HOME
サイトマップ お問い合わせ
HOME > 国内外論文・業績リスト > 平成14年度 学会・研究会・講演
国内外論文・業績リスト

平成14年度

学会・研究会・講演

I.学会(国際)
  1. Sakakibara R, Hattori T, Uchiyama T, Yamanishi T: Urodynamic evaluation in Alzheimer's disease before and after donapezil treatment. The 5th International Conference on Progress in Alzheimer's and Parkinson's disease, Kyoto, 2002, 4.

  2. Yamanishi T, Chess-Williams R, Yoshida K, Yasuda K and Chapple CR: The role of m2-muscarinic recertors in mediating contraction of pig bladder base. 17th Annual Meeting of the European Association of Urology, Birmingham, 2002, 2.

  3. Yasuda K, Kitahara S, Yano M, Furuya N, Miyazaki M, Suda S, Shibuya H, Yamanishi T: Effects of continuous magnetic stimulation on bladder capacity in patients with urinary incontinence due to overactive bladder. ASIA/ IMSoP 1st Joint meeting, switzerland, 2002, 3.

  4. Sakakibara R, Uchiyama T, Yoshiyama M, Hattori T, Yamanishi T, Odaka T: Colonic transit time and rectoanal videomanometry analyses in parkinson's disease-with special reference to bladder dysfunction. 32nd Annual Meeting of the International Continence Society. Heidelberg, Germany, 2002, 8.

  5. Yamanishi T, Yuki T, Yasuda K, Kamai T, Tujii T, Yasuda K, Uchiyama T, Sakakibara R, Hattori Takamichi: The urodynamic evaluation of surgical outcome in patients with urinary retention due to central lumbar disc prolapse. 32nd Annual Meeting of the International Continence Society. Heidelberg, Germany, 2002. 8.

  6. Uchiyama T, Sakakibara R, Hattori T, Yamanishi T: Evaluation of the peripheral motor pathways innervating detrusor muscle by magnetic stimulation of the sacral roots in patients with diabetes mellitus. 32nd Annual Meeting of the International Continence Society. Heidelberg, Germany, 2002. 8.

  7. Sakakibara R, Uchiyama T, Yoshiyama M, Hattori T, Yamanishi T: Sympathomimetic drug ameliorates postural hypotention but may increase the risk of urinary retention. 32nd Annual Meeting of the International Continence Society. Heidelberg, Germany, 2002. 8.

  8. Sakakibara R, Uchiyama T, Yoshiyama M, Yamanishi T, Nakazawa K: Neuronal firing response to micturition in the substantia nigra pars compacta and the ventral tegmental area in cats. 32nd Annual Meeting of the International Continence Society. Heidelberg, Germany, 2002. 8.

  9. Yamanishi T, Yasuda K, Yoshida K, Chapple C, Sakakibara R, Uchiyama T, Chess-Williams R: The role of beta adrenoceptor subtypes in mediating relaxation of the pig bladder trigonal muscle in vitro. 32nd Annual Meeting of the International Continence Society. Heidelberg, Germany, 2002. 8.

  10. Toyoshima T, Arai K, Ishizaka K, Yoshida K-I: Frequency of luteinizing hormone-beta gene variants is increased in Japanese patients with idiopathic azoospermia. 26th congress of the societe internationale d'urologie,Stockholm, 2002, 9.

  11. Toyoshima T, Arai K, Nakajima K, Masuda A, Tsujii T, Yoshida K-I: Comparison of five High-Sensitive free-prostate specific antigen assays. 18th International congress of clinical chemistry and laboratory medicine,Kyoto, 2002,10.
II.学会(国内)
  1. 山西友典、安田耕作、吉田謙一郎: 電気刺激療法、磁気刺激療法の臨床と作用機序. 第90回日本泌尿器科学会総会. 東京、2002, 4.

  2. 辻井俊彦, 新井京子、寿美周平、森口英男、細谷吉克、釜井隆男、中西公司、北原聡史、堀内晋、本田幹彦、山西友典、安田耕作、吉田謙一郎: 膀胱癌診断におけるUBC,NMP22,BTAの尿中腫瘍マーカーとしての有用性の比較. 第90回日本泌尿器科学会総会. 東京、2002, 4.

