獨協医科大学呼吸器内視鏡センター

特色と特徴

呼吸器内視鏡として気管支鏡と胸腔鏡の両者を扱う全国はじめての専門センターで、高度かつ先端的な診断、治療を行っています。呼吸器・アレルギー内科のほか胸部外科、耳鼻咽喉科の医師が検査を担当します。日本呼吸器内視鏡学会認定施設であり、気管支鏡専門医10名、指導医4名が所属しています。安心で患者さんにやさしく、診断精度の高い検査を目指しています。

気管支鏡検査

肺癌など悪性腫瘍のほか、間質性肺炎、過敏性肺炎、サルコイドーシスなどびまん性肺疾患、および呼吸器感染症の診断を行います。肺癌に対する内視鏡下切除術や気管支ステント留置などの治療も行っています。超音波内視鏡や自家蛍光内視鏡、極細径気管支鏡など最先端の内視鏡機器を備えています。 年間検査件数は500件を超えます。

詳しくはこちらをCLICK!

胸腔鏡検査

悪性中皮腫、癌性胸膜炎、結核性胸膜炎などの診断のほか、急性膿胸の治療やタルク散布による胸膜癒着術なども行います。石井教授の開発した胸腔鏡専用スコープや特殊光診断装置がそろっています。年間検査件数は60件を超えます。

詳しくはこちらをCLICK!

診療実績

呼吸器内視鏡センター内 内視鏡件数です。

詳しくはこちらをCLICK!

ページ上に戻る

acceess

〒321-0293 
栃木県下都賀郡壬生町北小林880番地

JR宇都宮線
  石橋駅からタクシーで15分

東武宇都宮線
  おもちゃの町駅北口から徒歩7分

診療科目:
気管支鏡検査、喉頭鏡検査、胸腔鏡検査、上部消化器内視鏡検査

CONTENTS