HOME
サイトマップ お問い合わせ
HOME > 国内外論文・業績リスト > 平成16年度 学会・研究会・講演
国内外論文・業績リスト

平成16年度

学会・研究会・講演

I.学会(国際)
  1. Shibata Y, Ono Y, Kashiwagi B, Fukabori Y, Suzuki K, Yamanaka H, Honma S:The hormonal and morphological evaluation on the effects of anti-androgens on the blood supply of rat prostate .99 th Annual meeting. American Urological Association, San Francisco, USA, 2004,5.
     
  2. Shibata Y, Kashiwagi B, Fukabori Y, Suzuki K, Yamanaka H, Honma S:Isolation of vascular endothelial cells from human prostate tissue and its response to direct androgen stimulation.99 th Annual meeting. American Urological Association, San Francisco, USA, May 2004,5.
     
  3. Ishizaka K, Machida T, Ozeki Z, Kobayashi S, Masuda S, Kamai T, Arai K, Honda M, Yoshida K-I: Risedronate effectively prevents bone loss in men receiving androgen-deprivation therapy for prostate cancer. The Endcrine Society’s 86th Annul Meeting. New orleans, 2004, 6.
     
  4. Uchiyama T, Sakakibara R, Yoshiyama M, Yamanishi T, Hattori T: The short- and long-term effects of a single dose of apomorphine on micturition function in conscious and free moving rats. 34th Annual Meeting of International Continence Society /IUGA 2004 Scientific Programme Paris, 2004, 8.
     
  5. Sakakibara R, Uchiyama T, Liu Z, Yamamoto T, Ito T, Yamanishi T, Hattori T: Urinary retention in elderly women due to lumbar spondylosis; a reappraisal. 34th Annual Meeting of International Continence Society /IUGA 2004 Scientific Programme Paris, 2004, 8.
     
  6. Liu Z, Uchiyama T, Sakakibara R, Yamanishi T, Hattori T. (2004) Lower urinary tract dysfunction of the patients with Parkinson disease: changes related to disease severity. 34th Annual Meeting of International Continence Society /IUGA 2004 Scientific Programme Paris, 2004, 8
     
  7. Yamanishi T, Kamai T, Furuya N, Nakanishi K, Sakakibara R, Uchiyama T, Hattori T, Yoshida K, Kitahara S: Rho/ Rho kinase is predominantly present in the urothelium controlling the contraction of the human urinary bladder in vitro. 34th Annual Meeting of International Continence Society /IUGA 2004 Scientific Programme Paris, 2004, 8.
     
  8. Sakakibara R, Uchiyama T, Liu Z, Ito T, Yamanishi T, Hattori T: Mosapride citrate, a novel 5-HT4 agonist and partial 5-HT3 antagonist, ameliorates constipation parkinsonian patients. ICS and IUGA Paris, 2004, 8.
     
  9. Yamanishi T, Yasuda K, Kitahara S, Nakanishi K, Sakakibara R, Uchiyama T, Yoshida K-I, Iizuka H: Effects of 138-355, a beta3-adrenoceptor selective agonist, on relaxation of the human detrusor muscle in vitro. ICS and IUGA Paris, 2004, 8.
     
  10. Suzuki T, Yasuda K, Yamanishi T, Kitahara S, Nakai H, Yamashita T, Sato R, Suda S, Ohkawa H: A cross-over study for evaluation of functional continuous magnetic stimulation (FCMS) in patients with urinary incontinence od pelvic floor muscle exercise (PFME). ICS and IUGA Paris, 2004, 8.
     
  11. Ishizaka K, Machida T, Ozeki Z, Kobayashi S, Masuda S, Kamai T, Arai K, Honda M, Yoshida K-I: The effect of risedronate to prevents bone loss in men under androgen-deprivation therapy for prostate cancer. American Society for Bone and Mineral Research Seattle, 2004, 10.
     
  12. Fukabori Y, Yoshida K-I, Nakano K, Kurokawa K, Yamanaka H: Fibroblast growth factor 2 as a predictor to biochemical failure of prostate cancer after androgen ablation therapy. 27th Congress of the Society International of Urology Honolulu, 2004, 10.
     
