予防にどのように役立っているかを見学・体験学習することにより、公衆衛生活動の実際と医師の役割について学ぶ。同時に医療が健康で文化的な社会の上に成り立っていることを実感し、社会人としての適切な行動能力を完成させる。

7.公衆衛生学・衛生学(6年次・集中講義)

医師の専門領域にかかわらず、公衆衛生学、衛生学、法医学、熱帯病寄生虫病学に関する基本的知識は必須である。ここでは「医師国家試験出題基準」に沿った内容で講義を行い。知識の再確認と定着を目指す。

8.疫学研究・統計解析セミナー(大学院生向け・講義)

本セミナーの目的は、疫学研究(臨床疫学を含む)デザイン、データ管理、統計解析の基本知識と情報を出来るだけわかりやすく提供することです。全8回のセミナーは、それぞれ独立な内容ですので、1回の受講だけでも、そのテーマに関する基本事項が身に付きます。

平成28年度(平成29年1月~3月)疫学研究・統計解析セミナーのご案内

画像をクリックすると、PDFが開きます。