HOME
サイトマップ お問い合わせ
HOME > 国内外論文・業績リスト > 平成19年度 学会・研究会・講演
国内外論文・業績リスト

平成19年度

学会・研究会・講演

I.特別講演
  1. 山西友典: 下部尿路におけるムスカリン受容体サブタイプの局在と機能的役割.第6回東北排尿障害研究会, 仙台, 2007, 2.
      
  2. 山西友典: (特別講演)高齢者における排尿のマネージメント.第11回信州排尿障害研究会, 松本, 2007, 3.
      
  3. 釜井隆男, 吉田謙一郎: 「腎癌肺転移巣に対するインターロイキンー2の吸入療法の試み」第3回腎腫瘍懇話会・学術講演会, 栃木, 2007, 3.
      
  4. 本田幹彦: 「日常診療における下部尿路症状の診断と治療」小山地区医師会・下都賀郡市医師会学術講演会, 栃木, 2007, 4.
      
  5. 釜井隆男: 「腎盂尿管癌の病理学的予後因子の検討」学術講演会, 宇都宮, 2007, 5.
      
  6. 水野智弥: 〔下垂体腫瘍摘出後に発生した無精子症に対しHCG-HMG補充療法を行い, 人工授精しえた一例〕学術講演会, 宇都宮, 2007.5.
      
  7. 大島博幸, 吉田謙一郎: 「性分化異常―病態からみた分類」学術講演会, 宇都宮, 2007, 5.
      
  8. 山西友典: 前立腺肥大症を合併した高齢者の排尿マネージメント.イブニングセミナー「高齢者泌尿器科疾患の薬物療法の選択とコツ」. 第20回日本老年泌尿器科学会, 長崎, 2007, 5.
      
  9. Yamanishi T, Hamano S, Amiya Y, Sekiyama K: Efficacies of Bladder Training for the Treatment of Nocturnal Enuresis. The Joint Meeting of the 18th Annual Meeting of the Japanese Society on Enuresis and the 3rd Annual Meeting of the Korean Enuresis Association, Kyoto, 2007, 6.
      
  10. Yamanishi T: Surgery for stress incontinence: Present and Future. 2nd Korea-Japan Friendly LUTS Meeting, Seoul, 2007, 6.
      
  11. 舛森直哉, 深堀能立, 吉田謙一郎: 「前立腺肥大症関連のLUTSに対する抗コリン剤の位置づけ」第9回排尿プラクティス研究会, 宇都宮, 2007, 6.
      
  12. 吉田謙一郎: 「LUTS(下部尿路症状)とOAB(過活動膀胱)について」真壁医師会学術講演会, 茨城, 2007, 6.
      
  13. 山西友典: 「OAB治療には, どのムスカリン受容体サブタイプ選択薬が有効か?」. Urology Forum大阪, 2007, 6.
      
  14. 山西友典, 吉田謙一郎: 「前立腺肥大症に対するハルナールの長期臨床効果」. 排尿セミナー2007-ベシケア発売1周年記念講演, 宇都宮, 2007, 6.
      
  15. 吉田謙一郎: 「アンドロゲンの発現機構における遺伝子多型とその疾患」. 第5回内分泌・代謝セミナー, 東京, 2007, 7.
      
  16. 山西友典, 吉田謙一郎: 「過活動膀胱におけるかかりつけ医と専門医の役割」. 第3回栃木OAB・排尿障害セミナー・デトルシトール発売1周年記念講演会, 宇都宮, 2007, 7.
      
  17. 山西友典: 「男性の排尿障害について」. 市民公開講座, 秋田, 2007, 7.
      
  18. 山西友典: 「前立腺肥大症の診断と治療- 1-ブロッカーを中心に-」. 第3回熊本泌尿器疾患研究会.熊本, 2007, 7.
      
  19. 深堀能立: 「過活動膀胱の診断と治療」. 佐野市医師会/足利市医師会 学術講演会, 足利, 2007, 9.
      
  20. 山西友典: 「前立腺肥大症に対する薬物療法で求められる条件とは~早さと勢い~」. 第14回日本排尿機能学会ランチョンセミナー, 猪苗代, 2007, 10.
      
