入学試験合格者発表 専用サイト

看護学部 紹介ビデオ

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

育成する人材

(1)高度な専門的知識・能力をもち地域貢献できる看護実践者

 

複雑多様化する社会・疾病構造と栃木県及び近隣県の地域特性を踏まえ、個・家族・集団・地域の看護上の問題を分析・判断し、研究的思考に基づく解決行動計画を立案し、関連職者との連携を図り、複雑な看護問題を解決できる高度な看護実践や評価を通して、看護の質の向上に寄与することができる看護実践者を育成する。

 

(2)高度なマネジメント能力を有する看護管理者

 

提供する保健・医療・福祉のサービスの質を評価し、看護を取り巻く環境やケアを総合的にマネジメントし、リーダーシップを発揮するとともに、保健・医療・福祉機関や行政へ課題を提起し、広い視野から解決策を提言できる看護管理者を育成する。

 

(3)優れた教育能力や創造性豊かな研究能力を持つ看護教育者・研究者

 

本研究科における教育的学修を基盤にし、看護学生や看護職者のモデルとなって看護を展開しながら教育的に関わりや指導ができる看護教育者と、改善・解決されていない看護学上の課題を発見し、客観的に分析し、研究的思考に基づき課題の改善・解決に取り組む研究者を育成する。