HOME
サイトマップ お問い合わせ
HOME > 国内外論文・業績リスト > 平成20年度 学会・研究会・講演
国内外論文・業績リスト

平成22年度

学会・研究会・講演

I.講演
  1. Horiuchi K, Naya Y, Nakada T, Yamanishi T, Igarashi T: Assessment of elasticity of the urethra from cystourethroscopic video image.  40th Annual Meeting of the International Continence Society, Toronto, 2010, 9.

  2. Sakakibara R, Uchida Y, Uchiyama T, Yamamoto T, Yamanishi T, Yamaguchi C, Kishi M, Ogawa E, Takahashi O, Sugiyama M: Increase in bilateral mid-cingulate blood flow related to bladder recovery in idiopathic normal pressure hydrocephalus after shunt surgery. 40th Annual Meeting of the International Continence Society, Toronto, 2010, 9.

  3. Yamaguchi C, Uchiyama T, Yamamoto T, Sakakibara R, Yanagisawa M, Yano M, Awa Y, Mamada K, Sawabe Y, Yamanishi T, Kuwabara S, Nomura F: Normal micturition and detrusor overactivity related real time change of activation in prefrontal cortex: a functional near-infrared spectroscopy (fNIRS) study. 40th Annual Meeting of the International Continence Society, Toronto, 2010, 9.

  4. Sakakibara R, Tsunoyama K, Kishi M, Uchiyama T, Yamamoto T, Yamanishi T, Yamaguchi C, Ogawa E, Tateno F, Takahashi O: Levodopa’s effects on anorectal constipation in de novo Parkinson's disease patients: the QL-GAT study. 40th Annual Meeting of the International Continence Society, Toronto, 2010, 9.

  5. Yanagisawa M, Yamanishi T, Uchiyama T, Awa Y, Yamamoto T, Yamaguchi C, Yano M, Kawamura K, Suzuki H, Sakakibara R, Kuwabara S, Ichikawa T:  Lower urinary tract dysfunction after Radical Hysterectomy - the impact  of adjuvant radiotherapy. 40th Annual Meeting of the International Continence Society, Toronto, 2010, 9.

  6. Uchiyama T, Sakakibara R, Yamamoto T, Ito T, Yamaguchi C, Awa Y, Yano M, Yanagisawa M, Yamanishi T, Hattori T, Kuwabara S: Diagnostic character of lower urinary tract dysfunction in de novo patients with Parkinson’s disease. 40th Annual Meeting of the International Continence Society. 40th Annual Meeting of the International Continence Society, Toronto, 2010, 9.

  7. Yamamoto T, Sakakibara R, Uchiyama T, Yamaguchi C, Nomura F, Ito T, Yanagisawa M, Yano M, Awa Y, Yamanishi T, Hattori T, Kuwabara S : What kinds of the neurological disorder show neurogenic change in external anal sphincter EMG? . 40th Annual Meeting of the International Continence Society, Toronto, 2010, 9.

  8. Tsunoyama K, Sakakibara R, Takahashi O, Kishi M, Ogawa E, Tateno F, Uchiyama T, Yamamoto T, Yamaguchi C, Yamanishi T:  Real-time five-grade bladder sensory measurement. 40th Annual Meeting of the International Continence Society, Toronto, 2010, 9.

  9. Sakuyama G, Ishii T, Naya Y, Yamanishi T, Igarashi T: A fluid dynamic model matched for voiding dysfunction in bladder outlet obstruction. 31st Congress of the Societe Internationale dUrologie,     Marrakech, 2010, 10.

  10. Sakuyama G, Ishii T, Naya Y, Yamanishi T, Igarashi T: Estimation of Female Urethral Elasticity and Flexibility from Cystourethroscopic Image. 31st Congress of the Societe Internationale dUrologie, Marrakech , 2010, 10.

  11. 釜井隆男:症例提示 ディスカッション. 3回神奈川進行腎癌研究会 横浜, 2010, 1, 21.

  12. 釜井隆男:進行性腎細胞癌に対するIFN-αと低用量Sorafenibとの2nd line併用量療法.腎癌フォーラム, 川越, 2010, 1, 22.

  13. 阿部英行:進行性尿路上皮癌の腎機能低下例におけるGC療法の工夫. 栃木尿路上皮癌学術講演会. 宇都宮, 2010, 2, 26.

  14. 山西友典:前立腺肥大症の最新治療戦略-5α還元酵素阻害薬への期待-.アボルブ新発売記念講演 宇都宮, 2010, 3, 26.

  15. 山西友典:神経因性過活動膀胱の最新の知見.98回日本泌尿器科学会総会 教育セミナー29 盛岡, 2010, 4, 29.

  16. 釜井隆男:腎細胞がん治療-Update 2010-免疫療法と分子標的療法による集学的治療の可能性(1). 98回日本泌尿器科学会総会 教育セミナー36 盛岡 2010, 4, 30.

  17. 山西友典:  前立腺肥大症に対する薬物治療:α-ブロッカーと抗コリン薬を中心に. 23回日本老年泌尿器科学会.イブニングセミナー 東京, 2010, 5, 14.