  21. 山西友典: 「神経因性膀胱の尿流動態検査による評価」. 第17回福岡神経泌尿器セミナー, 福岡, 2007, 10.
      
  22. 本田幹彦: 「限局性・局所進行性前立腺癌に対するホルモン療法の効果〕. 学術講演会, 宇都宮, 2007, 11.
      
  23. 山西友典: 「神経因性膀胱の尿流動態検査による評価」. 第37回日本臨床神経生理学会学術大会, 壬生, 2007, 11.
      
  24. 山西友典: 「神経因性過活動膀胱の診断と治療」第37回日本臨床神経生理学会学術大会, ランチョンセミナー, 壬生, 2007. 11.
      
  25. 釜井隆男: 「予後マーカーとしてのIFNARの役割」. 栃木県腎癌講演会, 宇都宮, 2007, 11.
      
  26. 本田幹彦: 〔尿路上皮癌の治療に伴う細胞変化を極めたいー治療前・治療中・治療後の変化を中心にー「治療法と膀胱鏡による診断」. 第46回日本臨床細胞学会秋期大会ワークショップ, 仙台, 2007, 11.
      
II.研究報告
  1. 山西友典: 排尿筋収縮における尿路上皮よりの調節因子の同定とRHO kinaseの役割(課題番号: 18591770)平成18-19年度科学研究費補助金(基盤研究C)
III.学会発表

a.シンポジウム

  1. Yamanishi T: Present advances in clinical aspects of neurogenic bladder. (Symposium: The Neurogenic Bladder: Where are we now?). 2nd Pan-Pacific Continence Society Meeting, Seoul, 2007, 10, 19.
      
  2. 山西友典: 「過活動膀胱, 難治性慢性排尿障害に対する治療戦略」.第72回日本泌尿器科学会東部総会 イブニングセミナー, 札幌, 2007, 8, 30.
      
  3. 山西友典: 「神経因性膀胱を見直す」第14回日本排尿機能学会, 猪苗代, 2007, 10, 4.
      
  4. 榊原隆次, Fowler Clare J, 内田佳孝, 内山智之, 山西友典, 服部孝道: Functional brain imagingと排尿. 第14回日本排尿機能学会, 猪苗代, 2007, 10, 4.

b.一般発表

  1. Yamanishi T, Awa Y, Mizuno T, Nakanishi K, Kanbara T, Kamai T, Yoshida K-I: Lower urinary tract dysfunction after radical hysterectomy. 22nd Annual European Urological Association, Congress Berlin, 2007, 3.
      
  2. Takeda M, Homma Y, Araki I, Kakizaki H, Yamanishi T, Yokota T, Gotoh M, Igawa Y, Seki N, Takei M, Yoshida M, Sugaya K, Nishizawa O: Predictive factors for the effect of alpha1-adrenoceptor antagonist on subjective and objective parameters in patients with neurogenic lower urinary tract dysfunction: special focus on alpha1-D/A adrenoceptor antagonist naftopidil. 101st Annual Meeting of American Urological Association, Anaheim, 2007, 5.
      
  3. Amiya Y, Yamanishi T, Yasuda K, Yoshida K-I, Nakatsu H, Emura M, Sasaki M, Shimoto M, Shima T, Suzuki N: Comparison of the Background Factors in the Curative and Refractory Patients of Nocturnal Enuresis. The Joint Meeting of the 18th Annual Meeting of the Japanese Society on Enuresis and the 3rd Annual Meeting of the Korean Enuresis Association, Kyoto, 2007, 6.
      
  4. Yamanishi T, Mizuno T, Yoshida K-I, Sakakibara R, Hirakawa S: Urodynamic effects of silodosin, a new alpha1A-adrenoceptor selective antagonist, for the treatment of benign prostatic hyperplasia. 37th Annual Meeting of International Continence Society, Rotterdam, 2007, 8.
      
  5. Yamanishi T, Furuya N, Yoshida K-I, Sakakibara R, Uchiyama T, Yamamoto T: Nocturia in male adults: comparison between patients with BPE and those without BPE. 37th Annual Meeting of International Continence Society, Rotterdam, 2007, 8.
      
