HOME
サイトマップ お問い合わせ
HOME > 国内外論文・業績リスト > 平成19年度 論文
国内外論文・業績リスト

平成19年度

論文

Ia. 原著(欧文)
  1. Yamanishi T, Kamai T, Yasuda K, Sakakibara R, Uchiyama T, Yoshida K-I: Which β-adrenoceptor subtypes are important in the treatment of overactive bladder? Cur Drug Ther 2 (1): 79-84, 2007.
           
  2. Sakakibara R, Uchiyama T, Awa Y, Liu Z, Yamamoto T, Ito T, Yamamoto K, Kinou M, Yamaguchi C, Yamanishi T, Hattori T: Psychogenic urinary dysfunction: a uro-neurological assessment. Neurourol Urodyn 26(4): 518-24, 2007.
           
  3. Ishizaka K, Kobayashi S, Machida T, Yoshida K-I: Randomized prospective comparison of fosfomycin and cefotiam for prevention of postoperative infection following urological surgery. J Infect Chemother. 13: 324-331, 2007.
           
  4. Suzuki T, Yasuda K, Yamanishi T, Kitahara S, Nakai H, Suda S, Ohkawa H: Randomized, double-blind, sham-controlled evaluation of the effect of functional continuous magnetic stimulation in patients with urgency incontinence. Neurourol Urodyn 26: 767-772, 2007.
           
  5. Yamaguchi C, Sakakibara R, Uchiyama T, Yamamoto T, Ito T, Liu Z, Awa Y, Yamamoto K, Nomura F, Yamanishi T, Hattori T: Overactive bladder in diabetes: A peripheral or central mechanism?. Neurourol Urodyn 16: 807-813, 2007.
           
  6. Yamaguchi O, Honda K, Nomiya M, Shishido K, Kakizaki H, Tanaka H, Yamanishi T, Homma Y, Takeda M, Araki I, Obara K, Nishizawa O, Igawa Y, Goto M, Yokoyama O, Seki N, Takei M, Yoshida M. Defining overactive bladder as hypersensitivity. Neurourol Urodyn 16: 904-907, 2007.
           
  7. Kamai T, Yanai Y, Arai K, Abe H, Yamanishi T, Kurimoto M, Yoshida K-I: Increased interferon alpha receptor 2 mRNA levels is associated with renal cell carcinoma metastasis. BMC Cancer. 159(7): 1-11, 2007.
           
           
Ib.原著(邦文)
  1. 本間之夫, 後藤百万, 横山修, 西澤理, 山西友典, 武井実根雄, 吉田正貴, 武田正之, 柿崎秀宏, 山口脩: eractive bladder questionnaire (OAB-q) の日本語版の計量心理学的検討.日排尿会誌 17: 250-256, 2007.
           
  2. 石坂和博, 町田竜也, 田中将樹, 川村尚子, 中村圭輔, 阿部英行, 吉田謙一郎: ナフトピジルの臨床的有用性の討―ナフトピジルと塩酸タムスロシンの臨床比較―. 泌尿器外科 20: 861-869, 2007.
II.症例報告(欧文)
  1. Mashidori T, Yamanishi T, Yoshida K, Sakakibara R, Sakurai K, Hirata K: Continuous urinary incontinence presenting as the initial symptoms demonstrating acontractile detrusor and intrinsic sphincter deficiency in multiple system atrophy. Int J Urol 14: 972-974, 2007.
III.著書
  1. 山西友典: 過活動膀胱ガイドライン. 今日の治療指針 49. 山口徹, 北原光夫, 福井次矢, 医学書院, p1585-1589, 2007.
           
  2. 山西友典: 膀胱尿道撮影, 排尿・性機能検査.(日本自律神経学会編)自律神経機能検査.分光堂, pp347-350, 2007.
           
  3. 山西友典: 外尿道括約筋筋電図, 排尿・性機能検査.(日本自律神経学会編)自律神経機能検査.分光堂, pp351-354, 2007.
           
  4. 山西友典: 薬物性排尿障害, よくわかって役に立つ排尿障害のすべて. 西澤理 監修 永井書店, p148-159, 2007.
           
  5. 山西友典: 下部尿路機能障害に対する理学療法(骨盤底筋体操), 膀胱訓練, 電気刺激治療(干渉低周波含む), 下部尿路機能障害へのアプローチ. 後藤百万 監修 中外医学社, pp55-64, 2007
           
  6. 深堀能立: 「男性不妊症」(太田健/奈良信夫編)今日の診断基準. 南光堂, pp406-407, 2007.
           