  3. 神原常仁、龍信太郎、龍宮克尚、仲島宏輔、渡辺啓太、釜井隆男、寿美周平、細谷吉克、森口英男、辻井俊彦、本田幹彦、山西友典、吉田謙一郎: PSA値10.0ng/ml以下の前立腺癌診断におけるPSA関連パラメーターの有用性. 第90回日本泌尿器科学会総会. 東京、2002, 4.

  4. 山西友典、安田耕作、釜井隆男、辻井俊彦、本田幹彦、細谷吉克、寿美周平、森口英男、神原常仁、龍宮克尚、新井京子、吉田謙一郎: ブタ排尿筋弛緩反応におけるβ-アドレナリン受容体サブタイプの役割の検討. 第90回日本泌尿器科学会総会. 東京、2002, 4.

  5. 宮崎政美、安田耕作、矢野雅隆、古谷信隆、北原聡史、中嶋千聰、須田真、渋谷裕美、山西友典: 連続式磁気刺激装置による腹圧性尿失禁の治療と効果判定. 第90回日本泌尿器科学会総会. 東京、2002, 4.

  6. 矢野雅隆、安田耕作、宮崎政美、古谷信隆、北原聡史、中嶋千聰、山西友典、須田真、渋谷裕美: 連続式磁気刺激装置によるoveractive bladderの治療成績:尿流動態所見の変化. 第90回日本泌尿器科学会総会. 東京、2002, 4.

  7. 増田聡雅、辻井俊彦、龍信太郎、龍宮克尚、神原常仁、渡辺啓太、釜井隆男、寿美周平、森口英男、細谷吉克、本田幹彦、山西友典、吉田謙一郎: 当科における過去7年間の腎細胞癌症例の予後因子. 第90回日本泌尿器科学会総会. 東京、2002, 4.

  8. 龍宮克尚、龍信太郎、渡辺啓太、釜井隆男、吉田謙一郎: 後腹膜Ancient Schwannomaの1例. 日本泌尿器科学会栃木(第42回)・群馬(第31回)合同地方会. 栃木、2002,6.

  9. 神原常仁、細谷吉克、中西公司、米沢智子、釜井隆男、森口英男、吉田謙一郎: 心筋転移にて心不全を呈したと考えられた、腎細胞癌の1例. 日本泌尿器科学会栃木(第42回)・群馬(第31回)合同地方会. 栃木、2002,6.

  10. 増田聡雅、辻井俊彦、仲島宏輔、釜井隆男、豊嶋豊照、寿美周平、本田幹彦、山西友典、吉田謙一郎: 進行性尿路移行上皮癌に対するタキサン系抗癌剤の使用経験. 日本泌尿器科学会栃木(第42回)・群馬(第31回)合同地方会. 栃木、2002,6.

  11. 新井京子、細谷吉克、龍宮克尚、渡辺啓太、増田聡雅、仲島宏輔、中西公司、釜井隆男、寿美周平、森口英男、山西友典、辻井俊彦、本田幹彦、北原聡史、吉田謙一郎: 高感度Total-PSAおよびFree-PSA測定キット間の免疫認識の差異について. 日本アンドロロジー学会総会第21回学術大会. 高槻、2002,7.

  12. 北原聡史、宮崎政美、古谷信隆、矢野雅隆、鈴木常貴、中嶋千聰、中井秀郎、安田耕作、川野圭三、長浜克志、吉田謙一郎: ミュラー管遺残症を合併したXX男性の1例. 日本アンドロロジー学会総会第21回学術大会. 高槻、2002,7.

  13. 河井信人、梅津元昭、新井京子、吉田謙一郎: 性成熟過程rdwラット精巣のセルトリ細胞に特異的なFSHレセプター(FSHR)、甲状腺ホルモンレセプター(TR)の組織学的検討. 日本アンドロロジー学会総会第21回学術大会. 高槻、2002,7.

  14. 辻井俊彦、神原常仁、増田聡雅、中西公司、仲島宏輔、釜井隆男、豊嶋豊照、前田節夫、新井京子、寿美周平、本田幹彦、山西友典、吉田謙一郎; 前立腺癌診断における高感度free, total PSAの測定系による差異. 第67回日本泌尿器科学会東部総会、千葉、2002,9.