  13. Abe H, Masuda A, Kamai T, Yanai Y, Yamauchi H, Ikeda M, Arai K, Kurimoto M, Yoshida K-I,: Interferon alfa receptor expression in human renal cell carcinoma . 27th Congress of the Society International of Urology Honolulu, 2004, 10.
     
  14. Yamanishi T, Nakanishi K, Kamai T, Kitahara S, Yamaguchi K, Arai K, Yoshida K: The role of Urothelium and the effects of Y 27632, a rho kinase inhibitor, on carbachol-induced contraction of the human bladder in vitro. 27th Congress of the Society International of Urology Honolulu, 2004, 10.
II.学会(国内)
  1. 曲友弘, 深堀能立, 鈴木和浩, 山中英壽, 小倉治之:泌尿器科受診歴のある神経疾患症例の検討.第36回日本泌尿器科学会群馬地方会、前橋、2004, 2
     
  2. 米沢智子、増田聡雅、中西公司、豊嶋豊照、山西友典、吉田謙一郎:膀胱容量低下型小児夜尿症における保存療法の効果、第47回日本泌尿器科学会栃木地方会, 壬生, 2004.3.
     
  3. 龍宮克尚、釜井隆男、神原常仁、渡辺啓太、吉田謙一郎:若年女性に発症した両側腎血管脂肪腫の1例、第47回日本泌尿器科学会栃木地方会, 壬生, 2004.3.
     
  4. 中西公司、本田幹彦、古谷信隆、山口佳志、吉田謙一郎: 尿膜管癌の1例、第47回日本泌尿器科学会栃木地方会, 壬生, 2004.3.
     
  5. 阿部英行、釜井隆男、柳井嘉明、新井京子、山内宏、池田雅夫、栗本雅司、吉田謙一郎: 腎細胞癌におけるインタ-フェロンαレセプタ-の発現の検討. 第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4.
     
  6. 柴田康博、柏木文蔵、深堀能立、小野芳啓、鈴木和浩、本間誠次郎、山中英寿: 前立腺の血流調節機構とホルモン(第4報)-前立腺血管内皮細胞の分離培養およびアンドロゲンへの反応-. 第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4
     
  7. 深堀能立、柴田康博、山中英寿、門傳剛、細谷剛、山田正信、森昌明、小山徹也: アンドロゲン選択的核内受容体共役因子p120βの前立腺癌における発現. 第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4
     
  8. 中西公司、山西友典、釜井隆男、古谷信隆、本田幹彦、吉田謙一郎: ヒト膀胱平滑筋のCarbacol収縮におけるRHO kinaseの役割の検討-粘膜上皮との関係. 第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4.
     
  9. 釜井隆男、辻井俊彦、山西友典、本田幹彦、豊島豊照、阿部英行、渡辺啓太、米沢智子、渡辺美穂、吉田謙一郎、広川信: 後腹膜操作のみで行うチュ-ブレス尿管皮膚瘻造設術. 第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4.
     
  10. 山本巧、伊藤一人、武智浩之、黒川公平、深堀能立、鈴木和浩、山中英寿: PSA検診において発見された前立腺癌のリードタイム. 第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4
     
  11. 武智浩之、伊藤一人、山本巧、大井勝、久保田裕、黒川公平、深堀能立、山中英寿: PSAの基礎値が2.0ng/mlの症例における、将来のPSAの変化と前立腺癌の罹患予測. 第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4
     
  12. 大竹伸明、中田誠司、深堀能立、鈴木和浩、清水信明、栗原潤、加藤宣雄、小林幹男、柴山勝太郎、矢嶋久徳、田村芳美、山中英寿、鈴木慶二: わが国における家族性前立腺癌について-第7報-. 第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4
     
  13. 渡辺美穂、山西友典、神原常仁、豊島豊照、釜井隆男、山口圭一、吉田謙一郎: 完全重複腎盂尿管の尿道括約筋膀胱側への異所開口を認めた1例. 第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4.
     
