HOME
サイトマップ お問い合わせ
HOME > 国内外論文・業績リスト > 平成17年度 論文
国内外論文・業績リスト

平成17年度

論文

Ia. 原著(欧文)
  1. Shibata Y, Kashiwagi B, Arai S, Fukabori Y, Suzuki K: Administration of extract of mushroom phelinus induces prostate enlargement with increase in stromal component in experimentally developed rat model of benign prostatic hyperplasia. Urology 66(2): 455-460, 2005.
     
  2. Sakakibara R, Hamano S, Uchiyama T, Liu Z, Yamanishi T, Hattori T.: Do BPH patients have neurogenic detrusor dysfunction? A uro-neurological assessment. Urol Int 74(1): 44-50, 2005.
     
  3. Uchiyama T, Sakakibara R, Asahina M, Yamanishi T, Hattori T.: Post-micturitional hypotension in patients with multiple system atrophy. J Neurol Neurosurg Psychiatry 76(2):186-190, 2005.
     
  4. Yamamoto T, Sakakibara R, Uchiyama T, Liu Z, Ito T, Yamanishi T, Hattori T: Lower urinary tract function in patients with pituitary adenoma compressing hypothalamus. J Neurol Neurosurg Psychiatry 76(3): 390-394, 2005.
     
  5. Funakoshi K, Funakoshi T, Nishino H. Sato S, Yamanishi T: Urinary retention caused by a small cortical in function. J Neurol Neurosurg Psychiatry 76(3): 457-458, 2005.
     
  6. Sakakibara R, Uchiyama T, Yoshiyama M, Yamanishi T, Hattori T: Preliminary communication: Urodynamic assessment of donepezil hydrochloride in patients with Alzheimer`s disease. Neurourol Urodyn 24(3): 273-275, 2005.
     
  7. Sakakibara R, Yamamoto T, Uchiyama T, Liu Z, Ito T, Yamazaki M, Awa Y, Yamanishi T, Hattori T: Is lumbar spondylosys a cause of urinary retention in elderly woman?: J Neurol. J Neurol 252(8): 953-957. 2005.
     
  8. Sakakibara R, Uchiyama T, Liu Z, Yamamoto T, Ito T, Yamanishi T, Hattori T. :Nocturnal polyuria with abnormal circadian rhythm of plasma arginine vasopressin in post-stroke patients. Intern Med 44(4): 281-284, 2005.
     
  9. Yamamoto T, Sakakibara R, Uchiyama T, Liu Z, Ito T, Awa Y, Yamamoto K, Kinou M, Yamanishi T, Hattori T: When is Onuf's nucleus involved in multiple system atrophy? A sphincter electromyography study. J Neurol Neurosurg Psychiatry 76(12): 1645-1648, 2005.
Ib.原著(邦文)
  1. 山西友典, 安田耕作: 神経因性膀胱の尿排出障害に対する薬物療法. 日脊障医誌 18: 16-17, 2005.
     
  2. 釜井隆男, 吉田謙一郎: 鏡視下小切開腎摘除術.栃木県医学会々誌 10: 49-50, 2005.
     
  3. 吉田謙一郎: 「男性にも更年期は存在するのか」―その成因・診断・治療―.栃木県産婦人科医報 32(1): 64-68, 2005.
     
  4. 吉田謙一郎, 中西公司, 阿部英行: 性同一障害とは?いつごろからわかるのか?小児内科 37(8): 1078-1081, 2005.
II.症例報告(邦文)
III.著書
  1. 山西友典, 水野智弥, 吉田謙一郎: 骨盤底筋体操および理学療法の適応と限界. 泌尿器外科 18(臨増): 469-471, 2005.
     
  2. 深堀能立:「人間の許容限界事典」26. 排尿. 朝倉書店: 183-189, 2005.
     
  3. 山西友典、水野智弥、中西公司、吉田謙一郎:講座「排尿障害;過活動膀胱」 総合リハビリテーション 医学書院 34(2)、151-156;2006.
     
  4. 山西友典:長期有効性 (河邊香月監修)、タムスロシン有効性と安全性のエビデンス.リッチヒルメディカル、30-39;2006.
     
  5. 山西友典:膀胱尿道撮影、排尿・性機能検査.(日本自律神経学会編)自律神経機能検査.分光堂、;2006.
     
  6. 山西友典:外尿道括約筋筋電図、排尿・性機能検査.(日本自律神経学会編)自律神経機能検査.分光堂;2006.
     
  7. 山西友典:薬物性排尿障害よくわかって役に立つ排尿障害のすべて.永井書店、;2006.
IV.総説・その他
  1. Yamanishi T, Chapple CR, Yasuda K, Yoshida K-I, Chess-Williams R: The functional role of β-adrenoceptor subtypes in mediating relaxation of the pig urethral smooth muscle. J Urol 170: 2508-2511, 2005.
     
  2. Yamanishi T, Yasuda K, Kamai T, Tsujii T, Sakakibara R, Uchiyama T, Yoshida K-I: Single-blind, randomized controlled study of the clinical and urodynamic effects of an alpha-blocker (naftopidil) and phytotherapy (eviprostat) in the treatment of benign prostatic hyperplasia. Int J Urol 11(7): 501-509, 2005.
     
  3. 深堀能立, 吉田謙一郎: 前立腺癌.獨協医学会誌 32(3): 197-212, 2005.
     
  4. 山西友典:中高年男性の排尿症状(下部尿路症状). Phisicians Therapy Mannual 7(1): 1343-1344, 2005.
     