  6. Yamanishi T, Mizuno T, Yoshida K-I, Sakakibara R, Uchiyama T, Ito T, Yamamoto T: The efficacies of
    interferential therapy for the treatment of urinary incontinence and storage dysfunction refractory to the conventional conservative treatments. 37th Annual Meeting of International Continence Society, Rotterdam, 2007, 8.
      
  7. Sakakibara R, Yamamoto T, Uchiyama T, Mori M, Kuwabara S, Awa Y, Yamaguchi C, Yamanishi T, Takahashi H, Shirai K, Hattori T: Hypo- and hyper-active lumbosacral nerves cause urinary dysfunction in Guillain-Barr・syndrome. 37th Annual Meeting of International Continence Society, Rotterdam, 2007, 8.
      
  8. Awa Y, Yamanishi T, Yamaguchi C, Yamamoto K, Ito T, Yamamoto T, Riu Z, Uchiyama T, Skakibara R, Naya Y, Suzuki H, Ichikawa T: Influence for a lower urinary tract of radiotherapy performed uterine cervical cancer postoperatively. 37th Annual Meeting of International Continence Society, Rotterdam, 2007, 8.
      
  9. Liu Z, Uchiyama T, Sakakibara R, Yamamoto T, Ito T, Yamaguchi C, Yamanishi T, Hattori T: Lower urinary tract dysfunctions in patients with Parkinson’s Disease. - Influence of age, gender, disease duration, motor severity and medication -. 37th Annual Meeting of International Continence Society, Rotterdam, 2007, 8.
      
  10. Uchiyama T, Sakakibara R, Yoshiyama M, Lui Z, Yamamoto T, Ito T, Yamaguchi C, Awa Y, Yamanishi T, Hattori. T: Photo-stimulating effects of low reactive level laser on micturition function in rats. 37th Annual Meeting of International Continence Society, Rotterdam, 2007, 8.
      
  11. Yamaguchi C, Sakakibara R, Uchiyama T, Yamamoto T, Ito T, Awa Y, Yamamoto K, Nomura F, Mamada K, Sawabe Y, Hattori T, Yamanishi T: Post-void residual volume increases after pressure-flow in diabetic patients. 37th Annual Meeting of International Continence Society, Rotterdam, 2007, 8.
      
  12. Araki I, Takeda M, Homma Y, Gotoh M, Igawa Y, Seki N, Takei M, Yoshida M, Kakizaki H, Yamanishi T, Sugaya M, Nishizawa O: Predictive factors for the effect of alpha1- adrenoceptor antagonist on subjective and objective parameters in patients with neurogenic lower urinary tract dysfunction: Special focus on alpha1-D/A adrenoceptor antagonist naftopidil. 37th Annual Meeting of International Continence Society, Rotterdam, 2007, 8.
      
  13. Takeda M, Homma Y, Araki I, Kakizaki H, Yamanishi T, Gotoh M, Igawa Y, Seki N, Takei M, Yoshida M, Sugaya K, Nishizawa O: Storage symptoms are more bothersome than voiding symptoms in patients with both neurogenic lower urinary tract dysfunction and difficult emptying relationship between detrusor overactivity and the effect OF alpha1-D/A adrenoceptor antagonist naftopidil-. 37th Annual Meeting of International Continence Society, Rotterdam, 2007, 8.
      
  14. Liu Z, Uchiyama T, Sakakibara R, Yamamoto T, Ito T, Yamaguchi C, Yamanishi T, Hattori T: The short-term effect of amantadine hydrochloride on micturition in 6-hydroxydopamine treated Parkinson’s disease model rats. 37th Annual Meeting of International Continence Society, Rotterdam, 2007, 8.
      
  15. Ishizaka K, Machida T, Tanaka M, Kawanura N, Nakamura K, Mizuno Y, Maekawa Y, Kamai T, Honda M, Yoshida K-I: The effect of risedronate for prostate cancer patients under androgen deprivation therapy. 24th Congress of the Societe Internationale ditralgie, Paris, 2007.9.
      