  18. 白瀧博通、吉田謙一郎: Taxillinとは? 学術講演会 宇都宮, 2010, 5, 14.

  19. 眞志取智子、吉田謙一郎:腎淡明細胞癌におけるTaxilin-αの発現の検討. 学術講演会 宇都宮, 2010, 5, 14.

  20. 渡辺美穂、吉田謙一郎:ヒト正常膀胱と前立腺肥大症に伴う過活動膀胱におけるムスカリン受容体サブタイプの局在.  学術講演会 宇都宮, 2010, 5, 14.

  21. 釜井隆男:「泌尿器科における現状の課題とは」~今、何が問題か?今後どう解決していくのか~ 宇都宮, 2010, 5, 27.

  22. 釜井隆男:腎癌最近の知見.明日の泌尿器科を考える. 2010 東京, 2010, 6, 11.

  23. 釜井隆男、吉田謙一郎:肺・骨転移を有する進行性腎細胞癌に対して放射線療法およびIFN-αと低用量のソラフェニブの併用を試みた1. 腎細胞癌の新しい治療戦略20106.

  24. 山西友典: 夜間頻尿と生活習慣病 22回栃木腎フォーラム 宇都宮,2010, 6.

  25. 釜井隆男:IFN-α抵抗性腎癌に対する2nd lineとしてのIFN-α+Sorafenib併用療法. 3回腎癌分子標的治療勉強会. 神戸, 2010, 7, 3.

  26. 山西友典: 最新の過活動膀胱(OAB)治療-新しい薬イミダフェナシンとNeuromodulation-. 過活動膀胱セミナー2010 名古屋, 2010, 7.

  27. 山西友典: 夜間頻尿診療ガイドラインに基づく治療戦略. 排尿障害セミナー2010 宇都宮, 2010,  7, 15.

  28. 渡辺美穂: ~排尿障害における病診連携~1)ドック・検診での排尿障害「人間ドック受診者におけるOABSSIPSS結果」 排尿障害セミナー2010 宇都宮, 2010,  7, 15.

  29. 山西友典、金子一成: モーニングセミナー「小児夜尿症の臨床」.17回日本排尿機能学会 甲府, 2010, 9.

  30. 釜井隆男:腎細胞癌治療の最近の話題. 69回日本癌学会学術総会 ランチョンセミナー 大阪, 2010, 9, 24.

  31. 山西友典:「女性の排尿障害の診断と治療」.  25回日本更年期医学会学術集会 ランチョンセミナー 鹿児島, 2010, 10.

  32. 武田正之、上田浩司、高崎雄司、内山智之、山西友典: 夜間頻尿の治療.シンポジウム「夜間頻尿update. 63回日本自律神経学会総会 横浜, 2010 ,10.

  33. 神原常仁:獨協医大における経験症例. 1回mTOR研究会. 宇都宮, 2010, 10, 15.

  34. 横手幸太郎、山西友典、中島新、山本修一: 糖尿病による排尿機能障害.シンポジウム「糖尿病に対する各科の取り組み. 千葉県医師会医学会第11回学術大会 千葉, 2010, 11.

  35. 釜井隆男:栃木県RCC学術講演会 宇都宮 2010, 11, 5.

  36. 深堀能立: ストーマ保有者の性機能障害. 3回栃木ストーマリハビリテーション講習会 宇都宮, 2010, 11.

  37. 深堀能立: 前立腺における5α還元酵素とその阻害についてー基礎的概観ー. アボルブ発売1周年記念講演 特別講演1.宇都宮, 2010, 11, 12.

I.学会・研究会発表
  1. 渡辺美穂、山西友典、本田幹彦、釜井隆男、新井京子、吉田謙一郎: ヒト正常膀胱と前立腺肥大症に伴う過活動膀胱におけるムスカリン受容体サブタイプの局在. 98回日本泌尿器科学会総会 盛岡, 2010, 4.

  2. 水野智弥、中西公司、阿部英行、神原常仁、中村文彦、福田武彦、釜井隆男、深堀能立、本田幹彦、山西友典、吉田謙一郎: 診断に難渋した乳がん膀胱転移の1. 98回日本泌尿器科学会総会 盛岡, 2010, 4.

  3. 仙石淳、岡村菊雄、小川隆敏、波間孝重、木元康介、山西友典、横山光彦: 脊髄損傷による神経因性排尿筋過活動に対するA型ボツリヌストキシン膀胱壁内注入療法の多施設臨床試験 . 98回日本泌尿器科学会総会 盛岡, 2010, 4.

  4. 大竹伸明, 中田誠司, 中村敏之, 田村芳美, 関原哲夫, 小林幹男, 真下透, 清水信明, 松尾康滋, 鈴木和浩, 山中英壽, 鈴木慶二, 深堀能立: 群馬大学グループ泌尿器腫瘍研究会わが国における家族性前立腺癌について(13) . 98回日本泌尿器科学会総会 盛岡, 2010, 4.

