ホーム / 助産学専攻科 / カリキュラム / カリキュラム・ポリシー(助産学専攻科の教育課程の編成・実施方針)

入学試験合格者発表 専用サイト

看護学部 紹介ビデオ

入試のご案内

ご支援のお願い

公的研究費の不正利用防止に向けた取り組み

看護師募集

カリキュラム・ポリシー(助産学専攻科の教育課程の編成・実施方針)

 本学専攻科は、教育理念である母子保健活動および助産実践活動を通して社会に貢献し、社会から信頼される人材を育成するためカリキュラムを基礎助産学領域・助産学実践領域・助産学発展領域の三つの領域を編成し運営します。

  1. 系統的段階的に助産師としての基本的な必須能力(知識・技術)を学ぶ。
  2. 助産の対象を多面的にトータルに理解し、助産師の役割・責務を学修するとともに、対象を理解するための豊かな感性と倫理観を学ぶ。
  3. 女性の生涯にわたる健康および家族発達への支援を学ぶ。
  4. 地域における母子保健の現状を理解し、助産師の役割と責務を学ぶ。
  5. 助産実践のために必要な基本的な助産実践能力を養う。
  6. 助産学の基盤となる科学的根拠に基づく実践と生涯にわたり自己研鑽し続ける姿勢を培う。