  16. Igarashi T, Naya Y, Nakamura K, Osa Y, Yamanishi T, Ichikawa T: An opened and flattened panoramic picture of the ureter and urethra processed from ureteroscopic or cystourethroscopic video image. 25th World Congress of Endourology and SWL, Cancun、 2007, 10.
      
  17. Mizuno T, Yamanishi T, Yoshida K-I: A randomized, placebo-controlled, double-blind study of electrical stimulation with pelvic floor muscle training for the treatment of urinary incontinence after radical prostatectomy. The 2nd Pan-Pacific Continence Society. Seoul, 2007, 10.
      
  18. Awa Y, Yamanishi T, Yamamoto K: Lowe Urinary tract dysfunction after radical hysterectomy. The 2nd Pan-Pacific Continence Society. Seoul, 2007, 10.
      
  19. Mizuno T, Yamanishi T, Yoshida K-I: Nocturia in male adults: comparison between patients with BPE and those without BPE. The 2nd Pan-Pacific Continence Society. Seoul, 2007, 10.
      
  20. Mizuno T, Yamanishi T, Yoshida K-I: The efficacies of interferential therapy for the treatment of urinary incontinence and storage dysfunction refractory to the conventional conservative treatments. The 2nd Pan-Pacific Continence Society. Seoul, 2007, 10.
      
  21. 曲友弘, 柴田康博, 羽鳥基明, 伊藤一人, 鈴木和浩, 深堀能立, 小倉治之: 群馬大学医学部附属病院におけるCIC終了症例の臨床的検討. 第45回日本泌尿器科学会群馬地方会, 前橋2007, 2.
      
  22. 福田武彦, 神原常仁, 釜井隆男, 山西友典, 山口佳志, 水野智弥, 前田節夫, 本田幹彦, 深堀能立, 吉田謙 一郎: 腎不全に合併し, 腎膿瘍, 腎盂腫瘍との鑑別困難だった腎Sarcomatoidの1例. 第56回日本泌尿器科学会栃木地方会, 壬生, 2007, 3.
      
  23. 中村文彦, 古谷信隆, 阿部英行, 釜井隆男, 深堀能立, 吉田謙一郎: 後腹膜原発脂肪腫の1例. 第56回日本 泌尿器科学会栃木地方会, 壬生, 2007, 3.
      
  24. 田中美穂, 山口圭一, 小野裕子: 好酸球性膀胱炎の一例. 第56回日本泌尿器科学会栃木地方会, 壬生, 2007, 3.
      
  25. 神原常仁, 都築豊徳, 深堀能立, 吉田謙一郎, 小山徹也: Stage D2前立腺癌の予後因子の検討, 特にGlobal Gleason Score(GGS)とHighest Gleason Score(HGS)の比較. 第96回日本病理学会総会, 大阪, 2007, 3.
      
  26. 釜井隆男, 山西友典, 神原常仁, 龍宮克尚, 福田武彦, 中村文彦, 橋本智貴, 増田聡雅, 豊嶋豊照, 吉田謙一郎: 右副腎腫瘍に対するミニマム創内視鏡下手術における経腰的/経腹膜的アプローチによる周術期成績の比較検討. 第95回日本泌尿器科学会総会.神戸, 2007, 4.
      
  27. 水野智弥, 山西友典, 福田武彦, 中村文彦, 橋本智貴, 山口佳志, 中西公司, 神原常仁, 釜井隆男, 前田節夫, 吉田謙一郎: 保存療法に無効であった尿失禁および蓄尿障害における干渉低周波療法の成績.第95回日本泌尿器科学会総会.神戸, 2007, 4.
      
  28. 龍宮克尚, 釜井隆男, 神原常仁, 古谷信隆, 真志取智子, 橋本智貴, 中村文彦, 山西友典, 吉田謙一郎: 腎腫瘍に対する血管処理における術前3D-CTの有用性.第95回日本泌尿器科学会総会.神戸, 2007, 4.
      
  29. 古谷信隆, 山西友典, 中西公司, 水野智弥, 平川真治, 阿波祐輔, 真志取智子, 中村文彦, 吉田謙一郎: 男性の夜間頻尿における排尿日誌による検討.第95回日本泌尿器科学会総会.神戸, 2007, 4.
      