  7. 山西友典: 排尿のトラブルの検査Q&A, 排尿・排便のトラブルQ&A.本間之夫監修 日本医事新報社, pp13-22, 2007.
           
  8. 山西友典: 排尿の症状Q&A, 排尿・排便のトラブルQ&A. 本間之夫監修 日本医事新報社, pp61-70, 2007
           
  9. 山西友典, 吉田謙一郎: 過活動膀胱.病気と薬の説明ガイド南山堂, pp378-390, 2007.
           
  10. 山西友典: 尿失禁, レジデント・コンパス, 泌尿器科編 ライフ・サイエンス, pp18-22, 2007.
           
  11. 吉田謙一郎, 増田聡雅: NEW 泌尿器科学 第4章(7)膀胱の先天異常(8)尿道の先天異常.南江堂, pp15-141, 2007
IV.総説・その他
  1. 山西友典, 水野智弥, 中西公司, 吉田謙一郎: 過活動膀胱に対するNeuromodulation. これだけは知っておきたい: OAB治療のエッセンス. Urology View 5: 63-69, 2007.
           
  2. 山西友典, 水野智弥, 中西公司, 釜井隆男, 吉田謙一郎: 脳卒中後の排尿障害-とくに尿貯留なしに頻尿を訴える時の対策.高齢者の排尿障害の病態と対策.排尿障害プラクティス, 14: 39-45, 2007.
           
  3. 山西友典, 吉田謙一郎: 保存治療.連載「国際会議からの報告」.排尿障害プラクティス15(1): 86-95, 2007.
           
  4. 山西友典, 水野智弥, 中西公司, 吉田謙一郎: Neuromodulation.過活動膀胱のすべて.臨床泌尿器科61(8): 603-609, 2007.
           
  5. 山西友典: 新薬展望2007.第Ⅱ部 注目の新薬. 過活動膀胱治療剤, 一般名: 酒石酸トルテロジン 「デトルシトールⓇカプセル2mg・4mg」医薬ジャーナル43: 59-62, 2007.
           
  6. Chapple CR, 西澤理, 吉田正貴, 井川靖彦, 武田正之, 本間之夫, 後藤百万, Abrams P, 武井実根雄, 山西友典: 特別企画OAB East/West summit meeting. Medical Tribune 40: 46-49, 2007.
           
  7. 山西友典, 水野智弥, 中西公司, 吉田謙一郎: 診療ガイドラインの実践と問題点.過活動膀胱の最前線.排尿障害プラクティス 15: 130-21, 2007.
           
  8. 吉田謙一郎, 山西友典, 坂本修一, 細谷吉克: 過活動膀胱(OAB)の診断と治療―プライマリケアに見られる尿意切迫感・頻尿・尿漏れー. Medical Tribune 3.22, 83-84, 2007.
           
  9. 山西友典: イラストで学ぶLUTS 「前立腺肥大症における低侵襲手術」.LUTS Clinical Research 3, 10-11, 2007.
           
  10. 吉田謙一郎: 「LUTSとOABについて」. 真壁医師会報 7, 9, 2007.
           
  11. 関戸哲利, 山西友典, 大谷幹伸, 川井紘一, 水野智弥: 過活動膀胱(OAB)の診断と治療野問題点.Medical Tribune 特別企画.8, 2007.
           
  12. 石坂和博, 吉田謙一郎: スローエイジングとアンチエイジング“DHEA”. 臨床看護 33(10), 1454-1459, 2007.
           
  13. 龍宮克尚, 山西友典, 水野智弥, 榊原隆次, 吉田謙一郎: 前立腺肥大症に対するタムスロシンの長期臨床効果の検討.第14回日本排尿機能学会News Letter, 2007.
           
  14. 釜井隆男, 中村文彦, 阿部英行, 山西友典, 吉田謙一郎: 尿管損傷(他科手術時), 特集泌尿器科救急. 臨床泌尿器科61(13), 1049-1055, 2007.
           
  15. 石坂和博, 吉田謙一郎, 前川和彦: “尿漏れは治りますよ!”尿失禁の診断と治療.アスカ製薬パンフレット, 2007.
ページトップへ