  15. 釜井隆男、龍信太郎、渡辺啓太、龍宮克尚、古谷信隆、辻井俊彦、山西友典、新井京子、吉田謙一郎: 腎盂尿管腫瘍におけるRhoAのmRNAの発現の検討. 第67回日本泌尿器科学会東部総会、千葉、2002,9.

  16. 山西友典、安田耕作、釜井隆男、辻井俊彦、本田幹彦、寿美周平、増田聡雅、仲島宏輔、龍宮克尚、豊嶋豊照、渡辺啓太、新井京子、吉田謙一郎: ブタ膀胱および尿道平滑筋におけるムスカリンサブタイプの検討. 第67回日本泌尿器科学会東部総会、千葉、2002,9.

  17. 北原聡史、宮崎政美、古谷信隆、鈴木常貴、安田耕作、鈴木徹: 下部尿路症状を示す男性患者における血中PSA値のF/T比. 第67回日本泌尿器科学会東部総会、千葉、2002,9.

  18. 増田聡雅、辻井俊彦、龍信太郎、神原常仁、古谷信隆、渡辺啓太、仲島宏輔、釜井隆男、豊嶋豊照、寿美周平、本田幹彦、山西友典、吉田謙一郎: 転移性腎細胞癌31例の予後因子に関する検討. 第67回日本泌尿器科学会東部総会、千葉、2002,9.

  19. 石坂和博、小林秀一郎、尾関全、町田竜也、景山幸雄、木原和徳、辻井俊彦、本田幹彦、吉田謙一郎: 顕微鏡下二層縫合変法による精管精管差吻合術の成績. 第67回日本泌尿器科学会東部総会、千葉、2002,9.

  20. 宮崎政美、北原聡史、矢野雅隆、古谷信隆、鈴木常貴、甘粕誠、安田耕作: 外陰部に突出した女性尿道平滑筋腫の一例. 第67回日本泌尿器科学会東部総会、千葉、2002,9.

  21. 渡辺啓太、山西友典、龍信太郎、龍宮克尚、増田聡雅、中島宏輔、豊嶋豊照、寿美周平、辻井俊彦、本田幹彦、釜井隆男、安田耕作、吉田謙一郎: 前立腺肥大症患者におけるナフトピジル長期投与効果の検討. 第67回日本泌尿器科学会東部総会、千葉、2002,9.

  22. 榊原隆次、中澤健、内山智之、芳山充晴、山西友典、服部孝道: 中脳黒質・腹側被蓋野ニューロンの排尿に関連した発火パターン. 第9回日本排尿機能学会、熊本、2002, 10.

  23. 山西友典、安田耕作、榊原隆次、内山智之、服部孝道、釜井隆男、辻井俊彦、本田幹彦、寿美周平、米沢智子、豊嶋豊照、新井京子、増田聡雅、吉田謙一郎: ブタ近位尿道収縮におけるM2ムスカリン受容体サブタイプの役割:輪状筋、縦走筋における検討. 第9回日本排尿機能学会、熊本、2002, 10.

  24. 榊原隆次、内山智之、新井公人、芳山充晴、服部孝道、山西友典: Machado-Joseph病における排尿障害の検討. 第9回日本排尿機能学会、熊本、2002, 10.

  25. 榊原隆次、内山智之、芳山充晴、服部孝道、尾高健夫、山西友典; Parkinson病における排便機能障害-大腸通過時間、直腸肛門ビデオマノメトリーによる検討. 第9回日本排尿機能学会、熊本、2002, 10.

  26. 山西友典、安田耕作、結城崇夫、榊原隆次、内山智之、服部孝道、釜井隆男、辻井俊彦、本田幹彦、寿美周平、豊嶋豊照、増田聡雅、米沢智子、中島宏輔、渡辺啓太、吉田謙一郎: 尿閉を呈した中心性腰椎ヘルニアにおける手術成績:尿流動態検査における評価. 第9回日本排尿機能学会、熊本、2002, 10.

  27. 鈴木常貴、安田耕作、宮崎政美、龍宮克尚,中井秀郎、北原聡史、山西友典、須田真、渋谷裕美: 連続式磁気刺激装置によるoveractive bladderの治療効果とQOL改善度. 第9回日本排尿機能学会、熊本、2002, 10.