  14. 柏木文蔵、柴田康博、小野芳啓、新井誠二、深堀能立、鈴木和浩、本間誠次郎、山中英寿: 精嚢の血流調節機構とホルモン(第3報)-精嚢血流調節に関与するアンドロゲンの同定とシグナル伝達におけるVEGFの関与-. 第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4
     
  15. 曲友弘、深堀能立、鈴木和浩、山中英寿、小倉裕之: 精嚢の血流調節機構とホルモン(第3報)-精嚢血流調節に関与するアンドロゲンの同定とシグナル伝達におけるVEGFの関与-. 第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4
     
  16. 増田聡雅、斉木名執、山口佳志、釜井隆男、本田幹彦、山西友典、吉田謙一郎: Benign Complicated Renal Cystとの鑑別が困難なCystec Renal Cell Carcinomaの画像診断について. 第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4.
     
  17. 神原常仁、米沢智子、山口佳志、新井京子、吉田謙一郎: 結合型PSA測定キットであるMarkit-M PSA-ACTとケミルミACT-cPSAの比較-カラムクロマトグラフィ-法を用いた検討-. 第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4.
     
  18. 古谷信隆、釜井隆男、中西公司、山西友典、阿部英行、新井京子、吉田謙一郎: ヒト膀胱粘膜冗費および筋層におけるRHO/RHO-kinaseの発現の検討. 第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4.
     
  19. 蓮見勝、鈴木和浩、松井博、柏木文蔵、山本巧、柴田康博、伊藤一人、羽鳥基明、黒川公平、深堀能立、山中英寿、遠藤圭吾: 前立腺癌治療効果判定におけるMRSの有用性に関する臨床的検討. 第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4
     
  20. 黒川公平, 伊藤一人, 山本巧, 深堀能立, 鈴木和浩, 山中英壽:予防医学から見た泌尿器科 前立腺癌検診の今後の展望.第92回日本泌尿器科学会総会. 大阪, 2004, 4
     
  21. 米沢智子, 増田聡雅, 龍信太郎, 本田幹彦, 深堀能立, 山西友典、吉田謙一郎, 斉木名執: 所属リンパ節に同一病変を認めた腎血管脂肪種の1例. 第6回日本泌尿器科学会群馬・栃木合同地方会(第48回栃木地方会), 桐生, 2004, 6.
     
  22. 渡辺啓太、神原常仁, 釜井隆男、吉田謙一郎, 大村稔: 超低体温循環停止法を併用して切除し得た右心房内腫瘍塞栓を伴う腎細胞癌の1例. 第6回日本泌尿器科学会群馬・栃木合同地方会(第48回栃木地方会), 桐生, 2004, 6.
     
  23. 廣野正法, 新井誠二, 武智浩之, 羽鳥基明, 鈴木和浩, 深堀能立, 小林幹男: 異時性両側性腎癌の1例. 第6回日本泌尿器科学会群馬・栃木合同地方会(第48回栃木地方会), 桐生, 2004, 6.
     
  24. 仲島宏輔, 森口英男, 吉田謙一郎: 根治的腎摘除術後に発生した残存尿管癌の1例. 第6回日本泌尿器科学会群馬・栃木合同地方会(第48回栃木地方会), 桐生, 2004, 6.
     
  25. 古谷信隆, 中西公司, 本田幹彦, 吉田謙一郎: 骨盤内後腹膜Schwannomaの1例. 第6回日本泌尿器科学会群馬・栃木合同地方会(第48回栃木地方会), 桐生, 2004, 6.
     
  26. 石坂和博, 小林秀一郎, 小関全, 町田竜也, 増田聡雅, 釜井隆男, 新井京子, 本田幹彦, 吉田謙一郎: 男性ホルモン除去療法による前立腺癌患者の骨密度低下に対するリセドロネートの有用性. 日本アンドロロジー学会総会第23回学術大会, 甲府, 2004,7.
     
