ホーム / 看護学部 / 受験生の皆さんへ

入学試験合格者発表 専用サイト

看護学部 紹介ビデオ

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正利用防止に向けた取り組み

看護師募集

受験生の皆さんへ

 皆さんは看護と聞いてどのようなイメージを持ちますか。病院で病気やケガをした人に対して処置をしている姿でしょうか。それとも、お年寄りに優しく微笑み、語りかけている姿でしょうか。

 今、「看護学」は学問として発展し、世界中で高度な専門教育と研究が行われています。獨協医科大学看護学部でも、看護の対象者を理解するために必要な専門的知識や技術を幅広く、奥深く学修していきます。そして、科学的な知識や技術に基づいたケアを提供できる実践能力を養っていきます。実際の学修は、少人数制教育を取り入れた基礎ゼミナールや1年次から行う実習を通して、主体的に学ぶ力、深く学ぶ力を身につけていきます。看護職者は免許取得後も自己研鑚を続けていく専門職業人です。そのため、学生のうちから自ら学ぶ力を身につけ、専門職としての生涯学習の基盤を作ります。
 隣接する大学病院では、最先端の医療が提供されています。その場所を実習場所として看護学実習を行います。さらに、チーム医療教育の一環として医学部学生との合同講義および実習も行っています。これらが経験できることも本学部の魅力の一つです。
 獨協医科大学がある栃木県は、日本初の女性看護師が誕生した地であることに加えて、訪問看護や看護教育パイオニアである看護師の出身地でもあります。先人らは「相手に対して、優しく、忍耐強く、正直で、思慮深く、世の中のことをよく知っている人が看護職者に適任です」と述べています。獨協医科大学看護学部は、看護の学問を通じて看護のプロフェッショナルとしての人間形成を目指しています。優しく、忍耐強く、正直で、思慮深く、世の中のことをよく知っている看護職者になれるように教職員一同皆さんの成長をサポートしていきます。
 この伝統あるキャンパスで、皆さんと一緒に看護について学べる日を楽しみにしています。

 

看護学部長  金子 昌子