  28. 内山智之、榊原隆次、服部孝道、山西友典、伊藤一義、山田登:多系統萎縮症における仙髄神経根磁気刺激を用いた膀胱支配神経路の検討.第9回日本排尿機能学会、熊本、2002, 10.

  29. 阿部英行、増田聡雅、釜井隆男、新井京子、吉田謙一郎:腎細胞癌におけるCDK阻害タンパク質の発現.第40回日本癌治療学会総会、東京、2002,10.

  30. 冨田茂樹、上田善彦、小野祐子、井村穣二、龍宮克尚、釜井隆男、山西友典、本田幹彦、吉田謙一郎、藤森孝博、飯高和成:透析歴4年の多発性嚢胞腎に合併した腎細胞癌の一例.第32回日本腎臓学会東部学術大会、東京、2002, 10.

  31. 山西友典、安田耕作、吉田謙一郎、榊原隆次、内山智之、服部孝道:ブタの下部尿路収縮におけるムスカリン受容体サブタイプの役割.第55回日本自律神経学会総会、さいたま、2002,10.

  32. 榊原隆次、内山智之、新井公人、芳山充晴、服部孝道、山西友典: Machado-Joseph病における排尿障害の検討.第55回日本自律神経学会総会、さいたま、2002, 10.

  33. 榊原隆次、内山智之、芳山充晴、服部孝道、内田佳孝、山西友典:多系統萎縮症における排尿賦活[99mTc]-ECD SPECT画像.第55回日本自律神経学会総会、さいたま、2002, 10.

  34. 猪狩牧子、柳林亜希、新井京子、吉田謙一郎: Western blot法を用いた腎細胞癌組織中低分子量G蛋白質Rhoの検出法の検討.第49回日本臨床検査医学会総会、大阪、2002, 11.

  35. 柳林亜希、猪狩牧子、新井京子、吉田謙一郎:尿中NMP22測定キットの保存条件の検討.第49回日本臨床検査医学会総会、大阪、2002, 11.

  36. 米沢智子、釜井隆男、龍信太郎、渡辺啓太、古谷信隆、寿美周平、吉田謙一郎: INFαにて難聴をきたしたと思われる腎細胞癌の1例.第43回日本泌尿器科学会栃木地方会、栃木、2002, 11.

  37. 増田聡雅、豊嶋豊照、龍信太郎、渡辺啓太、釜井隆男、寿美周平、辻井俊彦、本田幹彦、山西友典、吉田謙一郎: Complicated cystとの鑑別が困難であったrenal cell carcinomaの1例. 第43回日本泌尿器科学会栃木地方会、栃木、2002, 11.

  38. 釜井隆男、古谷信隆、米沢智子、辻井俊彦、本田幹彦、山西友典、吉田謙一郎:鏡視補助下にてマイクロターゼを使用した腎部分切除術の1例.第43回日本泌尿器科学会栃木地方会、栃木、2002, 11

  39. 仲島宏輔、渡辺啓太、神原常仁、寿美周平、辻井俊彦、吉田謙一郎:骨盤内Ancient Schwannomaの1例.第43回日本泌尿器科学会栃木地方会、栃木、2002, 11

  40. 豊嶋豊照、山西友典、辻井俊彦、本田幹彦、釜井隆男、増田聡雅、古谷信隆、仲島宏輔、渡辺啓太、米沢智子、吉田謙一郎:頻尿、尿失禁に対する干渉低周波療法の治療成績.第43回日本泌尿器科学会栃木地方会、栃木、2002, 11

  41. 阿部英行、増田聡雅、釜井隆男、辻井俊彦、吉田謙一郎:腎細胞癌におけるCDK阻害タンパク質の発現の検討.第30回獨協医学会、栃木、2002, 12.

  42. 39歳で発症した進行性前立腺癌の1例
    米沢智子、豊嶋豊照、神原常仁、増田聡雅、渡辺啓太、古谷信隆、仲島宏輔、辻井俊彦、吉田謙一郎
    日本泌尿器科学会栃木第44回地方会, 栃木, 2003.3.