  27. 柏木文蔵, 柴田康博, 小野芳啓, 新井誠二, 深堀能立, 本間誠次郎, 鈴木和浩,:LC-MS/MS-ピリニジューム誘導体形成による高感度測定法を利用したラット前立腺、精嚢、血清、精液中のtestosterone, DHTの測定.日本アンドロロジー学会総会第23回学術大会、甲府, 2004, 7
     
  28. 釜井隆男、山西友典、中西公司、古谷信隆, 吉田謙一郎: ヒト膀胱におけるRho/Rho-kinaseの局在と排尿筋収縮への関与. 第46回日本平滑筋学会総会 東京, 2004,7.
     
  29. 神原常仁、深堀能立、新井京子、米沢智子、中西公司、釜井隆男、山西友典、本田幹彦、吉田謙一郎:根治的前立腺全摘術後、内分泌療法併用外照射放射線療法の検討。第42回日本癌治療学会総会 京都,2004, 10.
     
  30. 中西公司、神原常仁、増田聡雅、釜井隆男、山西友典、本田幹彦、吉田謙一郎:内分泌療法抵抗性前立腺癌(HRPC)に対するDocetaxelを用いた内分泌療法の検討。第42回日本癌治療学会総会 京都,2004, 10.
     
  31. 鈴木常貴、安田耕作、山西友典、北原聡史、中井秀郎、木原敏晴、山下高久、佐藤両、須田真、大川裕美:クロスオーバーデザインによる骨盤底筋運動療法と併用した連続式磁気刺激療法の尿失禁における効果. 第69回日本泌尿器科学会東部総会, 品川, 2004, 9.
     
  32. 増田聡雅:、米沢智子、神原常仁、中西公司、阿部英行、釜井隆男、深堀能立、本田幹彦、山西友典、吉田謙一郎: 難治性精巣腫瘍に対する救済化学療法の近接効果. 第69回日本泌尿器科学会東部総会, 品川, 2004, 9.
     
  33. 神原常仁、米沢智子、渡辺啓太、中西公司、釜井隆男、新井京子、山西友典、本田幹彦、吉田謙一郎:: 前立腺癌に対する内分泌療法併用外照射放射線療法の検討. 第69回日本泌尿器科学会東部総会, 品川, 2004, 9.
     
  34. 阿部英行、山口佳志、米沢智子、龍信太郎、渡辺啓太、古谷信隆、増田聡雅、釜井隆男、新井京子、吉田謙一郎,: 尿路上皮癌診断におけるmultitarget FISH法の有用性の検討. 第69回日本泌尿器科学会東部総会, 品川, 2004, 9.
     
  35. 大竹伸明、中田誠司、鈴木和浩、山中英寿、深堀能立、鈴木慶二:家族性前立腺癌家系の信憑性について.第69回日本泌尿器科学会東部総会. 品川, 2004, 9
     
  36. 柏木文蔵, 柴田康博, 小野芳啓, 新井誠二, 深堀能立, 本間誠次郎, 鈴木和浩:精嚢の血流調節機構とホルモン (第4報) -シグナル伝達におけるprostaglandinの関与-. 第69回日本泌尿器科学会東部総会. 品川, 2004, 9
     
  37. 柳林亜希, 猪狩牧子, 新井京子, 吉田謙一郎: Guava Personal Cell Analyzer Systemを用いた細胞生存率測定法およびアポトーシス測定法の検討.第51回日本臨床検査医学会総会, 東京, 2004, 9
     
  38. 山西友典、中西公司、北原聡史、安田耕作、榊原隆次、内山智之、服部孝道、飯塚博之, 吉田謙一郎: ヒト排尿筋弛緩反応におけるβ-アドレナリン受容体サブタイプの役割の検討.第11回日本排尿機能学会 東京, 2004, 10.
     
  39. 本間之夫、後藤百万、吉田正貴、山西友典: 下部尿路機能障害で評価すべき下部尿路症状項目の検討.第11回日本排尿機能学会 東京, 2004, 10.
     
