ホーム / 看護学部 / 受験生の皆さんへ / アドミッション・ポリシー

入学試験合格者発表 専用サイト

看護学部 紹介ビデオ

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正利用防止に向けた取り組み

看護師募集

アドミッション・ポリシー

獨協医科大学看護学部では、教育研究上の理念及び教育目標を掲げ、これを達成するためにアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)を定めています。

教育理念

獨協医科大学は建学の精神に則り「患者さま及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される医師を育成する」ことをその教育の基本理念としています。看護学部は、学問を通して人間形成するとともに、臨床看護実践を科学的に遂行する能力、多様化・国際化の進む社会の中で、将来、看護の実践・教育の分野においてリーダ-として貢献し、看護を発展させるための研究者として必要な基礎的能力を備えた「患者さま及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される看護職者を育成する」ことを教育の理念としています。

教育目標

  1. 看護の対象を総合的に理解し、豊かな感性と倫理観を備え、科学的な知識に基づいた援助が実践できる能力を高める。
  2. 生涯にわたり専門性を高めていくための主体的学修能力を養う。
  3. 保健・医療・福祉に携わる看護職者としてチームにおける協働意識を持ち、それに基づいた態度を養う。
  4. 看護の発展や看護の質の向上に貢献できる臨床看護実践能力を育成する。
  5. 国際的視野を持つ人材を育成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

  1. 人間・健康・環境や人々の生活に関心がある人
  2. 他者と協調し、信頼関係を築くことのできる人
  3. 自ら考え意見を表現するとともに、他者を尊重することのできる人
  4. 看護職者を目指す意志を明確に持っている人
  5. 地域社会や国際社会に貢献する意欲のある人
  6. 看護学を学ぶ上で必要な基礎学力を有する人