HOME
サイトマップ お問い合わせ
HOME > 国内外論文・業績リスト > 平成20年度 論文
国内外論文・業績リスト

平成20年度

論文

I. 原著論文
  1. Abe H, Yamanishi T, Mashidori T, Arai K, Kamai T: Significant association of interleukin 10 receptor mRNA levels with renal cell carcinoma metastasis. Biomedical Research 29(1): 19-25, 2008.

  2. Sakakibara R, Uchiyama T, Yamanishi T, Shirai K, Hattori T: Bladder and bowel dysfunction in Parkinson's disease. J Neural Transm 115(3): 443-460, 2008.

  3. Sakakibara R, Kanda T, Sekido T, Uchiyama T, Awa Y, Ito T, Liu Z, Yamamoto T, Yamanishi T, Yuasa T, Shirai K, Hattori T: Mechanism of bladder dysfunction in idiopathic normal pressure hydrocephalus. Neurourol Urodyn 27(6): 507-510, 2008.

  4. Sakakibara R, Uchiyama T, Yamanishi T, Kishi M: Dementia and lower urinary dysfunction:With a reference to anticholinergic use in elderly population. Int J of Urology 15: 778-788, 2008.

  5. Sakakibara R, Yamaguchi C, Uchiyama T, Ito T, Liu Z, Yamamoto T, Awa Y, Yamanishi T, Hattori T: Pelvic autonomic dysfunction without paraplegia: a sequel of spinal cord stroke. Eur Neurol 60(2): 97-100, 2008.

  6. Hosoya T, Monden T, Fukabori Y, Hashimoto K, Satoh T, Kasai K, Yamada M, Mori M: A novel splice variant of the nuclear coactivator p120 functions strongly for androgen receptor: characteristic expression in prostate disease. Endocrine Journal 55(4): 657-665, 2008.

  7. Abe H, Kamai T, Tsujii T, Nakamura F, Mashidori T, Mizuno T, Tanaka M, Tatsumiya K, Furuya N, Masuda A, Yamanishi T, Yoshida K-I: Possible role of the RhoC/ROCK pathway in progression of clear cell renal cell carcinoma. Biomedical Research 29(3): 155-161, 2008.

  8. Abe H, Kamai T, Shirataki H, Oyama T, Arai K, Yoshida K-I: High expression of Ran GTPase is associated with local invasion and metastasis of human clear cell renal cell carcinoma. Int J Cancer 122: 2391-2397, 2008.

  9. Igarashi T, Zenbutsu S, Yamanishi T, Naya Y: Three-Dimensional image processing system for the ureter and urethra using endoscopic video. J Endourol 22(8): 1569-1572, 2008.

  10. Homma Y, Yoshida M, Yamanishi T, Gotoh M: Core Lower Urinary Tract Symptom Score (CLSS) questionnaire: A reliable tool in the overall assessment of lower urinary tract symptoms. Int J Urol 15(9): 816-820, 2008.

  11. 山西友典, 水野智弥, 中西公司, 古谷信隆, 渡辺美穂, 真志取智子, 龍宮克尚, 吉田謙一郎, 濱野聡, 網谷兆康: 夜尿症における膀胱訓練. 夜尿症研究 13: 19-23, 2008.

  12. 網谷兆康, 山西友典, 安田耕作, 吉田謙一郎,中津裕臣, 江村正博, 佐々木 真, 新保正貴,島 敬之, 鈴木規之, 冨岡 進, 田中方士,村上信乃: 夜尿症治癒例および非治癒例における初診時背景因子の検討. 夜尿症研究 13: 67-71, 2008.

  13. 深堀能立,古谷信隆,龍宮克尚,新井京子,大出定夫,山根則幸,吉田謙一郎: 栃木県における前立腺癌検診の現状と問題点. 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会誌 16(1): 81-83, 2008.
II.症例報告
  1. Sakakibara R, Yamazaki M, Mannouji C, Yamaguchi C, Uchiyama T, Ito T, Liu Z, Yamamoto T, Awa Y, Yamanishi T, Hattori T: Urinary Retention without Tetraparesis as a Sequel to
    Spontaneous Spinal Epidural Hematoma. Intern Med 47(7): 655-657, 2008.
III.総説等
  1. Yamanishi T, Kamai T, Yoshida K-I: Neuromodulation for the treatment of urinary incontinence. Int J Urol 15(8): 665-672, 2008.

  2. Sakakibara R, Uchiyama T, Yamanishi T, Kishi M: Dementia and lower urinary dysfunction: With a reference to anticholinergic use in elderly population. Int J Urol 15(9): 778-788, 2008.

  3. 山西友典, 水野智弥, 吉田謙一郎: 特集 泌尿器外来ベストナビゲーション 2. 神経因性膀胱障害と尿失禁 尿失禁【遺尿症(夜尿症)】42.ときどき夜尿症のある男児(小学6年生)です.修学旅行に行くので予防薬を希望して受診しました.対処と処方について教えてください. 臨床泌尿器科 62(4): 143-145, 2008.

  4. 山西友典, 水野智弥, 吉田謙一郎: 特集 泌尿器外来ベストナビゲーション 2. 神経因性膀胱障害と尿失禁 尿失禁【遺尿症(夜尿症)】43.抗コリン薬による口腔内びらんをきたした夜尿症児です.対処と処方について教えてください. 臨床泌尿器科 62(4): 146-148, 2008.

  5. 山西友典, 吉田謙一郎: 特集 過活動膀胱を再考する 過活動膀胱診療における排尿機能検査の意義を見直す. 泌尿器外科 21(4): 557-565, 2008.