  40. 龍宮克尚、山西友典、龍信太郎、中西公司、関山和弥、細木茂、森偉久夫、網谷兆康、鈴木規之、中津裕臣、米沢智子、古谷信隆、増田聡雅, 吉田謙一郎: 前立腺肥大症に尾ともなう下部尿路症状に対する塩酸タムスロシンの長期効果の検討.第11回日本排尿機能学会 東京, 2004, 10.
     
  41. 榊原隆次、内山智之、朝比奈正人、劉志、山本達也、伊藤敬志、阿波裕輔、山西友典、服部孝道: レビィ-小体型痴呆(DLB)における排尿機能.第11回日本排尿機能学会 東京, 2004, 10.
     
  42. 鈴木常貴、安田耕作、山西友典、北原聡史、中井秀郎、木原敏晴、山下高久、佐藤両、須田真、大川裕美: 骨盤底筋体操を指導した尿失禁患者への磁気治療の効果(クロスオ-バ-デザイン).第11回日本排尿機能学会 東京, 2004, 10
     
  43. 内山智之、榊原隆次、芳山充晴、劉志、山本達也、伊藤敬志、山西友典、服部孝道: パーキンソン病モデルラットの覚醒字排尿機能におけるアポモルフィン(抗パ-キンソン病薬)の影響についての経時的変化に関する検討. 第11回日本排尿機能学会 東京, 2004, 10
     
  44. 新井明子、伊藤まゆみ、島田由美子、小泉美佐子、村椿茂里、鈴木伸代、小野関仁子、深堀能立、曲友弘: 大学病院と大学保健学科の連携による泌尿器科外来における尿失禁看護相談活動の展開. 第11回日本排尿機能学会, 東京, 2004, 10.
     
  45. 曲友弘、深堀能立、小倉治之、鈴木和浩: 下部尿路閉塞の評価における超音波推定膀胱重量と膀胱壁の厚さとの比較検討. 第11回日本排尿機能学会, 東京, 2004, 10.
     
  46. 米沢智子, 中西公司, 水野智弥, 龍信太郎, 山西友典, 船越慶, 平田幸一, 吉田謙一郎: 多系統萎縮症が疑われた神経因性膀胱の1例. 第49回日本泌尿器科学会栃木地方会, 壬生, 2004.11.
     
  47. 増田聡雅, 斉木名執, 本田幹彦, 小野裕子, 水野智弥, 阿部英行, 釜井隆男, 前田節夫, 深堀能立, 山西友典, 吉田謙一郎: 腎細胞癌との鑑別が困難であった脂肪組織に乏しい腎血管脂肪種の1例. 第49回日本泌尿器科学会栃木地方会, 壬生, 2004.11.
     
  48. 曲友弘, 鈴木和浩, 深堀能立, 小倉治之 :全身性エリテマトーデス(SLE)における下部尿路障害の検討.第38回日本泌尿器科学会群馬地方会、前橋、2004, 11
     
  49. 阿部英行, 釜井隆男, 本田幹彦, 吉田謙一郎: 腎細胞癌におけるIFNαレセプターの発現様式の検討. 第32回獨協医学会, 壬生, 2004, 12.
     
  50. 龍信太郎、本田幹彦、中西公司、米沢智子、神原常仁、釜井隆男、山西友典、前田節夫、吉田謙一郎;馬蹄腎に生じた腎外傷の一例. 第50回日本泌尿器科学会栃木地方会、壬生;2005,3
    51) 水野智弥、阿部英行、増田聡雅、山口佳志、前田節夫、深堀能立、本田幹彦、山西友典、吉田謙一郎:膀胱タンポナーデを契機に診断された前立腺小細胞癌の一例.  第50回日本泌尿器科学会栃木地方会、壬生;2005,3
III.研究会
  1. 増田聡雅, 中西公司, 米沢智子, 神原常仁, 古谷信隆, 釜井隆男, 本田幹彦, 山西友典, 吉田謙一郎: 難治性精巣腫瘍にたいする救済化学療法の近接効果. 第17回関越UFT研究会, さいたま, 2004.1.
     
