ホーム / 看護学部 / カリキュラム

入学試験合格者発表 専用サイト

看護学部 紹介ビデオ

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正利用防止に向けた取り組み

看護師募集

カリキュラム

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

教育理念・教育目標を受け以下のような方針に基づきカリキュラムを編成・運営している。

1)人間は、成長・発達を続ける身体・心理・社会的側面を持った統合体として理解する。健康の維持増進期から終末期にいたる健康レベルと多様な看護提供の場(施設・地域・在宅)における看護実践能力を修得できるように、〈基礎科目〉、〈専門基礎科目〉、〈専門科目〉を系統的段階的に配置する。

2)主体的な学修能力と探求する能力を養うために、〈基礎科目〉の[学び方を学ぶ]に、「基礎ゼミナール」や「クリティカルシンキング」を、〈専門科目〉に、「看護研究Ⅰ」「看護研究Ⅱ」を配置する。

3)看護の対象を総合的に理解する能力と豊かな感性、および、倫理観を養うために、〈基礎科目〉に、[人間と環境]、[人間と生活と社会]、[多様な価値観と文化]、[コミュニケーションと情報]を配置する。

4)保健・医療・福祉のシステムと身体の構造・機能、病態生理・治療についての科学的根拠を学ぶために、専門基礎科目〉 に、[健康な生活を支える社会と医療・福祉のしくみ]、[生命と発達と健康]、[健康障害と治療]を配置する。

5)看護学の基盤となる考え方や援助方法についての科学的根拠を学ぶために、〈専門科目〉に、[看護の基礎となる科目]、[看護実践を支える理論的科目]を配置する。さらに、知識・技術・態度の統合を図る看護実践能力を育成するために、[看護実践科目]を配置する。

6)看護実践能力を有する専門職を育成するために、早期体験実習を配置する。

7)保健・医療・福祉に携わるチームとして協働意識を育成するために、〈基礎科目〉、〈専門科目〉に医学部との合同講義や実習を設けた。

8)多様なキャリア発達の可能性を涵養するために、[看護管理/看護教育]、[看護の統合と発展]を配置する。

9)国際的視野を持つ人材を育成するために、4年間を通して語学力を修得できるように[コミュニケーションと情報科目]に「英語Ⅰ~Ⅲ」「医療英語」「英語文献購読」と「国際看護」を配置する。 

高度な臨床看護実践能力が身につけられるカリキュラム

高度化・多様化する医療現場で質の高い看護を提供するためには、しっかりとした基礎学修の上に、変化に適応できる力、自ら考え行動する力、学び続ける力が求められます。それらを養成するため、臨床看護実践能力が高められるカリキュラムを編成しているのが本学部の特徴です。
1年次から2年次にかけては、基礎科目をしっかり学ぶことで豊かな人間性を養っていきます。その上で、専門基礎科目、専門科目を学ぶとともに、1年次から看護学実習を行い、看護の知識と技術、心を修得します。獨協医科大学病院との連携で、講義・演習の時間内に臨床現場で授業を行っているのも特色です。早い段階から医療・看護の第一線を肌に感じることで、臨床看護実践能力を着実に身につけていくことができます。

カリキュラム概観

 

科目一覧

1 年 次
必修科目選択科目

家政学

英語I

英語II

医療・看護と情報

情報リテラシー演習

統計学

文章表現論法

クリティカルシンキング
基礎ゼミナール

公衆衛生学

人間発達論

生化学

臨床栄養学

人体の構造Ⅰ

人体の構造Ⅱ

人体の機能Ⅰ

人体の機能Ⅱ
微生物学
病理学

看護学原論
看護理論

看護人間関係論

看護方法論演習Ⅰ(日常生活支援方法)

看護方法論演習Ⅱ(診断-治療支援方法)

看護方法論演習Ⅲ(看護過程展開)

基礎看護学実習Ⅰ
看護人間関係論
アセスメント論Ⅰ(ウェルネスフィジカル・成人)

ふれあい実習

哲学

文学
心理学

地球環境論

化学

生物学

日本国憲法と人権

スポーツと健康

 

 

2 年 次
必修科目選択科目

法と看護

社会保障論

疫学・保健統計

ヘルスプロモーション論

保健医療福祉行政論

病態治療学Ⅰ

病態治療学Ⅱ

病態治療学Ⅲ

薬理学

生体情報と看護

基礎看護学実習Ⅱ

実践看護学概論Ⅰ(小児・母性・成人・老年)

実践看護学概論Ⅱ(精神・在宅・公衆衛生)

家族看護論

アセスメント論Ⅱ(小児・母性・精神・老年・在宅)

健康看護支援論Ⅰ(公衆衛生看護)

健康看護支援論Ⅱ(周産期看護)

健康看護支援論Ⅲ(成育看護)

健康看護支援論Ⅳ(高齢者看護)

健康障害看護援助論Ⅰ(クリティカルケア)

健康障害看護援助論Ⅱ(周手術看護)

健康障害看護援助論Ⅲ(慢性期看護1)

健康障害看護援助論Ⅳ(慢性期看護2)

健康障害看護援助論Ⅴ(回復期看護)

健康障害看護援助論Ⅶ(がん看護)

健康看護支援論演習(公衆衛生看護活動)

文化人類学

ジェンダーとセクシュアリティ

人間の価値と倫理

人間工学

人間の歴史

教育学

英語Ⅲ

中国語

韓国語

ドイツ語

手話

臨床心理学

遺伝学

放射線と看護

東洋医学と経絡

音楽療法

 

 

3 年 次
必修科目選択科目

学校保健と産業保健

チーム医療論

健康障害看護援助論Ⅵ(終末期看護)

健康障害看護援助論Ⅷ(在宅看護)

健康障害看護援助論Ⅸ(精神看護)

健康看護支援・健康障害看護援助論演習Ⅰ(看護過程)

健康看護支援・健康障害看護援助論演習Ⅱ(看護技術)

健康看護支援・健康障害看護援助論実習Ⅰ(周産期)

健康看護支援・健康障害看護援助論実習Ⅱ(小児期)

健康看護支援・健康障害看護援助論実習Ⅲ(成人・老年急性期)

健康看護支援・健康障害看護援助論実習Ⅳ(成人・老年慢性期)

健康看護支援・健康障害看護援助論実習Ⅴ(成人・老年回復期)

健康看護支援・健康障害看護援助論実習Ⅵ(在宅)

健康看護支援・健康障害看護援助論実習Ⅶ(精神)

看護マネジメント論Ⅰ(医療安全)

看護研究Ⅰ

災害看護学

生命倫理学

医療社会学

家族社会学

国際社会の動向

医療英語

4 年 次        
必修科目選択科目

アセスメント論Ⅲ(地区アセスメント)

健康看護支援論実習(公衆衛生)

看護マネジメント論Ⅱ(看護管理)

看護マネジメント論Ⅲ(公衆衛生看護管理)

看護倫理

看護専門職論

総合実習

看護研究Ⅱ

国際看護学

現代社会と看護

英語文献講読

社会福祉論