  6. 山西友典, 龍宮克尚, 吉田謙一郎, 金水英俊, 小潟隆英, 五十嵐辰男: 内視鏡全体画像の応用:下部尿路. Mebio New Technology 25: 6-13, 2008.

  7. 山西友典, 吉田謙一郎: 特集 排尿障害に関する新規治療薬1 -可能性のある薬剤も含めて-排尿障害(2)排尿筋収縮力増強作用/外尿道括約筋弛緩作用:GABA活性薬 他.VOIDING DISORDERD DIGEST. 排尿障害プラクティス 16(2): 107-112, 2008.

  8. 山西友典, 吉田謙一郎: 特集:プライマリーケアにおける下部尿路機能障害へのアプローチ 5.専門医との連携-泌尿器科医に聞きたいこと-. Progress in Medecine 28(6): 1397-1402, 2008.

  9. 柿崎秀宏,山西友典: 過活動膀胱とウロダイナミクス検査の再考. 泌尿器外科 21: 976-978, 2008.

  10. 榊原隆次,山口千晴,内山智之,伊藤敬志,劉志,山本達也,阿波祐輔,岸雅彦,山西友典,服部孝道: 糖尿病における過活動膀胱:中枢および末梢の関与. 自立神経 45(1): 92-96, 2008.

  11. 榊原隆次, 山口千晴, 内山智之, 伊藤敬志, 劉志, 山本達也, 阿波裕輔, 岸雅彦, 山西友典, 服部孝道: 糖尿病における過活動膀胱:中枢および抹消の関与. 自律神経 45(2): 92-97, 2008.

  12. 山西友典,吉田謙一郎: トフラニール. 治療法紹介. 排尿障害プラクティス 62(4): 344-347, 2008.

  13. 石塚修,山西友典,後藤百万,升森直哉,菅谷公男,吉田正貴,西澤理: 漢方製剤の臨床効果-牛車腎気丸を中心として-. Urology View 7: 81-84, 2008.

  14. 榊原隆次,神田武政,関戸哲利,内山智之,阿波祐輔,伊藤敬志,劉志,山本達也,山口千晴,山西友典,湯浅龍彦,服部孝道: 特発性正常圧水痘症の尿失禁とウロダイナミクス所見. 日排尿会誌 19(2): 244-249, 2008.

  15. 石塚修, 山西友典, 後藤百万, 舛森直哉, 菅谷公男, 吉田正貴, 西沢理: LUTS:新たなエビデンス. 漢方製剤の臨床効果-牛車腎気丸を中心として-. Urology View 17(1): 81-94, 2008.
IV.学位論文
  1. Abe H, Yamanishi T, Mashidori T, Arai K, Kamai T: Significant association of interleukin 10 receptor mRNA levels with renal cell carcinoma metastasis. Biomedical Research 29: 19-25, 2008.
V.その他の学術論文
  1. 山西友典: ファーマナビゲーターシリーズ「尿路機能障害編」. メディカルビュー : 156-169, 2008.

  2. 山西友典: 男性下部尿路症状の診断と治療. Medicament News. ライフサイエンス 1964: 12-13, 2008.

  3. 山西友典,水野智弥: どのようにして下部尿路結石を診断し治療するか. 図説 新しい尿路結石症の診断・治療. メディカルビュー : 194-201, 2008.
VI.学術書
  1. 山西友典: 前立腺肥大症と尿失禁,尿滴下. 平尾 佳彦編, よくわかって役に立つ前立腺肥大症のすべて. 永井書店. pp.111-120, 2008.

  2. 山西友典, 井川靖彦, 安田耕作. 下部尿路症状の薬物治療. 三輪書店. 2008.

  3. 山西友典: 低活動膀胱の一般的な解説と評価・治療法. 高齢者の排泄を惹起する病態-診断と治療-. 高齢者の排泄ケア. 長寿科学振興財団. pp.53-60, 2008.

  4. 北原聡史,中井秀郎,山西友典,赤倉功一郎,安田耕作: コンチネンスメカニズム. 医学書院. 2008.

  5. 山西友典: アジアにおけるBPHの疫学. 山口脩,西澤理,塚本泰司,武田正之,編集, New Concepts of BPH/LUTS. リッチヒルメディカル. pp.94-98, 2008.

  6. 山西友典: 尿失禁,排尿障害の基礎知識. 加藤久美子監修, 尿失禁女性urologic diseasesのケア. MCメディカ出版. pp.8-31, 2008.

  7. 山西友典: 過活動膀胱. 松沢実著, カリスマ医師50人の神ワザ. 小学館. pp.134-137, 2008.

  8. 本間之夫,荒木勇雄,井川靖彦,大園誠一郎,後藤百万,山西友典,横山修,吉田正貴: 日本排尿機能学会男性下部尿路症状診療ガイドライン作成委員会:男性下部尿路症状診療ガイドライン. Blackwell Publishing. 2008.

  9. 山西友典: 過活動膀胱ガイドライン. 今日の治療指針 2008. 山口徹, 北原光夫, 福井次矢編. 医学書院. pp.1650-1654, 2008.

  10. 山西友典: 泌尿器領域ケアの専門誌 泌尿器ケア「12Lessonで完全マスター尿失禁&女性泌尿器科疾患のケア」. 加藤久美子 監修, Urologycal Nursing冬季増刊. MCメディカ出版. pp.8-31, 2008.

  11. 山西友典: 脳卒中後の排尿障害ケア~診断と治療のポイント. 山西友典監修. 2008.

  12. 山西友典 2008.5: 前立腺肥大症. 中高年男性に多い排尿トラブルと解決方法. 山西友典監修. 2008.
ページトップへ