ホーム / 獨協医科大学 / 大学概要 / 学長あいさつ

入学試験合格者発表 専用サイト

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

学長あいさつ

 

 

獨協医科大学   

  学長 吉田 謙一郎

 

 獨協医科大学は、学校法人獨協学園に属しております。本学園は、明治16年(1883年)、獨逸学協会学校として設立されたものであり、創立130年以上の歴史を有する我が国でも有数の伝統ある学園であります。昭和48年、栃木県壬生町に獨協医科大学が設立され、翌年には附属高等看護学院(現:附属看護専門学校)が設立されました。昭和59年には埼玉県に越谷病院(現:埼玉医療センター)が開設され地域医療に貢献しております。平成18年4月には、観光地として有名な鬼怒川温泉に日光医療センターも開設されました。この様に、本学は、古き伝統の上に立った新進気鋭の医科大学であるといえます。さらに平成19年4月には看護学部の開設、平成22年には助産学専攻科の開設、そして平成23年には大学院看護学研究科が開設され、看護学系の一連が充実し、医科大学として医学部と看護学部の両輪が揃いました。平成25年以降は埼玉キャンパスの充実が行われ、附属看護専門学校三郷校の開校、越谷病院の隣地2500坪の取得に伴う、200床増床と22室の手術室を有する411床の外科系病棟の新設がなされました。また、本学は開学以来、4000名を超す医師と、5000名近くを数える看護師を世に送り出しており、3病院の地域医療への貢献と共に、本学の「建学の理念」を着実に果たしてきております。

 本学は、都心の喧噪から離れ、日光や那須などの国立公園に囲まれ、環境に恵まれた勉学にもっとも適した大学であります。平成12年に高速道路のインターチェンジも近くに開通し、交通の要衝ともなってきており、将来大きな発展の期待される地域であります。本学は、1195床を有する大学病院と923ベッドを有する埼玉医療センター、そして199ベッドの日光医療センターを持っておりますが、これは全国的にも最大規模の病床数です。平成17年にPET (Positron Emission Tomography) という最新のがん診断装置も導入され、子ども医療センター、救命救急センターを中心とした新しい病棟も完成致しました。平成22年1月には、地域の救急医療のため、ドクターヘリも導入され活躍しています。このように本学は、最先端設備をもった壮大なスケールのメディカルセンターを有するすばらしい大学であります。

    また、大学病院には、手術支援ロボット(daVinci Surgical System)が導入され、平成28年には総合診療科、乳腺センターが開設されました。埼玉医療センターには附属腎・予防医学センター(現:附属越谷クリニック)、リプロダクションセンター、移植センターが開設され、ダヴィンチシステムも導入されました。日光医療センターでは透析ベッドを5床から25床へ増床した透析棟が稼働されました。大学では40周年記念事業の一つである教育医療棟が平成27年3月末に竣工し、教育・診療・研究の場として使われております。

 今後も本学の使命である教育・研究・診療の質向上を図り、更なる地域医療貢献に向けて取組んで参りますので、皆様のご指導、ご鞭撻、ご協力を衷心よりお願い申し上げます。

                                                                                                       平成30年10月1日現在