ホーム / 獨協医科大学 / 大学構成 / 研究施設等 / 国際協力支援センター

入学試験合格者発表 専用サイト

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

国際協力支援センター

センター長・教授 大平 修二

概要

 外国の大学・教育研究機関等との交流や国際協力事業を推進して本学の国際貢献及び国際的感覚を持った医療従事者の育成に寄与することを目的としています。

 

業務内容

国際環境衛生室

 生活習慣病等の予防を環境衛生学的に研究しております。国際的には、途上国を中心とした環境衛生の問題点などを把握し、その改善につとめ、人々の健康増進に寄与することと同時に、国際的視野に立った多くの医療従事者の育成を目指しております。

国際疫学研究室

 チェルノブイリ原発事故により、汚染された地域に暮らす人々の食事や内部被ばく調査を通じ、低線量被ばく疾病との関係を探っています。また、チェルノブイリと福島第一原子力発電所の事故により、精神的ストレスによる心理的影響に関しても国内外の専門家と協力し合い調査を進めています。この結果を福島の人々に応用すべく、二本松市に開設した分室を中心に県民の健康管理に努めています。

日独連携推進室

 今から130年以上前、明治時代に設立された「獨逸學協会」の流れを汲む獨協学園に属する医科大学として、本学はドイツの大学や研究機関との連携・交流を進めています。当室はその中核となる組織として、本学学生のドイツでの研修、ドイツ人留学生の受入、両国間の医師や研究者の橋渡しなどを通じて、グローバルな視点での医学教育・研究の展開に寄与しています。

国際交流支援室

 当室は外国の大学・病院・教育研究機関との交流や国際協力事業の推進、協定書の文書作成、本学を紹介するプロモーションビデオ作成、本学の各講座、診療科、センターの英文紹介等の支援を目的に活動しています。