ホーム / 大学院看護学研究科 / 研究科概要 / カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方法)・ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針) 

入学試験合格者発表 専用サイト

看護学部 紹介ビデオ

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正使用防止に向けた取り組み

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方法)・ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針) 

〇カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方法)

1)高度専門職業人としての看護実践者、看護管理者、看護教育・研究者を育成するために、共通科目、専門科
    目、研究科目を設定する。

2)論文コースの共通科目は、専門科目の基盤となる、保健医療福祉の動向や統計、研究、倫理に関する科目
    を設置する。

3)論文コースの専門科目は、看護学の基盤となる学識を養う基盤機能看護学と、科学的根拠に基づく看護実       践に関する学識を養う実践看護学を設置する。

4)論文コースは、研究テーマの焦点化から論文の完成と研究成果の発表までのプロセスを2段階に分けて、段     階に応じた科目を設置する。

5)専門看護師コースは、それぞれの資格認定に必要な科目を設置する。

6)修士論文(論文コース)及び課題研究(専門看護師コース)は、複数指導教員体制で行う。

7)長期履修制度及び昼夜開講講義、集中講義を導入し、社会人入学生の学修に柔軟に対応する。

 

〇ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学研究科は、修業年限以上在籍し、所定の単位を修得するとともに、以下の素養を身につけ修士論文審査と最終試験に合格した学生に学位を授与する。

 

1)高い倫理観に基づいた看護行動をとることができ、複雑な倫理的課題に対応できる調整能力を有する。

2)最新の知見と技術を有し、根拠に基づいた高度な看護実践力を有する。

3)総合的に看護ケアをマネジメントし、保健医療福祉チームにおいては多職者との連携・協力を調整する管理 
    能力を有する。

4)看護職者及び関連する多職者の中で専門的役割を発揮し、教育的役割を担う指導能力を有する。

5)看護現象を科学的に分析・評価し、創造的な実践を開発する研究能力を有する。