ホーム / 獨協医科大学 / お知らせ / モンゴル国立医療科学大学からの研修生が来学しました。

入学試験合格者発表 専用サイト

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

モンゴル国立医療科学大学からの研修生が来学しました。

 平成28年3月1日(火)から、モンゴル国立医療科学大学の医師4名が医学研修生として来学しました。

 初日は、稲葉学長をはじめとする幹部役職者9名並びに受入れの窓口となっている今井裕特任教授らが温かく迎えられ、応対時の通訳には竹内高明特任教授が務められました。

 会場の入口に、「歓迎!!モンゴル国立医療科学大学御一行様」のパネルを掲示しお迎えしました。稲葉学長から、歓迎の挨拶と幹部紹介が行なわれた後、来学された記念として、集合写真を撮影しました。今回の訪問は、モンゴル国立医療科学大学で新病院の建設が予定されているため、本学の医療技術を見学することで、高度で良質な医療を提供する医療機関としての参考と資するために訪問されたものであります。

 このたび、4名を快く受け入れていただいた講座の主任教授をはじめ、直接対応された諸先生方に心から御礼申し上げます。ご多忙のところ、細やかなご指導をいただき誠に有り難うございました。4名の先生方の帰国後のご活躍と、モンゴル医療科学大学のますますの発展を祈念申し上げます。

 《4名の先生方からのコメント》

 滞在先(ドミトリーさくら)は新しく奇麗なお部屋で、とても快適に過ごす事ができました。また、受け入れていただいた研修先の先生方にも温かくご指導いただき、心から嬉しく思っております。大変充実した満足できる研修となりました。本当に有難うございました。

 【研修生の氏名と受け入れ講座】

 Dr.アマルサイハン(男性)・・・・泌尿器科学 1か月間

 Dr.ツェンゲルマー(女性)・・・・病理診断学 1か月間

 Dr.マナルジャブ(男性)・・内科学(呼吸器・アレルギー)2か月間

 Dr.チンゲレル(女性)・・・・内科学(心臓・血管) 1か月間