HOME
サイトマップ お問い合わせ
HOME > 国内外論文・業績リスト > 平成18年度 論文
国内外論文・業績リスト

平成18年度

論文

Ia. 原著(欧文)
  1. Ito T, Sakakibara R, Yamamoto T, Uchiyama T, Liu Z, Asahina M, Higashi M, Arai K, Ito S, Awa Y, Yamamoto K, Kinou M, Yamanishi T, Hattori T: Urinary dysfunction and autonomic control in amyloid neuropathy. Clin Auton Res16(1): 66-71, 2006.
           
  2. Ito T, Sakakibara R, Yasuda K, Yamamoto T, Uchiyama T, Liu Z, Yamanishi T, Awa Y, Yamamoto K, Hattori T: Incomplete emptying and urinary retention in multiple-system atrophy: When does it occur and how do we manage it? Mov Disord 21(6): 816-23, 2006.
           
  3. Kitahara S, Iwatsubo E, Yasuda K, Ushiyama T, Nakai H, Suzuki T, Yamashita T, Sato R, Kihara T, Yamanishi T, Nohara Y: Practice patterns of Japanese physicians in urologic surveillance and management of spinal cord injury patients. Spinal Cord. 44(6): 362-8, 2006.
           
  4. Homma Y, Yoshida M, Seki N, Yokoyama O, Kakizaki H, Gotoh M, Yamanishi T, Yamaguchi O: Symptom assessment tool for overactive bladder syndrome-overactive bladder symptom score. Urology 68(2): 318-23, 2006.
           
  5. Yamamoto T, Sakakibara R, Uchiyama T, Liu Z, Ito T, Awa Y, Yamanishi T, Hattori T: Neurological diseases that cause detrusor hyperactivity with impaired contractile function. Neurourol Urodyn. 25(4): 356-360, 2006.
           
  6. Yamaguchi C, Sakakibara R, Uchiyama T, Liu Z, Yamamoto T, Ito T, Awa Y, Yamamoto K, Kinou M, Yamanishi T, Nomura F, Hattori T : Bladder sensation in peripheral nerve lesions. Neurourol Urodyn 25: 763-769, 2006.
           
  7. Yamanishi T, Yasuda K, Kitahara S, Nakai H, Yoshida K-I, Iizuka H: Effects of 138-355, a b3-adrenoceptor selective agonist, on relaxation of the human detrusor muscle in vitro. Neurourol Urodyn 25: 815-819, 2006.
           
  8. Fukabori Y, Yoshida K-I, Nukano K, Shibata Y, Yamanaka H, Oyoma T: Preparation of single prostate needle biopsy specimen for histological diagnosis and RNA analysis. J Urology 176: 1204-1207, 2006.
           
  9. Sakakibara R, Yamanishi T, Uchiyama T, Hattori T: Acute urinary retention due to benign inflammatory nervous diseases. J Neurol 253(8): 1103-10, 2006.
           
Ib.原著(邦文)
  1. 網谷兆康, 山西友典, 中津裕臣, 福原喜春, 新保正貴, 島 敬之, 井上 淳, 鈴木規之, 冨岡 進, 田中方士, 村上信乃, 吉田謙一郎, 中井秀郎, 北原聡史, 安田耕作: 初診時における夜尿症背景因子の検討.夜尿症研究, 11: 11-16, 2006.
           
  2. 榊原隆次, 山西友典, 内山智之, 平賀陽之, 山本達也, 伊藤敬志, 劉志, 阿波裕輔, 服部孝道: 炎症性神経疾患に伴う仙髄自律神経障害(尿閉).自律神経43: 241-249, 2006.
           
  3. 山西友典, 水野智弥, 中西公司, 釜井隆男, 榊原隆次, 内山智之, 山本達也, 伊藤敬志: 排尿筋収縮における尿路上皮とRho-kinaseの役割.自律神経43: 315-319, 2006.
           
II.症例報告(邦文)
III.著書
  1. 山西友典, 水野智弥, 中西公司, 吉田謙一郎: 講座「排尿障害: 過活動膀胱」 総合リハビリテーション. 医学書院, 34(2): pp151-156, 2006.
           
  2. 山西友典: 長期有効性 (河邊香月監修), タムスロシン有効性と安全性のエビデンス.リッチヒルメディカル, pp30-39, 2006.
           
  3. 深堀能立, 吉田謙一郎: 正常ゴナドトロピン性精子形成障害(特発性精子形成障害) 内分泌症候群 -その他の内分泌疾患を含めて- 男性性機能 性腺機能低下症 日本臨床別冊 内分泌症候群(第2版)II. 日本臨床社, pp253-256, 2006.
           