  43. 非定型的な画像所見を示した多発性骨リンパ節転移を伴う腎細胞癌の1例
    古谷信隆、辻井俊彦、渡辺啓太、本田幹彦、 吉田謙一郎
    日本泌尿器科学会栃木第44回地方会, 栃木, 2003.3.

  44. 低活動性膀胱に対するコリン作動薬とα-blockerの併用の効果
    山西友典、釜井隆男、辻井俊彦、米沢智子、仲島宏輔、豊嶋豊照、本田幹彦、増田聡雅、渡辺啓太、吉田謙一郎
    日本泌尿器科学会栃木第44回地方会, 栃木, 2003.3.
III.研究会
  1. 松本光正、渡辺 理、橋本龍二、椿 昌裕、砂川正勝、吉田謙一郎: 後腹膜脂肪肉腫の1例. 第7回外科集談会、大宮、2002,6.

  2. 新井京子:高感度Free-、Total-PSA測定系のキット間における認識性の差異.第7回前立腺癌と腫瘍マーカー研究会、宇都宮、2002,2.

  3. 山西友典:頻尿・尿失禁に対する保存的治療.第4回栃木排尿プラクティス研究会、宇都宮、2002,5.

  4. 山西友典:特別講演:どのムスカリン受容体サブタイプ選択薬が尿失禁の治療に最も有効か.第2回千葉排尿障害研究会、幕張、2002, 11..

  5. 新井京子:「前立腺癌検診について」. 前立腺がん検診研修会、鹿沼、2002, 1.
IV.講演

a.シンポジウム

  1. (56) Yamanishi T: Contemporary Strategies for the Management of Female Incontinence. The 26th Confress of the Societe Internationale d'Urologie, Stockholm, Sweden, 2002, 9.

  2. (57) 山西友典:「過活動膀胱の情報伝達機構と臨床:トイレが間に合わないのはなぜ?どうやって治す?:電気刺激療法、磁気刺激療法の臨床と作用機序」. 第90回日本泌尿器科学会総会、東京、2002, 4.

  3. (58) 山西友典:シンポジウム 排尿障害の運動療法からみた排尿機構の解明「下部尿路の生理機能の再検討・神経因性膀胱の各種治療法より考えられる神経機構」. 第37回日本脊髄障害医学会、和歌山、2002, 11.

b.特別講演

  1. 山西友典(2003)特別講演「日常診療における排尿管理」一般臨床医が行なえる排尿管理を中心に. (2003.01.30、宇都宮).

  2. 山西友典(2003)特別講演「尿失禁発症機序と保存療法」関東コンチネンスミーティング. (2003.0215、東京).

  3. 山西友典:特別講演「尿失禁の治療について」. 第17回高度先進医療研究会総会、東京、2002、3.

  4. 山西友典:特別講演「排尿障害の薬物治療最前線~下部尿路機能へのα-受容体サブタイプの作用の特徴について~」.那須医師会学術講演会、黒磯、2002、5.

  5. 山西友典:特別講演「知っておきたい排尿障害の知識:神経の障害でおこる排尿障害」. 第67回日本泌尿器科学会東部総会主催市民公開講座、千葉、2002, 9.

  6. 吉田謙一郎:前立腺癌早期発見と治療にむけてのストラトジー.南那須医師会講演会、烏山、2002,1.

  7. 新井京子:前立腺癌早期発見への試み ~前立腺癌検診へのPSA測定の導入~"PSA測定のみで何がどこまでわかるか?". ダイナボットフェア学術講演会、宇都宮、2002, 2.

  8. 吉田謙一郎:前立腺癌早期発見のストラトジー. 上都賀郡北部医師団、日光、2002, 4.

  9. 山西友典:ワークショップ 下部尿路平滑筋収縮におけるM2ムスカリン受容体サブタイプの役割. 第67回日本泌尿器科学会東部総会、千葉、2002, 9.

  10. 吉田謙一郎:前立腺癌のスクリーニングとその確定診断について. 那須郡市医師会学術講演会、大田原、2002,10.

  11. 豊嶋豊照:特発性無精子症における変異型LH-Bの頻度 -正常例との比較-. 第47回日本不妊学会学術講演会、岐阜、10.3-4、2002(日本不妊学会学術奨励賞受賞)
ページトップへ