ホーム / 獨協医科大学 / 大学構成 / 研究施設等 / 地域医療教育センター

入試のご案内

インターネット出願(医学部・看護学部)

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

地域医療教育センター

 

センター長・教授 西山  緑
教授(兼) 田所  望(教育支援センター・産科婦人科学)
教授(兼) 志水 太郎(大学病院総合診療科・総合診療医学)
講師 橋本 充代
技術員 鈴木 江里奈

 

概要

地域医療教育センターは、地域における医療、保健、福祉関連の施設および行政機関と連携しながら地域医療分野の教育や研究を行っています。主として地域社会での実習を通じて医学生のプロフェッショナリズムを育成することを目的としています。地域住民の身近な存在として、健康教育を積極的に行うことや、多職種で連携して地域包括ケアシステムを構築することの大切さを学べるように活動しています。

業務内容

  1. 地域医療を志す医師の育成
  2. 医療プロフェッショナリズムの育成
  3. 地域包括ケアに従事する看護師、保健師の育成
  4. 地域における診療所実習、訪問看護同行実習、救急車同乗実習
  5. 行政、及び医療・保健・福祉施設における多職種との連携と協働

教育

医学部
第1学年

地域包括医療実習I、コミュニティヘルスインターンシップ、地域医療学、PBLテュートリアル

第2学年 地域包括医療実習II 、PBLテュートリアル
第3学年 地域包括医療実習III、アドバンスドコミュニティヘルスインターンシップ
第4学年 地域包括医療実習IV、今日の医療理論と福祉、臨床基本実習(医療面接)、OSCE評価者
第5.6学年 地域医療臨床実習(ACC)
全学年
メディカルプロフェッショナリズム実習

 

研究

地域包括ケア構築のための介護予防事業の効果判定

軽度認知障害の早期診断と介護予防

学生力が結ぶ地域医療・保健ネットワークの構築
地域医療教育とプロフェッショナリズムの育成

医療系大学生のライフスタイルがプロフェッショナリズム育成に影響する危険因子の検討

地域医療の歴史的意義の検討 

社会貢献

栃木県 環境審議会委員(水質部会)、公害審査会委員
壬生町

食生活改善推進員協議会委員

宇都宮市 高齢福祉課と共同研究