  4. 吉田謙一郎: 〔今日の小児治療方針〕包茎, 亀頭包皮炎. 医学書院, pp481, 2006.
           
  5. 釜井隆男, 吉田謙一郎: ミニマム創内視鏡下手術 ミニマム創内視鏡下根治的腎摘除術の実際. Urology View メジカルビュー社 4(6): pp 66-72, 2006.
           
IV.総説・その他
  1. 神原常仁, 吉田謙一郎: 質疑応答 泌尿器科 超高感度PSA 測定法. 日本医事新報 日本医事新報社, 4305: pp94, 2006..
           
  2. 山西友典, 水野智弥, 吉田謙一郎: 過活動膀胱の診断. Pharma medica メディカルレビュー社 24(2): pp29-32, 2006.
           
  3. 中西公司 山西友典, 水野智弥, 吉田謙一郎, 北原聡史, 安田耕作: 夜尿症に対する干渉低周波療法. 排尿障害プラクティス, 14(1): pp7-11, 2006.
           
  4. 山西友典, 水野智弥, 中西公司, 吉田謙一郎: 尿失禁に対する骨盤底電気刺激法. 排尿障害プラクティス 14(1): pp 7-11 2006
           
  5. 山西友典: 「前立腺肥大症における薬物療法の新展開」顕在している前立腺肥大症, 潜在している前立腺肥大症を実地医家はどうみるか?. Medical Digest. 55 (2): pp18-24, 2006
           
  6. 山西友典: 過活動膀胱, 総合リハビリテーション34 (2): pp151-156, 2006
           
  7. 小山徹也, 神原常仁, 深堀能立: 病理との付き合い方 明日から使える病理の基本【実践編 11】泌尿器 前立腺. Medicina 43(13): pp2087-2092, 2006.
           
  8. 山西友典, 吉田謙一郎: 「前立腺肥大症における薬物療法の新展開」顕在している前立腺肥大症, 潜在している前立腺肥大症を実地医家はどうみるか? Medical Digest. 55 (2): pp18-24, 2006.
           
  9. 山西友典: 精神疾患患者の排尿困難.ドクターサロン50(9): 665, 2006.
           
  10. 山西友典: 前立腺肥大症.調剤と情報12(8): 967-975, 2006.
           
  11. 山西友典, 吉田謙一郎: 前立腺肥大症における薬物療法の新展開, Medical Digest 抜粋版 : 2006.
           
  12. 山西友典: 臨床医による新薬の評価.酒石酸トルテロジン.クリニカルプラクティス9: pp906-908, 2006.
           
  13. 榊原隆次, 山西友典, 内山智之, 平賀陽之, 山本達也, 伊藤敬志, 劉志, 阿波祐輔, 服部孝道: 炎症性神経疾患に伴う仙髄自律神経障害(尿閉). 自律神経43: pp241-249, 2006.
           
  14. 山西友典, 水野智弥, 中西公司, 釜井隆男, 榊原隆次, 内山智之, 山本達也, 伊藤敬志: 排尿筋収縮における尿路上皮とRho-kinaseの役割.自律神経 43: pp315-319, 2006.
           
  15. 山西友典, 水野智弥, 中西公司, 吉田謙一郎: 一般内科医が知っておくべき低活動膀胱の診断と治療.クリニカ33(6): pp374-378, 2006.
           
  16. 石坂和博, 吉田謙一郎, 前川和彦: 前立腺肥大症の診断と治療. アスカ製薬株式会社, pp1-10: 2006.
           
  17. 榊原隆次, 山西友典, 内山智之, 劉志, 山本達也, 伊藤敬志, 阿波祐輔, 服, 部孝道: 良性炎症性神経疾患に伴う尿閉. 日排尿会誌17: pp268-273, 2006.
           
  18. Homma Y, Yamaguchi O, Hayashi K, and the members of the neurogenic bladder society committee (Kakizaki H, Gotoh M, Takei M, Nishizawa O, Yamanishi T, Yokoyama O: Epidemiologic survey of lower urinary tract symptoms in Japan. Urology 68: pp560-564, 2006.
           
  19. 山西友典(監訳): 切迫性尿失禁が顕著な混合性尿失禁に対するトルテロジン徐放性製剤による治療: プラセボ対照無作為化比較試験 (MERIT).Kuller V, Hill S, Laval KU, Svhiotz HA, Jonas U, Versi E: Treatment of Urge-predominant mixed urinary incontinence with tolterodine extended release: a randomized, placebo-controlled trial.. Urology 64: pp269, 2006.
           
ページトップへ