  2. 田中祝江、吉田謙一郎:「内分泌治療法中前立腺癌に高感度PSAは有用か」.前立腺癌と腫瘍マ-カ-研究会、2004, 2, 26
     
  3. 山西友典 排尿症状とα-アドレナリン受容体サブタイプの役割について. 第6回山梨老人泌尿器科研究会. 2004.02.26甲府.
     
  4. 新井京子:「効果のある前立腺がん検診をめざして」-血中PSA測定の基準値を考える- . 平成16年度教育研修部会、宇都宮, 2004, 3
     
  5. 古市泰宏、吉田謙一郎:「SIRNAの癌治療への応用」。新たな癌治療を考える会 壬生、2004, 3.
     
  6. 山西友典:(2004)特別講演「日常診療における排尿障害の治療」栃木いのはな外科懇話会 宇都宮、2004.3.
     
  7. 山西友典:排尿筋過活動(OAB)の概念、診断、治療について. OAB Advisory Meeting 宇都宮、2004, 4.
     
  8. Russell-Chess Williams、山西友典、吉田謙一郎:The urotherium in health and disease. 下部尿路平滑筋フォーラム 壬生、2004, 7.
     
  9. 古谷信隆、吉田謙一郎: 前立腺がん検診の地域における取り組み-西片町における検診結果-. 第6回前立腺癌検診懇話会 宇都宮, 2004,7.
     
  10. 深堀能立、吉田謙一郎: 前立腺がんの最近の話題. 第6回前立腺癌検診懇話会 宇都宮, 2004,7.
     
  11. 石坂和博, 町田竜也, 小関全, 小林秀一郎, 増田聡雅, 釜井隆男, 新井京子, 本田幹彦, 吉田謙一郎: 前立腺癌に呈するアンドロゲン除去療法による骨量減少にリセドロネートは有効に作用する。 第1回ビスフォスフォネートUpdate, 東京, 2004, 8.
     
  12. 山西友典: 実地医家のためのOveractive Bladder(OAB)の診断と治療~Tips & Traps(特別講演)第3回奈良管理フォーラム, 奈良、2004, 9.
     
  13. 山西友典:下部尿路症状とα-blocker(特別講演)第9回前立腺那須フォーラム、那須, 2004. 9.
     
  14. 山西友典: 脊椎疾患における排尿障害. 鹿島労災病院研究会, 鹿島, 2004. 10
     
  15. 山西友典:過活動膀胱の診断と治療―Tips & Traps(特別講演)、東洋臨床泌尿器科医会、大田、2004. 10.
     
  16. 山西友典: 実地医家のための過活動膀胱の診断と治療のコツ (特別講演) 第6回福井泌尿器科フォーラム, 福井, 2004.11.
     
  17. 龍宮克尚: 前立腺肥大症に伴う下部尿路症状に対する塩酸タムスロシンの長期有用性の検討. 第1回栃木県泌尿器疾患懇話会, 宇都宮, 2004. 11
     
  18. 釜井隆男: 腎細胞癌の診断と治療-早期発見の重要性と鏡視下小切開手術-. 壬生町医師会講演会, 壬生, 2004. 11
     
  19. 釜井隆男、吉田謙一郎;「腎細胞癌(腎がん)の現状―エコー・CTによる早期発見の重要性と鏡視下小切開手術―」. 腎腫瘍懇話会・学術講演会, 宇都宮, 2005. 1
IV.講演

a.シンポジウム

  1. 山西友典: 過活動膀胱におけるムスカリン受容体サブタイプの役割と保存療法. Overactive Bladder (OAB)シンポジウム 大阪、2004. 2.
     
  2. 山西友典: 「過活動膀胱-発症のメカニズムと治療」-治療法と作用機序-. 第92回日本泌尿器科学会総会サテライトシンポジウム 大阪、2004. 4.
     
  3. 深堀能立: 「前立腺癌の発生と増殖」ステロイドホルモンの役割. 第92回日本泌尿器科学会総会シンポジウム. 大阪, 2004, 4
     
  4. 山西友典: Female Urology-尿失禁の現状と展望-骨盤底筋体操および理学療法の適応と限界. 第69回日本泌尿器科学会東部総会ランチオンセミナ-シンポジウム 品川、2004. 9.
     
