HOME
サイトマップ お問い合わせ
HOME > 得意とする診療
得意な診療

特に得意としている治療

 

ミニマム創手術

当科では2001年より、早期癌や良性疾患に対する手術療法として、内鏡視下小切開泌尿器腫瘍手術(ミニマム創手術)を多くの患者様に行なってまいりました。臓器を摘出可能なあるいは手術操作可能な、小さな創口をひとつだけ最初にもうけ、そこから内視鏡と従来の手術器具を挿入し手術を進めていくものです。対象となるミニマム創手術は以下の4つの手術です。

1)副腎腫瘍に対する副腎摘除術

 2)腎腫瘍に対する根治的腎摘除術および腎部分切除術

3)腎盂尿管腫瘍に対する腎尿管全摘除術

4)前立腺癌に対する前立腺全摘除術

腹腔鏡手術

トロッカーと呼ばれる筒状の道具を腹腔内(おなかの中)に挿入し、それを介して専用の内視鏡や道具を用いて行う手術です。以前では大きな傷が必要であった体の奥深くを扱う手術(特に腎摘除術や副腎摘除術など)でもより小さな傷で行うことができるようになり、術後の疼痛が軽く、早期の社会復帰に有利な方法です。

当科には現在2名の泌尿器腹腔鏡技術認定医が在籍しており、2012年より腹腔鏡手術も積極的に行われております。対象となる腹腔鏡手術は主に以下の4つの手術です。

1)副腎腫瘍に対する副腎摘除術

 2)腎腫瘍に対する根治的腎摘除術および腎部分切除術

3)腎盂尿管腫瘍に対する腎尿管全摘除術

4)腎盂尿管移行部通過障害に対する腎盂形成術

ロボット支援腹腔鏡下手術

2012年より手術支援ロボットda Vinci Sサージカルシステムを導入し、限局性前立腺癌に対してロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術を行っております。da Vinci Sサージカルシステムは、高解像度三次元視野のもとで関節を有する腹腔鏡鉗子を操作できることを最大の特徴としています。これらにより詳細に前立腺の立体構造が把握でき、人間の手を凌駕するぶれのない確実な手術操作ができるようになりました。これまでの手術アプローチに比べて、出血量の減少、排尿機能および勃起機能の温存、そして確実な癌のコントロールが可能となります。

尿路結石内視鏡手術

腎尿管結石に対する治療としては、外来中心に体外衝撃波結石破砕術を行っておりますが、これで治療に難渋する場合等は、積極的に内視鏡手術を行っております。特に上部尿管および腎結石に対してのf-TUL(flexible scopeを用いた経尿道的結石破砕術)は増加傾向にあります。また、腎サンゴ状結石に対して行われてきた従来の背臥位(うつぶせ)で行うPNL(経皮的結石破砕術)は、やや斜めの砕石位で行うことによって、このf-TULと同時に行うこと(TAP : TUL assisted PNL)ができ、双方向からのアプローチで安全かつ確実な治療を心掛けています。

ページトップへ