ホーム / 獨協医科大学 / 大学概要 / 本学の取り組み / 「“二人の食卓”テーブル・フォー・ツー」運動

入学試験合格者発表 専用サイト

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

「“二人の食卓”テーブル・フォー・ツー」運動

食べて救える 命の食卓

「飽食」「残飯大国」「メタボ」の解消

本学は、大学及び病院内の食堂・カフェレストランにおいて、食事代の一部20円が開発途上国の学校給食費として寄付される「テーブル・フォー・ツー(TABLE FOR TWO)(略称、TFT)」運動に参加しています。食堂業務を委託している銀座スエヒロカフェテリアサービスと東武食品サービスの協力を受け、健康によい低カロリーの「ヘルシーメニュー」を各食堂に用意します。

同運動への参加は、大学の社会貢献活動への取り組みという観点から、教職員、学生が世界の飢餓問題等について考えるきっかけを作るものです。

たくさんの方々にこの運動の趣旨に共感していただき、飢餓や栄養不良から命を落としている途上国の子どもたちを一人でも多く救えることを願っています。

テーブル・フォー・ツー(TABLE FOR TWO)とは

世界の60億人の人口のうち、10億人が飢えに喘ぐ一方で、10億人が肥満など食に起因する生活習慣病に苦しんでいるという事実があります。TFTは飢餓の解消と健康的な食事の普及促進という相反する食の問題を同時解決するために2007年に始まった日本発の社会貢献活動です。先進国の参加者と、地球の裏側にいる開発途上国の子どもが、時空を超えて食卓を囲み食事を分かち合うイメージから「二人の食卓」を意味する「テーブル・フォー・ツー」と名付けられました。TFTが推奨するカロリーを抑えたヘルシーメニューを食べると、1食あたり20円(栄養不足が深刻化している途上国の学校給食の費用1食に相当)が寄付されます。寄せられた寄付金は、「TFT事務局」(東京都千代田区)からWFP(世界食糧計画)等を通じてウガンダ、ルワンダなどの開発途上国の学校に届けられ、学校給食を子どもたちに出すために使われます。

本学でのTFT実施概要

TFT運動開始日

平成21年7月27日(月)

TFT実施場所

大  学:学生食堂、カフェレストラン「イル・チェラーゾ」

大学病院:職員食堂、カフェレストラン「ベルグ」

TFTメニュー表示

メニューに“TFT”の文字(略称)が入っています。

※例:TFT根菜のオイスターソース煮、TFT豆ごはんの和風オムライスなど
※各食堂とも1日限定30食

本学TFTに関するお問い合わせ

大学事務局経理課 内線2034・2038

TFTのホームページ

URL: http://www.tablefor2.org

参考

TFTのイメージ図

 

TFTのロゴマーク
※TFTメニューは、このロゴが付いたポップが目印です。