  5. 山西友典:骨盤底筋体操および理学療法の適応と限界(シンポジウムFemale Urology、尿失禁治療の現状と展望)、第69回日本泌尿器科学会東部総会東京, 2004. 9.
     
  6. 山西友典、吉田謙一郎、北原聡史、安田耕作:磁気刺激療法(シンポジウム. 排尿障害における電気刺激療法、磁気刺激療法)、第11回排尿機能学会、東京、2004, 10.
     
  7. 山西友典: 過活動膀胱(OAB: Overactive Bladder)-診断と治療戦略-. 第100回日本泌尿器科学会山陰地方会イブニングセミナ- 米子、2004. 10.
     
  8. 山西友典、吉田謙一郎、北原聡史、安田耕作: 磁気刺激法. 第11回日本排尿機能学会シンポジウム 東京、2004. 10.
     
  9. 山西友典:前立腺肥大症に伴うLUTSに対する併用療法の有用性(シンポジウム:LUTS UPDATE) 第54回日本泌尿器科学会中部総会, 大阪,2004, 11.
     
  10. Yamanishi T: Adult conservative management. 3rd International Consultation on Incontinence. (6.26-29,2004, Monte Carlo, Monaco).
     
  11. Wilson D, Berghmans B, Hagen S, Hay-Smith J, Moore K, Nygaard I, Wyman J, Yamanishi T : Adult conservative management. 3rd International Consultation on Incontinence. (June 28, 2004 Monte-Carlo
     
  12. Yamanishi T:Overactive bladder. Epidemiology. 1st Korea-Japan Joint Meeting on Lower Urinary Tract Dysfunction (October 13, 2004.Tokyo).
     
  13. Yamanishi T: Symposium: Overactive Bladder-Treatment-Present and Future. 1st Kores-Japan Joint Meeting on Lower Urinary Tract Dysfunction Tokyo、2004. 10.
     
  14. 吉田謙一郎: PSAの基礎と臨床. 第44回栃木県総合医学会シンポジウム 宇都宮, 2004.11.
     
  15. 山西友典:反対の立場から(Debate:OABの定義)第3回OABフォーラム、東京、2004. 11
     
  16. 山西友典: Pathophysiology (ワークショップ:OAB) 第3回OABフォーラム東京、2004. 11.
     
  17. Yamanishi T: Symposium. Global OAB Network of Excellence in Urological Sciences. Amsterdam April 1-3, 2005

b.特別講演

  1. 山西友典: 特別講演「日常診療における排尿障害の治療」栃木いのはな外科懇話会 宇都宮、2004.3.
     
  2. 山西友典:下部尿路平滑筋におけるムスカリン受容体サブタイプ、β―アドレナリン受容体サブタイプの局在と機能的役割、および尿路上皮の役割について.第38回NGB研究会、和歌山、2004, 8.
     
  3. 山西友典:神経因性膀胱の尿排出障害に対する薬物療法. (教育講演) 第39回日本脊髄障害医学会、東京、2004. 11.
     
  4. 吉田謙一郎: 「男性に更年期はあるのか、-その診断と治療―」第18回栃木県更年期研究会 壬生、2004,12

C.ビデオ・テレビ 新聞

  1. 山西友典:「泌尿器疾患研究最前線」朝日新聞、宮崎県版 熊本県版、長崎県版、鹿児島県版 2004.4.2
     
  2. 山西友典: 腹圧性尿失禁について, 読売新聞40周年企画. 読売新聞 鹿児島版 , 2004 9.26
     
  3. 本田幹彦:血尿. 「教えてドクター」CRT栃木放送(ラジオ) 2004 10.15
     
  4. 山西友典:頻尿・尿失禁. 「教えてドクター」CRT栃木放送(ラジオ) 2004 10.22
     
  5. 深堀能立:排尿困難症. 「教えてドクター」CRT栃木放送(ラジオ) 2004 10.29
     
  6. 吉田謙一郎: 性同一障害.ラジオNIKKEI「医学講座」, 2004.11.12
ページトップへ