  5. 榊原隆次、山口千晴、内山智之、山本達也、山西友典、矢野仁、阿波祐輔、高橋修、杉山恵、岸雅彦: 神経疾患による膀胱知覚過敏.  23回日本老年泌尿器科学会 東京, 2010, 5.

  6. 榊原隆次、角山邦子、高橋修、杉山恵、内山智之、山本達也、山西友典、矢野仁、岸雅彦、山口千晴:  5段階尿意による排尿筋過活動の検出 .  23回日本老年泌尿器科学会 東京, 2010, 5.

  7. 渡辺美穂、山西友典、水野智弥、吉田謙一郎: 男性下部尿路症状に対するシロドシンの排尿日誌による検討.  23回日本老年泌尿器科学会 東京, 2010, 5.

  8. 深堀能立: 冷却によるゾラデックス刺入時の疼痛軽減.   2Prostate Cancer Forum 新潟, 2010, 5, 15.
  9. 深堀能立、本田幹彦、中西公司、水野智弥、神原常仁、吉田謙一郎: 冷却によるゾラデックス刺入時の疼痛軽減. 66回日本泌尿器科学会栃木地方会 下野, 2010, 7.

  10. 水野智弥、山西友典、神原常仁、釜井隆男、吉田謙一郎: 小児膀胱尿管逆流症に対する内視鏡的hiaruronoc acid/detranomer注入療法の治療効果の検討.  19回日本小児泌尿器科学会総会 札幌, 2010,  6.

  11. 山西友典,納城隆一,仁木佳文,井垣通人、吉田謙一郎、本田幹彦、水野智弥、神原常仁、古谷信隆、釜井隆男: 過活動膀胱に対する薬物治療と蒸気温罨法の併用による治療効果. 75回日本泌尿器科学会東部総会 宇都宮, 2010, 9.

  12. 深堀能立 神原常仁 山崎瞳 新井京子 吉田謙一郎: 尿中バイオマーカーによる前立腺癌診断の検討. 75回日本泌尿器科学会東部総会 宇都宮, 2010, 9.

  13. 榊原隆次、内田佳孝、舘野冬樹、矢野仁、高橋修、杉山恵、内山智之、山本達也、阿波祐輔、山口千晴、山西友典、岸雅彦、小川恵美奈: iNPH Shunt 後の排尿障害改善と前頭葉・中部帯状回血流増加. 17回日本排尿機能学会 甲府, 2010, 9.

  14. 高橋修、榊原隆次、角山邦子、杉山恵、舘野冬樹、矢野仁、鈴木啓悦、内山智之、山本達也、阿波祐輔、柳澤 充、山口千晴、山西友典、岸雅彦、小川恵美奈:末梢神経障害に伴う排尿筋-外括約筋協調不全(DSD. 17回日本排尿機能学会 甲府, 2010, 9.

  15. 山口千晴、内山智之、山本達也、柳澤 充、真々田賢司、澤部祐司、榊原隆次、山西友典、桑原聡、野村文夫: 蓄尿およびその異常に関連した前頭前野の特異的括経時的な活動について. 17回日本排尿機能学会 甲府, 2010, 9.

  16. 治田寛之、榊原隆次、尾形剛、高橋修、杉山恵、舘野冬樹、矢野仁、内山智之、山本達也、阿波祐輔、柳澤 充、山口千晴、山西友典、岸雅彦、小川恵美奈: 排尿筋過活動と前頭葉機能:前頭葉評価バッテリーとの関連. 17回日本排尿機能学会 甲府, 2010, 9.

  17. 内山智之、山本達也、榊原隆次、山口千晴、伊藤敬志、阿波祐輔、柳澤 充、矢野仁、市川智彦、山西友典、服部孝道、桑原聡: パーキンソン病の夜間多尿と夜間頻尿における夜間多尿の関与について. 17回日本排尿機能学会 甲府, 2010, 9.

  18. 舘野冬樹、榊原隆次、岸雅彦、小川恵美奈、湯浅龍彦、高橋修、杉山恵、内山智之、山本達也、山西友典: 尿閉と睡眠時無呼吸を合併した進行性核上性麻痺の女性の一例. 17回日本排尿機能学会 甲府, 2010, 9.

  19. 榊原隆次、高橋修、杉山恵、尾形剛、治田寛之、井坂茂夫、舘野冬樹、矢野仁、鈴木啓悦、内山智之、山本達也、阿波祐輔、柳澤 充、山口千晴、山西友典、岸雅彦、小川恵美奈: 神経疾患に伴う過活動膀胱(OAB)と認知機能に対するイミダフェナシンの効果. 17回日本排尿機能学会 甲府, 2010, 9.

  20. 水野智弥、中西公司、深堀能立、福田武彦、増田聡雅、古谷信隆、神原常仁、阿部英行、釜井隆男、本田幹彦、山西友典、吉田謙一郎:下半身の著名な浮腫と紅斑を契機に診断された膀胱癌皮膚転移の1. 日本泌尿器科学会栃木・群馬合同地方会 大宮 2010, 11, 14.
ページトップへ

21-02html.htmlへのリンク

21-02.htmlへのリンク