  30. 神原常仁, 深堀能立, 小山徹也, 中村文彦, 橋本智貴, 真志取智子, 中西公司, 阿部英行, 釜井隆男, 豊島豊照, 本田幹彦, 山西友典, 吉田謙一郎: Stage D2前立腺癌の予後因子の検討. 第95回日本泌尿器科学会総会.神戸, 2007, 4.
      
  31. 曲友弘, 柴田康博, 羽鳥基明, 伊藤一人, 鈴木和浩, 深堀能立: 群馬大学医学部附属病院における間歇式バルーン使用症例の臨床的検討 CIC導入早期の使用症例を中心に. 第95回日本泌尿器科学会総会.神戸, 2007, 4.
      
  32. 大竹伸明, 中田誠司, 中村敏之, 関原哲夫, 清水信明, 小林幹男, 栗原潤, 上原尚夫, 矢嶋久徳, 鈴木和浩, 山中英壽, 鈴木慶二, 深堀能立: わが国における家族性前立腺癌について(第10報). 第95回日本泌尿器科学会総会.神戸, 2007, 4.
      
  33. 小島とく, 大竹公子, 吉田謙一郎, 山西友典, 神原常仁, 福田武彦: 前立腺全摘除術後の骨盤底筋体操の効果-退院後の尿失禁の状況. 第20回日本老年泌尿器科学会, 長崎, 2007, 5.
      
  34. 水野智弥, 山西友典, 中村文彦, 福田武彦, 中西公司, 阿部英行, 釜井隆男, 深堀能立, 本田幹彦, 吉田謙一郎: 保存療法に無効であった尿失禁および蓄尿障害の女性患者に対する干渉低周波療法の成績.第57回日本泌尿器科学会栃木地方会, 壬生, 2007, 6.
      
  35. 福田武彦, 本田幹彦, 中西公司, 山口佳志, 前田節夫, 阿部英行, 釜井隆男, 吉田謙一郎: 両側異時性及び異所性褐色細胞腫の1例. 第57回日本泌尿器科学会栃木地方会, 壬生, 2007, 6.
      
  36. 水野智弥, 山西友典, 福田武彦, 中村文彦, 中西公司, 阿部英行, 釜井隆男, 深堀能立, 本田幹彦, 吉田謙一郎: 保存療法に無効であった尿失禁および蓄尿障害の女性患者に対して行った干渉低周波療法の成績.第9回日本女性骨盤底医学会学術集会.福島, 2007, 6.
      
  37. 深堀能立, 新井京子, 大出定夫, 山根則幸, 吉田謙一郎: 栃木県における前立腺癌検診の現状と問題点. 第16回日本腎泌尿器疾患予防医学研究会, 大阪, 2007, 7.
      
  38. 福田武彦, 福島直太朗, 中村文彦, 水野智弥, 前田節夫, 神原常仁, 中西公司, 釜井隆男, 本田幹彦, 山西友典, 吉田謙一郎: Alport症候群に合併した, MIBGシンチ陰性の褐色細胞種の1例, 第72回日本泌尿器科学会東部総会.(8.30.2007, 札幌).
      
  39. 中村文彦, 山西友典, 神原常仁, 阿部英行, 水野智弥, 龍宮克尚, 深堀能立, 吉田謙一郎: 2cm以上の尿管狭窄に対するballoon dilation の有用性の検討.第72回日本泌尿器科学会東部総会, 札幌, 2007, 8.
      
  40. 石坂和博, 町田竜也, 田中将樹, 川村尚子, 中村圭輔, 吉田謙一郎: 前立腺肥大症診療におけるナフトピジルの臨床的有用性の検討. 第72回日本泌尿器科学会東部総会, 札幌, 2007, 8.
      
  41. 五十嵐辰男, 納谷幸男, 大西哲郎, 長 雄一, 阿波祐輔, 山西友典, 市川智彦: 内視鏡全体画像による新しい尿路画像診断法の提唱.第72回日本泌尿器科学会東部総会, 札幌, 2007, 8.
      