  5. 山西友典: 質問BOX, 過活動膀胱. 泌尿器ケア 10: 47-51, 2005.
     
  6. 山西友典, 水野智弥, 鈴木常貴, 安田耕作, 吉田謙一郎: 尿失禁に対する磁気刺激療法, 「特集: 排尿障害における電気刺激療法, 磁気刺激療法」 泌尿器外科 18(1) : 11-16, 2005.
     
  7. 水野智弥, 山西友典, 吉田謙一郎: 切迫性尿失禁に対する治療. 看護技術 51: 27-29, 2005.
     
  8. 山西友典, 米沢智子, 水野智弥, 中西公司, 吉田謙一郎: 骨盤底筋体操と理学療法:最初に選択すべき治療法. Urology view 3: 47-52, 2005.
     
  9. 山西友典: 中高年男性の排尿症状. PTM治療マニュアル 7(1), 2005.
     
  10. 山西友典, 水野智弥, 中西公司, 吉田謙一郎: 骨盤底筋体操及び理学療法の適応と限界. 泌尿器外科 18 臨時増刊号: 469-471, 2005.
     
  11. 山西友典: 排尿障害update ムスカリン受容体サブタイプ. 第18回urology BB net, 2005.
     
  12. 山西友典, 水野智弥, 吉田謙一郎: Dynamic diagnosisに必要な脊椎脊髄の神経症候学「膀胱直腸障害, 排尿障害」脊椎脊髄ジャーナル 36(6): 609-614, 2005.
     
  13. 山西友典, 吉田謙一郎: 座位および立位による排尿機構の違い. 日本医事新報 4248 : 92, 2005.
     
  14. 榊原隆次, 劉志, 山本達也, 伊藤敬志, 朝比奈正人, 阿波裕輔, 山本香織, 木納美香, 山西友典, 服部孝道: 痴呆と排尿障害:アルツハイマー病とレヴィ-小体型痴呆を中心に.自律神経42: 131-134, 2005.
     
  15. 榊原隆次, 内山智之, 劉志, 山本達也, 伊藤敬志, 阿波祐輔, 山本香織, 木納美香, 山西友典, 服部孝道: アルツハイマー病の合併症と対策.失禁.モダンフィジシャン25(9): 1129-1132, 2005.
     
  16. 山西友典, 西沢理, 吉田正貴, K-E Andersson: 「抗コリン薬の展望―アトロピン抵抗性膀胱収縮への対処」Round table discussion. Medical Tribune 特別企画(8). 2005.
     
  17. 山西友典 水野智弥、吉田謙一郎:【頻尿・尿失禁 高齢社会と排尿障害を考える】 頻尿・尿失禁 state-of-the-art 過活動膀胱の診断と治療:カレントテラピー24(1): 24-28, 2005.
     
  18. 榊原隆次, 内山智之, 劉志, 山本達也, 伊藤敬志, 阿波裕輔, 山本香織, 木納美香, 山西友典, 服部孝道: 【アルツハイマー病の危険因子と予防,治療】 アルツハイマー病の合併症と対策 失禁. Modern Physician.. 25(9) 1129-1132 2005
     
  19. 石坂和博, 町田竜也, 吉田謙一郎: 前立腺癌に対するアンドロゲン除去療法による骨塩減少について. 日本臨床 63(4): 721-726, 2005.
     
  20. 吉田謙一郎: 日常よく遭遇する外科的疾患の初期対応 PSAの基礎と臨床. 栃木県医学会々誌 35 70-80 2005
     
  21. 山西友典, 後藤健太郎, 加瀬知男, 吉田謙一郎: 前立腺肥大症の薬物治療―患者さんのQOL向上に向けてー. Medical Tribune 7: 81-84, 2005.
     
  22. 山西友典: 排尿障害up dateムスカリン受容体サブタイプ. 第19回Urology BB net , 2005
     
  23. 山西友典: ICS 2004 report. メディカルトリビューン: 9-11,2005.
     
  24. 石坂和博, 吉田謙一郎, 服部英行, 前川和彦: 前立腺のチェックは受けましたか?前立腺癌の診断と治療. 玉川医師会「区民のための健康教室」講演集 : 1-10: 2005.
     
  25. 神原常仁:「第24回日本アンドロロジー学会学術大会会長賞を受賞して」獨協医科大学学内だより10: 11, 2005.
     
  26. 榊原隆次, 内山智之, 劉志, 山本達也, 伊藤敬志, 朝比奈正人, 阿波裕輔, 山西友典, 服部孝道: 痴呆と排尿障害 レウ゛ィー小体型痴呆をふくめて. 日本排尿機能学会誌 16(2) 213-224 2005.
     
  27. 山西友典、水野智弥、吉田謙一郎: 過活動膀胱の診断. Pharma medica メディカルレビュー社 24(2);29-32, 2006.
     
  28. 中西公司山西友典, 水野智弥, 吉田謙一郎, 北原聡史, 安田耕作: 夜尿症に対する干渉低周波療法. 排尿障害プラクティス 14(1) 30-34 2006
     
  29. 山西友典, 水野智弥, 中西公司, 吉田謙一郎: 尿失禁に対する骨盤底電気刺激法. 排尿障害プラクティス 14(1) 7-11 2006
     
  30. 山西友典: 「前立腺肥大症における薬物療法の新展開」顕在している前立腺肥大症、潜在している前立腺肥大症を実地医家はどうみるか?. Medical Digest. 55 (2): 18-24, 2006
     
  31. 山西友典: 精神疾患における排尿障害.ドクターサロン 2006
ページトップへ