  42. 榊原隆次, 内田佳孝, 石井一成, 数井裕光, 橋本正明, 石川正恒, 湯浅龍彦, 白井厚治, 服部孝道, 内山智之, 山西友典, Shin Phoni: 特発性正常圧水頭症の排尿障害と右前頭葉血流低下.第14回日本排尿機能学会, 猪苗代, 2007, 10.
      
  43. 山西友典, 水野智弥, 釜井隆男, 吉田謙一郎: 前立腺肥大症におけるシロドシンの尿流動態検査における検討.第14回日本排尿機能学会, 猪苗代, 2007, 10.
      
  44. 水野智弥, 山西友典, 釜井隆男, 榊原隆次, 内山智之, 伊藤敬志, 山本達也, 阿波祐輔, 吉田謙一郎: ヒト正常膀胱と排尿筋過活動膀胱におけるcarbachol収縮に対するSolifenacinの効果.第14回日本排尿機能学会, 猪苗代, 2007, 10.
      
  45. 曲友弘, 鈴木和浩, 深堀能立, 村椿茂里, 新井明子, 小泉美佐子, 上山真美: “ユニフィケーション”としての“尿失禁相談”が診療に及ぼす影響. 第14回日本排尿機能学会, 猪苗代, 2007, 10.
      
  46. 内山智之, 榊原隆次, 劉志, 山本達也, 伊藤敬志, 阿波祐輔, 山本香織, 山口千晴, 山西友典, 服部孝道: パーキンソン病の排尿障害における中枢神経諸核の以上の関与について-量側黒質6OHDA処置パーキンソン病モデルを用いての検討-. 第14回日本排尿機能学会, 猪苗代, 2007, 10.
      
  47. 榊原隆次, 神田武政, 関戸哲利, 内山智之, 伊藤敬志, 劉志, 山本達也, 阿波祐輔, 山口千晴, 山西友典, 白井厚治, 服部孝道: 特発性正常圧水頭症の排尿障害-ウロダイナミクスによる検討-.第14回日本排尿機能学会, 猪苗代, 2007, 10.
      
  48. 武田正之, 荒木勇雄, 本間之夫, 柿崎秀宏, 横田崇, 山西友典井川靖彦, 後藤百万, 関成人, 武井実根雄, 吉田正貴, 菅谷公男, 西澤理: 神経因性膀胱に伴う排尿困難症を有する患者での愁訴の検討-排尿筋過活動とアルファ1受容体遮断薬ナフトピジルの有効性との関係-. 第14回日本排尿機能学会, 猪苗代, 2007, 10.
      
  49. 荒木勇雄, 武田正之, 本間之夫, 柿崎秀宏, 横田崇, 山西友典, 井川靖彦, 後藤百万, 関成人, 武井実根雄, 吉田正貴, 菅谷公男, 西澤理: 神経因性膀胱に伴う排尿困難症例におけるアルファ1受容体遮断薬(ナフトピジル)の有効性の検討: 効果予測因子としての残尿量の意義.第14回日本排尿機能学会, 猪苗代, 2007, 10.
      
  50. 山西友典, 水野智弥, 釜井隆男, 榊原隆次, 内山智之, 伊藤敬志, 山本達也, 阿波祐輔, 吉田謙一郎: ヒト正常膀胱と排尿筋過活動膀胱におけるcarbachol収縮に対するSolifenacinの効果.第14回日本排尿機能学会, 猪苗代, 2007, 10.
      
  51. 阿波祐輔, 山西友典, 山口千晴, 石川香織, 神谷直人, 今本敬, 納谷幸男, 鈴木敬悦, 市川智彦, 伊藤敬志, 山本達也, 劉志, 内山智之, 服部孝道, 榊原隆次, 安田耕作: 子宮頚癌術後に行われる放射線治療の下部尿路に対する影響.第14回日本排尿機能学会, 猪苗代, 2007, 10.
      
  52. 龍宮克尚, 山西友典, 水野智弥, 榊原隆次, 吉田謙一郎: 前立腺肥大症に対する塩酸タムスロシンの長期臨床効果の検討.第14回日本排尿機能学会, 猪苗代, 2007, 10.
      
  53. 西本憲一, 安田耕作, 西川慶一郎, 播本幸司, 佐藤両, 北原聡史, 山西友典: 尿道の損失係数と前立腺の仮想円面積比の関係-2施設での比較検討-.第14回日本排尿機能学会, 猪苗代, 2007, 10.
      
  54. 深堀能立, 神原常仁, 中野勝也, 新井誠二, 柴田康博, 吉田謙一郎: FGFR2の発現特性による前立腺癌の予後予測. 第45回日本癌治療学会総会, 京都, 2007, 10.
      
  55. 中村文彦, 山西友典, 水野智弥, 福田武彦, 神原常仁, 吉田謙一郎: 腹圧性尿失禁に対するヒアルロン酸ゲル(ZuidexTM)注入療法の検討.第58回日本泌尿器科学会栃木地方会, 壬生, 2007, 11.
      
  56. 渡辺美穂, 水野智弥, 中村文彦, 山西友典, 吉田謙一郎.腹圧性尿失禁の既往を持ち診断困難であった尿管膣瘻の1例.第58回日本泌尿器科学会栃木地方会, 壬生, 2007, 11.
      
  57. 深堀能立, 新井京子, 吉田謙一郎, 大出定夫, 山根則幸, 川島清隆: 栃木県における前立腺癌検診の現状.「前立腺癌検診特別討論会」第58回日本泌尿器科学会栃木地方会, 壬生, 2007, 11.
      
  58. 山崎瞳, 柳林亜希, 新井京子, 吉田謙一郎: Nested-PCR法を用いたアンドロゲンレセプターのCAG繰り返し塩基配列数の測定. 第54回日本臨床検査医学会学術総会, 第47回日本臨床化学会年次学術総会, 大阪, 2007, 11.
      
  59. 柳林亜希, 山崎瞳, 新井京子, 吉田謙一郎; オーガンバスシステムを用いたブタ膀胱平滑筋の収縮抑制効果の検討. 第47回日本臨床化学会年次学術総会, 大阪, 2007, 11.
      
  60. 阿部英行, 釜井隆男, 新井京子, 山西友典, 吉田謙一郎: 腎細胞癌におけるIL-10レセプターの発現の検討.第35回獨協医学会, 壬生, 2007, 12.
IV.その他

a.執筆

  1. 山西友典: Japan LUTS Questionnaire 「前立腺肥大症に伴う過活動膀胱(OAB)の診断.LUTS Clinical Research Vol2, pp4-5, 2007.
      
  2. 山西友典: Japan LUTS Questionnaire 「前立腺肥大症に伴う下部尿路症状(LUTS)の診断.LUTS Clinical Research Vol2, pp2-3, 2007.

b.その他

  1. 山西友典: 夜間頻尿, TBSラジオ明日も元気.2007, 1.7-11.
      
  2. 山西友典: 「どうしました」朝日新聞, 2007, 1, 22.
      
  3. 山西友典: ICS2006 report pp17-18, 2007.
      
  4. 吉田謙一郎: シルバー世代のヘルスケア「あきらめないで“おしっこの悩み”」下野新聞, 2007, 4, 15.
      
  5. 山西友典: 「困った夜間頻尿」医療者のつぶやき.東京新聞, 2007, 5, 24.
      
  6. 山西友典, 吉田謙一郎: Bladder Diary. 2007.
      
  7. 山西友典: 腹部エコーで簡単「残尿測定」2007.
      
  8. 楫靖, 吉田謙一郎: 「症例提示によるミニレクチャー」第2回泌尿器画像診断検討会, 宇都宮, 2007. 6. 27.
      
  9. 深堀能立: 「前立腺検診におけるPSAの問題点と開業医の役割」第9回前立腺癌検診懇話会, 宇都宮, 2007. 6, 28.
      
  10. 深堀能立: 「前立腺の増殖と性ホルモン」あすか製薬川崎事業所抄読会, 川崎, 2007, 7, 27.
      
  11. 深堀能立: 「高齢者の排尿障害における薬物治療について」 那須排尿障害セミナー, 栃木, 2007, 11, 20.
      
  12. 深堀能立: 「排尿障害と性機能障害」. 第16回北関東ストーマリハビリテーション講習会in栃木, 壬生, 2007, 11.23-25.
      
ページトップへ